映画『エターナル・サンシャイン』から学ぶ、倦怠期から抜け出す方法

【相談者:20代女性】
2年付き合っている彼がいますが、最近嫌なところばかり目に付きうまくいってません。倦怠期から抜け出す何かアドバイスはありますか?


みなさん映画は観てますか〜? 恋愛jpで映画のアドバイスを担当させてもらってます利根川です!

担当といっても映画を薦めるのが僕の仕事なので、お悩みと同じような経験をしている映画や1シーンをお勧めし、少しでも答えのヒントになれば……と思い、ご紹介させていただきますね。

さて、ご質問ですが、倦怠期ですか……ありゃ。せっかく世間はもうすぐバレンタインなのに……。最近だと、女性同士でチョコレートをあげあったり、普通に自分に買っちゃっているようにみえますが(笑)。

本来の日本の習慣は、「女性が男性にチョコレートを贈りながら勇気をだして告白する」という、一大イベントだった気がしますね! 最近でもやってるのかなぁ。ま、なんでもいいですから恋人同士はうまくつかって仲良くやってほしいですね、ということで! バレンタインデーにちなんで、1本とっておきの映画をご紹介させて頂きますね。

『エターナル・サンシャイン』発売元:ギャガ

『エターナル・サンシャイン』Blu-ray&DVD発売中 Blu-ray 税込2,100円 DVD 税込1,980円 発売元:ギャガ 販売元:ギャガ

『エターナル・サンシャイン』Blu-ray&DVD発売中
Blu-ray 税込2,100円
DVD 税込1,980円
発売元:ギャガ
販売元:ギャガ

我ながらまた、最高の映画を選んでしまいました! 2004年のアメリカの映画で、監督はなんとっ!!

『ミシェル・ゴンドリー』

この人ね、元々音楽のPVとか創ってた人なんですよ。bjorkとかbeckとかRadioHeadとかね。わかりやすい映像で、メッセージ性も高くて面白い映像撮る人でね。そもそもFooFightersのEver longって曲のPVが最高過ぎて僕は好きになったんですが……、まぁいいや話を戻しますが(笑)、脚本もスゴイんですよ。脚本家は「チャーリー・カウフマン」って方なんですが、この作品でアカデミー脚本賞も受賞されているんです。さて、出演者の方々は、「マスク」とか、「トゥルーマンショー」などのジム・キャリー、「タイタニック」でディカプリオと船首に立って手を広げてたケイト・ウィンスレットね。2人とも最高。

お話の中身はね、ラブストーリーではあるんだけど少し設定が面白いんですね。云ってしまえば、初めて観るとわかりづらいかもしれませんね。テーマは恋愛ではあるんだけど、キーポイントとして“記憶”。

みなさん失恋の想い出を消したいと思います? 前回ご紹介した『50回目のファーストキス』では、事故で記憶を1日しか保てない切ないラブストーリーでしたが、今回は昔の彼の“記憶”を自ら消す……なんてとこから始まります。

「忘れたい過去の思い出を消します!」って商売をしているラクーナ社って会社が登場するんですよ。何か現実に出てきそうだけど……。恋人との思い出、恋をするところから別れる所まで、現在から過去と時系列通りではなく断片的に現実と夢の世界を行き来し、展開していくお話なんですな。

バレンタインデー目前のある日、ジョエル(ジム・キャリー)の元に一枚の手紙が届きます。

『クレメンタイン(ケイト・ウィンスレット)さんは貴方の記憶を消しました。今後彼女の過去について絶対ふれないようにお願いします。ラクーナ社』

最近彼女とケンカ別れしたある日のことです。ジョエルはクレメンタインと寄りを戻したいと思っていた矢先のことだったので、激怒しラクーナ社へ……。で、流れで仕返しに自分も彼女の記憶を消してしまえっ! ってなるわけです。

記憶を消すため、彼女との思い出のものを全て捨て、ラクーナ社の“記憶消去チーム”が彼の部屋に。ベッドに寝かされ、怪しいものを被らされ記憶消去スタート。最初はね、彼女とケンカしてるシーンや楽しくない思い出を通り過ぎていきます。ジョエルは怒りに任せ思い出が消えていくのをみていきますが、記憶は、出会った頃、楽しかった日々、大事な二人だけの思い出などのシーンに移り変わります。

~凍った湖の上で寝てる2人の記憶~

ジョエル:今死んでもいい、最高に幸せだ……生まれてずっとこの時を待っていた……

そんな思い出を振り返る中で、ジョエルはクレメンタインの存在の大事さ、どれだけ愛しているかを思い返していきます。過去の思い出を振り返りながら、また一から出会い、恋に落ちていくわけです。

彼女との思い出を夢の中で、消したくない……ジョエルは夢の中で彼女と一緒に“記憶消去チーム”の博士たちから一生懸命逃げだします。(※夢の中で逃げるんですよ。このね、大好きな彼女との思い出を忘れたくない……必死に逃げるジョエルがまた切ない……ジムキャリーが最高すぎるんだわ)

でも結局“記憶消去チーム”にみつかってしまうんですね。

~パーティーで出会った時の記憶~

クレメンタイン:ハイ、独りでポツンと座ってるのを見て、神に感謝したわ、やっと仲間を見つけた……と
ジョエル:僕はパーティーが苦手で……
クレメンタイン:食べてるチキンを一切れもらっていい?

※返事を待たず取っていく彼女

クレメンタイン:私の名前でからかわないでね
ジョエル:ステキな名前だね
クレメンタイン:この記憶も、もうじき消えるわ、どうする?
ジョエル:楽しも……

大事な思い出達も結局消されてしまいます。ここからが少し複雑なんだけどね、その後記憶を消された2人……それでも偶然電車で出会ってしまうわけです。運命っていうんですね。記憶がないからはじめまして……なんだけど、やはり惹かれあい、また恋に落ちてしまうんです。結局、いくら記憶を消されてもやはり惹かれあっちゃうんです。

そして恋に落ちた後、ラクーナ社の元社員が記憶を消したこと、付き合ってもうまくいかないことを2人に伝えちゃうんですね。

それを聞いた2人はというと……。

~付き合ってもうまくいかない事実を聞かされ~

クレメンタイン:私はイカれた女よ、でも安らぎに飢えてるの
ジョエル:嫌う理由なんかない
クレメンタイン:でも、今にイヤになるわ。以前がそうだった(記憶を消される前)。そして、私はきっと息が詰まる、その繰り返しよ!
ジョエル:……それでもいいんじゃない
クレメンタイン:……そうね、別にそれでもいいわ(笑)
ジョエル:それでもいいよ(笑)


いかがでしたでしょうか。うまくいかなかった恋人同士、相手が嫌で別れ記憶を消したけど、また出逢い惹かれあってしまった。

うまくいかなかった過去を聞いたって、未来に希望をもつのが人間。やってみなければわからんでしょ……。ってことみたいです。

このラストシーンが最高すぎなんですわ。傍にいれば相手の嫌なところは見えてきてしまいます。でも、そこばかりクローズアップするんじゃなくて、大事な思い出を思い返してみれば本当の気持ちがみえてくるはず。「失って初めて気づく」って云うけど、これって失う前に気づくチャンスは沢山ある。そんなことを想わせるメッセージ性溢れる作品ですね。

せっかくなんで、是非楽しい思い出を思い返し、彼にバレンタインデーにチョコレートでも贈ってあげてくださいな。

ちなみに、僕もチョコレート募集しておりますので是非お気軽に(笑)。ま、“チョコレートアレルギー”なので食べられないけど……。

あとは映画観て笑って、泣いて、感じて、きっとヒントがあると思いますよ。

ハッピーエンド目指して……。

現実は映画よりも映画っぽい。

利根川でした。

●ライター/利根川建一(映画専門家)

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">

注目の記事

このコラム読んでどう思う?

  • いいね (1)
  • うーん (0)
data-ad-region="2"> data-ad-region="2">

恋愛jpをフォローする