寝かしてください!男性が”彼女の性欲が強すぎる”と感じる5つの瞬間

人間誰しもあると言われているのが、食欲、睡眠欲、性欲の三大欲求。
女性には性欲があまりないのではないか?お考えの方もいると思いますが、実はそんなことはないのです。
性的欲求があるのは、男性だけではありません。

男性にとっては嬉しいことかもしれませんが、中には「自分の彼女は性欲が強すぎて疲れる」と嘆く男性もいます。
男性が疲れてしまうほど女性の性欲が強すぎると感じる瞬間とは、どんな時なのでしょうか?

(1)2・3回戦目を求められたとき

『たくさん求められるのは嬉しいんだけど体力がついていかない……申し訳ない』(27歳/営業)

男性は基本的に、1回戦で満足する人が多いです。
20代など若い年齢の男性だと何度でもできる人はいますが、女性ほど何度もイケるわけではないのです。

なので1回戦が終了してすぐに2回戦目を要求するのはやめてあげましょう。
自分が満足できていなくても、せめて少し休ませてあげるのが優しさです。

(2)イキそうなのに我慢してと言われたとき

『そんなすぐイケるものではないので、イケるときにイケないとまた振り出しに戻った気分になる』(32歳/コンサル)

男性は自分でペース配分をしています。
なのでいきそうな時に我慢させられるのは、男性にとっては苦痛そのもの。

男性と女性の絶頂は全くの別物です。
いくのを我慢させたとしたら、男性は気持ち良くいききれず、不完全燃焼で終わってしまうかもしれませんよ。

(3)毎日求めてきたとき

『やりたい気持ちはやまやまだけど、仕事終わりはクタクタだから休ませてほしい』(31歳/不動産)

セックスはとても体力を使うものです。
毎日毎日していては、お互いに疲れてしまいますし、回数が多いほどマンネリ化もしやすいでしょう。
仕事などで疲れている時に無理矢理セックスに持って行かれては男性も苦痛を感じてしまいます。

同棲しているカップルでは、週1~2回程度がちょうどいいと考える男性が多いようです。
時には相手の様子も伺い、疲れてる時に求めるのは控えてあげましょう。

(4)自ら腰を振ってるとき

『興奮するにはするんだけど、いつまで経っても僕のターンが来ないのは微妙』(26歳/SE)

これは興奮するという男性もいるかと思いますが、あまり女性側が主導権を握るようなことをしていると、冷めてしまう男性がいるのも現実。
自ら腰を振るというのは、快楽を求めている証拠ですね。
適度に振って男性を興奮させてあげるのはいいですが、あまりやりすぎないように注意しましょう。

(5)朝起きたら自分の上に跨っていたとき

『ドッキリ大作戦じゃないんだから、勘弁して』(34歳/商社)

目覚めた時に彼女が自分の上に乗って腰を振っていたら、当然驚きますよね。
それで興奮する男性はもちろんいますが、積極的にやりすぎは注意です。


いくら性欲の強い男性だって「今はちょっと」とその気にならないことだってあるのです。
女性は年齢を重ねるごとに性欲が増すと言われていますし、男性にとっても彼女の性欲が強いことは決して悪いことではありませんが、独りよがりになってしまうのはいけません。

相手のことを考えつつ、時には我慢もして、相手に「疲れる」と思われないセックスをしましょう。

(文/恋愛jp編集部)

このコラム読んでどう思う?

  • いいね (7)
  • うーん (6)

注目の記事

恋愛jpをフォローする