「守ってあげたい」本能を刺激しろ!男性が思わずキュンとする“添い寝”テク4つ

彼とのお泊まりデートとなれば、必ずといっていいほど“添い寝”をすることになるでしょう。
彼に密着できるだけでなく、心理的な距離も縮められる貴重なイベントですね。

この時「やっぱりかわいいな」と思わせることができれば、彼はあなたに夢中になること間違いなし。
今回は、男性が喜ぶ添い寝テクニックをご紹介します。

(1)腕枕をしてもらう

『彼女に腕枕してあげるのが好き。頼りにされてる感があるので』(27歳/WEBデザイナー)

添い寝をする時の定番の体勢といえば腕枕。
男性ならば誰しも一度は好きな女性に腕枕をしたいと思ったことがあるはずなので、腕枕を頼んでみるといいでしょう。

お願いするときは上目遣いで「腕枕して」と頼めば、大半の男性は喜んで腕を差し出すはずです。
「腕が痛くなるんじゃないか」「しびれるんじゃないか」と気になる場合は、「腕が痛くなったりしびれたりしたら言ってね」と一言断った上で頼むといいでしょう。
そうすることで「いつまで続ければいいんだろう」という男性の心理的な負担がなくなり、腕枕をやめやすくなるはずです。

(2)身体を丸めて寄り添う

『なんとなく「この子を守ってあげないと」という本能が刺激されるので』(30歳/営業)

身体を丸めて男性の懐に潜り込むようにするのも添い寝テクニックの一つ。
身体を小さくして寄り添うと、男性が本来持っている支配欲や保護欲が刺激されて、思わずギュッと抱きしめたくなるはずです。

女性と密着している状態でかわいらしい仕草をされたら、どんな男性でもキュンとしてしまうもの。
添い寝中は意識して女性らしさを出すようにすると、喜んでもらえるでしょう。

(3)後ろから抱きしめる

『彼女が寝ぼけて後ろから抱きついてきたときはキュンとした。普段はあんまり積極的にハグとかしてこないので……』(24歳/販売)

男性が背中を向けた時は後ろから抱きついてみてください。
何かをしようとして体勢を変えた時や寝返りを打って身体の向きが変わった時がチャンスです。

最初はびっくりされるかもしれませんが、あなたの“離れたくない”という気持ちが伝われば徐々に喜びに変わるはず。
ギュッと抱きついて「好き」「離れたくない」のような甘い言葉をささやくと、より一層喜んでくれるはずですよ。

(4)男性の肩や胸に頭を置く意識で

『彼女と一緒に寝てるとき、自分の方くらいの位置に頭があるので頭をなでやすいし上目遣いがかわいい』(29歳/営業)

添い寝をする時は男性の肩や胸に頭を置くようにして寝るといいでしょう。
この位置に頭があれば自然と上目遣いになるので、並んで添い寝をするよりもかわいらしさが倍増します。

また、肩や胸に頭を置くと男性は女性側にある腕を自由に使えるようになります。
上目遣いでかわいらしさをアピールすれば、男性は手持ち無沙汰になった手であなたの頭を撫でたくなるはずです。


添い寝をする時にテクニックを使って男心をくすぐれば、彼を喜ばせることができるはずです。
今回ご紹介したテクニックで彼を夢中にさせてくださいね!

(文/恋愛jp編集部)

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">

注目の記事

このコラム読んでどう思う?

  • いいね (9)
  • うーん (2)

恋愛jpをフォローする