焦りは出会いを遠ざける!アラサー女性の婚活で気を付けたいこと

【相談者:20代女性】
いわゆるアラサーという年齢に突入してしまいました。
20代後半になると、身の回りの友達も結婚し出しているので、焦ってしまいます。
でも、アラサーからの婚活ってどんなことをすればいいのでしょうか?

あまり焦りすぎず、自分の気持ちを冷静に見極めましょう。

ライターの雪見かおるです。ご質問ありがとうございました。

20代後半って、女性が最も結婚に焦ってしまう時期ですよね。
それだけに、なんとかしていい出会いを見つけなきゃ!という気持ちが、強くなってしまう女性は多いのではないでしょうか。

でも、焦りはやはり禁物。
焦って出会いを求めていたところで、相手にもそれが伝わってしまい、思うような出会いは得られにくいのが現実です。
かといって、何もせずにもいられない。

今回はそんなアラサー女性に向けた、婚活をするうえで気にかけたいことをまとめてみました。

自分から出会いを求めていく姿勢が大事

『株式会社パートナーエージェント』が20~24歳の独身男女2760人に「20代前半の結婚観と婚活」に関するアンケート調査を行ったそうです。
そのうち、実際にした婚活について聞いたところ、最も回答が多かったのは「友人・知人に紹介してもらった」で53.3%。
続いて、「合コンに参加した」が49.2%、「街コンに参加した」が32.5%でした。

調査対象が20代後半になると、「婚活パーティー、結婚相談所に行く」という割合も、大きく伸びてきそうですね。
ほかにも婚活サイトの活用なども。
いずれにせよ、婚活で大事なのは自分から行動に移すことだと思います。

恋愛も同じく、自分から出会いを求めていかないと、恋人はいつまで経ってもできませんよね。
結婚相手もそれは同じでしょう。
友人に紹介してもらうなら、「誰かいい人いない?」と自分から声をかけるとか。

異性へのアプローチ上手になるためにも、とりあえず出会いの足に運びながら、恋愛経験値を高めるのも、いい相手をゲットするための大事なポイントになると思います。

アラサー女性が婚活する際に気にかけたいこと

ほかにも、アラサー女性が婚活をするうえで、ちょっと気にかけられると婚活の成功率が上がるポイントを挙げてみました。

(1)条件はある程度絞ってしまう

よく理想が高いと、結婚しづらいと言われますが、ある程度自分のなかで、「結婚するならこういう男性がいい」という条件を決めておくことは悪いことではないと思います。
なぜなら条件がないと出会いを求めていても、どの男性を求めたらいいのか目星がつきにくく、気になる人もできづらいからです。

ですので結婚後は実家の近くに住むことが可能で、仕事は正社員で年収は人並みで、あとは自分と価値観が合っていればいいなど。
これだけでも気になる人が出てきたら、すぐに相手のことが気になり、積極的に相手と交流を図ろうと思うようになるのではないでしょうか。

(2)ふたりの関係を楽しむ

結婚って意外とできそうで、意外とできないもの。
お互いが結婚しよう!という気持ちがなければできないからです、これって簡単なようで意外と難しいこと。
相手との結婚を前向きに考えるには条件も大事ですが、やっぱり前向きに関係を築くことです。

結婚に焦ってしまい心の余裕がなくなってしまうと、気になる人ができてもうまくいくものもうまくいきません。
前向きに明るく、彼との関係を楽しんでください。

恋愛や結婚だけが人生ではないので、趣味や友達関係を広げて人生を楽しく過ごす工夫を取ることが、いい縁を引き寄せることにもつながってくると思います。


いかがでしたか。
結婚って人生を左右する大事なものです。

焦る気持ちを落ち着かせて、どこか自分の気持ちを客観視できるといいですね。

【参考リンク】
20代前半でも10人に1人が婚活を始めていた!25.8歳で結婚、27.5歳で子どもが欲しい(株式会社パートナーエージェント))

●ライター/雪見かおる(恋愛、LGBT専門ライター)

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">

注目の記事

このコラム読んでどう思う?

  • いいね (0)
  • うーん (0)

恋愛jpをフォローする