映画『5時から7時の恋人カンケイ』に学ぶ!”不倫”を上手に継続する暗黙のルール5選

【相談者:30代男性】
不倫をしています、のめり込まずにうまく継続する方法ってありますか?


みなさん映画は観てますか?恋愛jpで映画のアドバイスを担当しております利根川です。
担当といっても映画を薦めるのが僕の仕事で、お悩みと同じような経験をしている映画や1シーンをお勧めし、少しでも答えのヒントになればと思いご紹介させていただきますね。
とっておきの1本です。

映画『5時から7時の恋人カンケイ』
発売日:2017年3月3日
発売元:アット エンタテインメント
(C)2014 5 TO 7 PRODUCTIONS INC

【“不倫”を上手に継続するルール:1選】

「平日の“5時から7時”なら会えるわ…」

※フランスでは不倫関係を意味する隠語

【“不倫”を上手に継続するルール:2選】

「女に夢中になっている男の言うことは何も信用しない」

【“不倫”を上手に継続するルール:3選】

「シャンパンで乾杯する時はいつも相手の目をみること」

※でないと、「アメリカでは7年間不運が続く」と言われ、「フランスでは7年間夜の営みが最悪」と言われている。

【“不倫”を上手に継続するルール:4選】

「外では、2人で一緒にいるところはみられてもいい、腕を組んでもいい、でもサヨナラのキスはしない」

【“不倫”を上手に継続するルール:5選】

「こうあるべきだ…という固定概念を捨ててみて、そうすれば世界の美しさに驚かされるはずよ」

さて、ご質問者さん…いかがでしたでしょうか?
アリエルはフランス人という設定なので、これがフランス流の恋の考え方なのか、アリエル個人の考え方なのかわからないけど、ま、いろいろな考え方があるということです(笑)

なんせ“不倫”ですのでね。
最近はドラマの影響で色々な考え方があるのは事実ですけど、うまくやってくださいな(笑)

しかし、この割り切り方凄いねー、コテコテの日本男児の僕にはちょっとわからんけど…。
「毎週1日5時から7時」しか会わず、それ以上は求めないという暗黙のルールが不倫の基本のようですね。

ここまでで留められますでしょうか?そこがね、“恋”の問題点ね。
人ってね欲深い生き物でね、次から次へと求めてしまうわけです。
欲を止めることができるのであればうまくいくのかもしれません、でもねそもそも欲望を止められるのであれば“不倫”はないでしょ(笑)
なかなかうまくいかないんだね~。

主演のアントン・イェルチン(ブライアン)、映画「スタートレック」にも出演しているとても味のある俳優さんでした。
残念ながら昨年27歳の若さで亡くなられ…本当に残念でした。
また共演のベレニス・マルロー(アリエル)、「007スカイフォール」に少し出てましたね、33歳という設定にしては大人っぽいよねー。
とても観やすい軽めの映画でしたね、お気軽に観てくださいな!

あとは映画観て、笑って、泣いて、きっとヒントがあると思いますよ。
ハッピーエンド目指して……。
現実は映画よりも映画っぽい。
利根川でした。

【ストーリー】
ニューヨーク。
緑鮮やかなセントラル・パークや、世界有数のグッゲンハイム美術館などが立ち並ぶ、マンハッタン地区。
小説家を志す青年ブライアンは、街角でひとりタバコを吸う女性に一目ぼれする。
なんとなく近づき会話を交わし、名前はアリエル、フランス人であるという情報をゲット!

お互いのことをもっと知りたくて、後日デートしていると、彼女の口から意外な事実が!?
なんと彼女は2人の子どもがいる人妻だというのだ!
さらに彼女から5時から7時のカンケイ=不倫のお誘いが!?

ブライアンはこの誘いを一度は断るが、自由奔放で美しい彼女の魅力にハマってしまい!?
夕方5時から7時の限られた時間の中で、アリエルからフランス流恋の手ほどきを受けるブライアン。
ホテルではシャンパンでカンパイしながら、ベッド・イン。

美術館デートへは、オシャレして仲良く腕を組んで。
さらにアリエルの夫ヴァレリーや子どもたちにも「恋人」として挨拶をし、まるで家族のようになっていく。
しかし、いつしかブライアンはアリエルに本当の愛を感じはじめ、5時から7時のカンケイでは我慢できなくなっていき!?

●ライター/利根川建一(映画専門家)

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">

注目の記事

このコラム読んでどう思う?

  • いいね (2)
  • うーん (0)

恋愛jpをフォローする