自撮り写メの男に要注意!婚活アプリで知り合った人とのデートで気を付けること

婚活アプリで知り合った人とのデート。楽しみな反面、様々な面で不安に感じることもありますよね。
そんな、婚活アプリで知り合った人とのデートで気を付けることをご紹介します。

(1)ヤバい人か確かめるために会う前に必ず電話する

『メッセージだけじゃヤバい人かどうかわからないんで、必ず電話はしたほうがいいです。実際に話してみるとデートして楽しいかどうかも分かるしおすすめ』(27歳/IT)

アプリに登録されている情報や、メールなどのやり取りだけで相手を判断することは要注意です。
会う前に事前にやばい人かどうか、自分なりに確かめることが必要です。
そのためには、男性に会う前には電話で話すことで相手の言動や、口調、人柄を知ることができます。

メールだけのやり取りであれば、言葉を取り繕うこともでき、いくらでも誠実な男性を演じることができてしまいます。
それに比べて電話では、ふとした言動で相手の人柄を垣間見れるのです。

(2)ワンナイトを防ぐためにお酒を飲み過ぎない

『遊ばれたくないならお酒はセーブ!飲ませてこようとする男はドロップキック!』(28歳/不動産)

お酒を飲むと、リラックスできる反面、気持ちがオープンになってしまい、適切な判断ができなくなってしまう可能性があります。
婚活アプリで出会う男性が全て誠実な男性とは限りません。
相手のことを信頼できると思うまでは、お酒を飲みすぎないようにし、自分で自分の身を守るという意識が必要です。

(3)LINEだけの情報を鵜呑みに妄想して自滅しない

『星野源似のイケメンだと思って会いに行ったら、ただの釣り目のキモオタでガッカリした』(25歳/看護師)

会話のようにやり取りができるLINEは、実際の会話と違い相手の表情まで見ることができません。
そのLINEの情報だけで、勝手に相手のことを妄想し、直接会った時に幻滅してしまわないように、なるべく実際に会うまでは相手のことを妄想しないようにするのが大切です。

(4)手当たり次第に会うのではなく厳選して会う

『最初はアプリ自体にハマって手当たり次第に会っていたけど、段々慣れてくると時間の無駄だということに気づきました』(28歳/広告)

婚活において、出会いの数を増やすために行動を起こすことは成功に繋がります。
しかし、婚活アプリで出会いの数を増やし、手当たり次第に会うことはおすすめできません。

手当たり次第に会っていると、本来の目的を見失ってしまいがち。
自分が断ったり断られる回数も増え、いわゆる「婚活疲れ」に陥ってしまうのです。

本当に会ってみたいと思う人だけに厳選して会うことが本来の目的である「結婚」に繋がるのです。

(5)自撮りしてる男にいいねをつけない

『自撮り写メを載せてる男は総じてアプリ上級者だと思う。遊ぶ分には楽しいけど本気になる相手じゃない』(26歳/受付)

婚活アプリを利用している男性で、自撮りをしている男性はナルシストや遊び慣れている可能性が高く、要注意。
やむを得ず自撮りをしている場合もないわけではありませんが、きちんとした人であれば人に撮影してもらった写真を使用するはず。
自撮り写真を掲載している男性は、いいねをもらうために奇跡の一枚や、キメ顔を載せています。

そのような、ナルシストな男性や遊び目的のような男性とは最初から交流を持たないようにすることが大切です。


以上、婚活アプリで知り合った人とのデートで気を付けることをご紹介しました。
これからデートの予定がある人は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

(文/恋愛jp編集部)

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">

注目の記事

このコラム読んでどう思う?

  • いいね (0)
  • うーん (0)

恋愛jpをフォローする