お金持ちアピールしといて割り勘!?”ハイスペ男子”とのデートでガッカリした瞬間

こんにちは、恋愛心理パティシエのともです。

意中の男性と初めてのデート…しかし、どんなに背が高くてイケメンで高収入でも“え?これが初デートですること?”と幻滅してしまうことはあるものです。
最初の期待値が100から始まるため、あとは減点法でしか見られない、というフツメンとデートする時以上にガッカリしてしまうことも…。

そこで“デート中に男性にガッカリした行動”ということでリサーチしてみました。

(1)自慢話が多い

『ずっと仕事の話ばっかり。しかも自分がどれだけ有能か、についてをただ話しているだけ。そして私が話始めると、私の話は適当にスルー。二度と会いたくない』
(27歳/歯科助手)

社会的ステータスが高い男性にありがちなのが自分の自慢話のエンドレス。
デート中ずっと会社の立ち上げエピソードから、いかに俺様のお陰で黒字になったかまでのサクセスストーリー。

自慢話が悪いとは言いませんが、さすがに男性の仕事の話ばっかり聞いている女性側は“正直全然楽しない”というのが本音。
女性は話を聞くより聞いて欲しい生き物ということを理解していない、という点でも男性としてのマイナスポイントは高いですね。

(2)そのくせケチ

『会社経営、って散々話していた癖にいざ支払いになるとなんと割り勘。普通のサラリーマンだったらまだ許せるけど、アピールしてただけにさすがにこれは引く』(28歳/事務)

そうなんです、仕事の自慢話が多く、有能アピールを散々した後にコイツはさぞかし金持ちと思いきや、デートはなんと割り勘だった!と金持ちアピールはするくせに割り勘男子は“ダサい”としか形容できません。

車を所持していると豪語していた癖に移動は全部電車だったり、レストランも大衆居酒屋のようなところだったりします。
電車も大衆居酒屋も全然悪くないのですが、要は“金持ちアピールしていたのに言動がついてきていない”というところに問題があるのです。

実際そこそこ稼いでいるかもしれませんが“女性には使いたくない”“老後に備えて貯金したい”と、いう堅実派の男性はいるということですね。
堅実派というと聞こえはいいですが“他人のためにはびた一文出さねえ”というケチと言い換えることができましょう。

(3)外見に対してうるさい

『初デートで「まつ毛、つけてるの? その年で盛りすぎだよ」って言ってきた男。その時点でかなりテンション下がって会話も弾まなくなった』(32歳/美容師)

見た目に対して小うるさい男。
特にハイスペックな男性はファッションやメイク、そして最後は体型にまで言及してきます。
「もうちょっとメイクは薄い方がいいよ」「眉が細すぎる」、と女性のイラッとポイントを地味に刺激するのは当たり前。

また体型についても「二の腕がムチムチしているよね…ジムとか通ってないの?」と意識高い系はジムぐらい通うのが当然、そうじゃないヤツは怠け者だのようなニュアンスを含ませた言葉すら悪気もなく浴びせちゃうのです。
ハイスペックな男性は自分のスペックが高いため、相手にも同レベルのスペックとストイックさを求めがちな傾向に。

(4)スマホチェックが多すぎ

『株価をチェック、FBは仕事での付き合いのツールとかなんとか言って5分毎にスマホをみていた男性。話も途中で途切れちゃうし、心ここにあらずって感じ。何が楽しくて一緒にいるんだろう、と虚しくなった』(26歳/会社員)

いくら仕事に関わっているとは言え、ずっとスマホをチェックされていると“デート中の今にどうしてもすることなの?”って女性側は思ってしまいます。
その他FB等のコミュニケーションツールのチェックも“私が目の前にいるのに、他人の言動を気にするんだ”と怒りを通り越して、悲しい気持ちになることも。

デート中にはなるべくスマホをみない、って相手に対する最低限の礼儀。
特に仕事人間の男性は、プライベートを顧みず仕事を優先するのでデート中でもスマホばっかり気にしている男性は多いです。
そういう男性とは結婚しても仕事中心にしか生きてくれないので、覚悟は必要。


いくら好条件の男性でもやはり相手に対する気遣いが見えなければやはり幻滅、後味の悪さは避けられません。
一緒にいて楽しい、って基本的なことですがマストな感情ということは忘れてはいけませんね。

●ライター/とも(恋愛心理パティシエ)

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">

注目の記事

このコラム読んでどう思う?

  • いいね (1)
  • うーん (0)

恋愛jpをフォローする