聞きすぎ注意!男性が大好きな彼女でも嫌気が差す3つの瞬間

こんにちは!ライターの白鳥です。
突然ですが、私は重たい女です!それはなぜか!?先日マイステディからそう言われてしまったのです。

以下、私たちのやり取りを文章にしたいと思います。

私「デ○ズニーランドに連れていって!」
彼「いいけど、いつ?」
私「今月!」
彼「いや金ないし、先週も出かけたやん。来月にならん?」
私「お金は私が出すから!」
彼「……考えとくわ」
私「あっ。関西人特有の『考えとくわ』は行かない証拠ってテレビで見たよ!連れてかないならジャンピングボディプレスしてやる」
彼「いやお前いろいろ重いからやめて」

『お金を出す』と言っているのに、来てくれないなんて!と思った私ですが、どうやらこの一言が彼を傷つけていた模様。
実は女性の知らないうちに、男性は「重い……もう別れようかな」と思っている可能性があると聞き、ぞっとしました。
そこで今回は「男性が彼女に嫌気がさす瞬間」を聞いていきたいと思います!

(1)予定をこまめに聞かないで!

『以前付き合っていた彼女は、毎日僕の予定や行動を聞いてくる人だったんですよ。別に聞かれてもやましいことはないんですけど、毎日となると正直重たいなって感じました』(34歳/教員)

だってそれしか聞くことがないんだもの。
「会話のとっかかりじゃないの?」と女性としては思ってしまいますが、毎日聞かれると男性は管理されているようでイヤなんだそうです。
男性は自由を愛する生き物。
会う日程や用事など予定を聞くときは、何かをする時だけにしたほうがよさそうです。

(2)私のこと好き?は重い?

『私のこと好き?って聞いてくる女性は面倒だなあと思っちゃいます。好きっていう気持ちを持っていても、踏み絵みたいに確認されるのがイヤ』(26歳/バーテンダー)

そこが一番聞きたいところなのに!!という感じですが、これには対処法があるみたいです。
「私は◯◯くんのことが好きなんだけど」とまず自分の気持ちを伝えてから言うと、相手の言葉の汲み方が変わるのだとか。
『~なの?』という質問系を一方的に女性から使うと「何か疑われてるのか?」という猜疑心を生み、結果「面倒」に繋がってしまうそう。

そのため愛情確認がしたいときは、こちらから「好き」と言ってからが良さそうです。

(3)結婚話は諸刃の剣

『付き合って間もない頃に、結婚話をされて引いた事があります。嬉しいっちゃ嬉しいんですけど、このまま彼女の思い通りに動かないといけない感が重たくて嫌でした』(28歳/デザイナー)

男性は支配や征服されるのを嫌う生き物。
結婚という人生が左右される物事を早い段階で言われると、道筋を決められた気になり彼女に征服された感を抱いてしまうみたいです。
“時期尚早”という言葉があるように、時期とタイミングを間違ってしまうと、最悪別れることになってしまうかも。
「何歳までに結婚したい?」などの質問も要注意だそうですよ。


男性の意見は総じて「なぜ?いつ?どうやって?」など、相手にしつこく結論を求める行為を嫌うというものでした。

「男は成果に向かって行動する時に頑張れる」
だからこそ、成果保証がない状態で「こうして!」と求めても気持ちよくは動かず「面倒もしくは重たい」と思ってしまうんだそうです。
では、どんなことを女子に言われたいのか聞いてみると、「お疲れ〜」とLINEがきたら、「連絡ありがとう、そっちは大丈夫?」など、感謝やねぎらいの言葉をかけてほしいそうです。

自分のしたことで相手が喜ぶ・共感してくれると知った男性は彼女のことを大切にしたいと思うのだそう。
彼がいることが当たり前と思わず、いてくれることに感謝する。
これだけでも変わってきそうですね!

●ライター/白鳥カヨ(ホラー小説家)

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">

注目の記事

このコラム読んでどう思う?

  • いいね (4)
  • うーん (1)

恋愛jpをフォローする