人に好かれる女性になる方法2つ

【相談者:20代女性】
会社でみんなから好かれている同僚がいます。正直、得だよなぁと思いますが、どうしたらああいう風になれるのでしょうか。生まれ持った素質なんでしょうか

a 愛されキャラは才能ではありません。努力次第で誰でもなれます。

ご質問ありがとうございます。恋愛小説専門家の倉本真帆です。

アドバイスを小説仕立てにしてみましたので、どうぞお読みください。


 「葉子ってほんと愛されキャラだよね」

 持ってきたお弁当をつまみながら、真美はうらめしげに隣に座る葉子を見つめる。

 「愛されキャラって……言いすぎじゃない?」

 屈託なく笑う葉子に、真美は言いつのる。

 「だってさぁ、葉子ってその場にいるだけでみんな和むっていうか……極端なこと言うと、葉子って失敗してもあんまり怒られたりしないじゃない」
 
 「それは私がドジってことを言いたいんですかぁ?」

 苦笑いしながら葉子が卵焼きをつまむ。お、今日はうまくできた、なんて言いながら。

 「そうとは言ってないけどさ。でも否定できないでしょ?」

 「うーん、どうなんだろ。自分ではあんまりわからないかも」

 そう言ってから、でも、と葉子が続ける。

 「さっき真美は愛されキャラって言ったじゃない? でも、それ以前に私がみんなを大好きなんだよね」

 「それはどういうこと?」

 「だから、逆じゃないのかなぁって。私が愛されキャラだとして、みんなに愛されるよりも先に、私がみんなを大好きになってるっていうこと」

 よくわかんないわぁ、と真美はペットボトルのお茶を飲む。

 そんな真美を見ながら、葉子はまじめに考えている様子だ。

 「つまりね、私もそんなに考えてしていることじゃないんだけど、こっちが好意を持ってるから、相手もそれを返してくれるっていうだけのことじゃないかと思うの」

 「要するに、好きだなぁって思ってたら相手も好きになってくれるっていうこと?」

 真美が言うと、ちょっと違うかな、と葉子。

 「好きだなぁって思ったら、っていうか、もっと積極的に好きになっていく感じかな。私人を嫌だなって思うのが苦手で、なんでもいいから好きになれるポイントを見つけちゃうのよね。それで相手と接していたら、こっちの好意も伝わって、相手もおんなじくらいの好意を私に持ってくれるんだと思う」

 「それって才能なのかなぁ。でもおんなじくらいの好意って、どういうこと?」

 「たとえばバレンタインデーに500円のプレゼントして、ホワイトデーに高級バッグ買ってくれる人なんてほとんどいないじゃない」

 それとおんなじ、と笑いながら葉子が言う。

 「あとね、才能ってことはないと思うよ。誰にだっていいところはあるもん。そこを見つけていいなぁって思うのは、むしろ練習あるのみっていう感じ。私だって嫌だなって思いたくなくて練習した感じだもの」

 そっかぁ、と相づちを打っていると、始業時間が近づいてきていた。

 ふたりは慌ててお弁当を片づける。

「じゃあ、午後も頑張りましょう!」

 それから、今日の業務にひとつ追加。同僚ひとりのいいところをひとつ見つけること。


いかがでしたか? ここでのポイントは、2つ。

(1)こちらが好意を持って接すれば、相手も同じくらいの好意を返してくれる
(2)相手のいいところを見つけるのは才能ではなくて努力と練習 

です。

積極的に周りの人を好きになっていくことが、愛されキャラへの近道ですよ。

●ライター/倉本真帆(恋愛小説専門家)

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">

注目の記事

このコラム読んでどう思う?

  • いいね (2)
  • うーん (0)
data-ad-region="2"> data-ad-region="2">

恋愛jpをフォローする