遊びの恋はいらない!夏にチャラ男に引っかからないコツ5選

夏のビーチ、フェス……賑やかな場所で必ずエンカウントするチャラ男に引っかかると大変です。
「遊びの恋なんてしたくない!」と思っているのなら、チャラ男から逃げる術を学ぶことが大切。

夏にチャラ男に引っかからないコツから、チャラ男の生態を学んでください。

(1)1人きりで夕方のビーチへ行かない

『1人きりでビーチなんて最高のカモじゃないですか、迷わず声をかけますね』(26歳/IT)

旅行好きな女性だと1人きりで夏の夕方のビーチへ景色を見に行くこともありますよね。
経験豊富なチャラ男はそんな女性を狙って声をかけてくるのです。

ビーチで綺麗な夕陽を眺めているだけでもナンパ待ちだと思われるので注意しましょう。
キョロキョロと周りを眺める仕草や、暇そうな素振りも控えるようにしてください。

(2)派手な水着は着ない

『キワどい水着を着てる女の子はいわば花の蜜。ぼくはミツバチなので吸い寄せられちゃうんですよ』(28歳/広告)

チャラ男はブランド物や派手なファッションが大好き、ギャル系の女性も大好きです。
派手なファッションの女の子は、気さくでノリが良くあわよくばイケるかも……?と思えるから。

ビキニやパレオなど、体型がわかりやすい水着を着るのはあまりおすすめしません。
チャラ男が「遊んでいそうな女性」と認識してしまうからです。

女友達だけで海へ行くなら、水着の上にパーカーなど羽織っておきましょう。

(3)距離を空ける

『どこまで距離を詰めれるかでイケるかイケないかを見極めてます』(32歳/商社)

初対面からやたらと体の距離が近い男性は、大体チャラ男です。
チャラ男は女の子の扱いに慣れているので、意識してわざと近づいていきます。
そこで拒否しなければ「ナンパしてもOK」という自分ルールを作っているのです。

知らない男性に隣に座られたり、近い距離で話しかけられたら後ろに体を引きましょう。
嫌がる素振りをみせれば、チャラ男もそれ以上はしつこく話しかけません。

(4)出店の店員にも気をつける

『こっちから行かなくても向こうから来てくれるのでチョロいもんですよ!焼きそばと僕のチョコバナナを召し上がれ!』(25歳/自営業)

夏のビーチには焼きそばやかき氷など、いろんな出店があります。
そんな出店の店員にもチャラ男がいるので、油断は禁物です。

人がまばらなタイミングに1人で男性店員のところへ行くと高確率で声をかけられます。
「あと10分で休憩入るからちょっと話そうよ」と声をかけられても断りましょう。

(5)名前や連絡先を聞かれても答えない

『名前さえ教えてくれたらこっちのもの、あとはひたすらイエスを言わせて連絡先を交換するだけです』(29歳/営業)

チャラ男はとにかく出会いのチャンスを逃しませんからすぐ名前や番号を聞いてきます。
ぐいぐいと迫ってくるので気が弱い、優しい女の子はうまく断れないでしょう。

でも教えてしまえばチャラ男と別れたあとも、頻繁に連絡がくるようになってしまいます。
顔が好みでも引っかからないように注意してくださいね。


夏はチャラ男たちが最も活動するシーズンです。
ビーチやフェスなど非日常的な場所ではつい開放的になり、いつもなら絶対に引っかからないようなナンパにも引っかかってしまうかも。

しかし毅然とした態度で「この子はガードが固すぎる」と思うような態度をとれば、チャラ男も諦めますよ。

(文/恋愛jp編集部)

このコラム読んでどう思う?

  • いいね (0)
  • うーん (1)

注目の記事

恋愛jpをフォローする