どうやって好きになるんだっけ…?アラサー女性が“恋愛”でつまずきがちな5つのこと

若さと勢いがある20代前半の頃は誰でも積極的に恋愛できるものです。
しかし、年齢を重ねていくと恋愛が面倒になったり、仕事が忙しくなったりして恋愛から遠ざかってしまう女性も少なくありません。

そんな女性たちが周囲の結婚や出産に焦りを感じて、いざ恋愛しようとしても若い時のようにうまくいかないこともあるようです。
そこで今回は、アラサー女性が恋愛でつまずきがちなことについてまとめました。

(1)長年彼氏がいないとどう恋愛をすすめるべきかわからない

『彼氏いない歴3年10か月。もはやどうやって人を好きになるか忘れてしまった』(29歳/接客)

恋愛をしていない期間が長いと、男性とどうやって距離を縮めればいいのかわからなくなることがあります。
いつLINEすればいいのか、どのタイミングでデートに誘えばいいのかなど、若い頃はあまり考えずにできていたことができなくなってしまうのです。
長年彼氏がいないと若い頃の感覚を取り戻せず、結局なんの進展もないまま終わってしまうこともあるようです。

(2)結婚を意識しすぎてしまう

『焦りもヤバくてちょこちょこ婚活パーティに顔をだしはじめた。婚活っていってるのだから、みんな結婚を求めてるんだとおもったら案外そうでもない……?出会った方に結婚を匂わせたら「まだはやい」と言われた。婚活パーティで出会ってるんだから、結婚意識してもいいと思うんですが……』(31歳/営業アシスタント)

アラサーになると、同僚や友人にも既婚者が増えてくるため、自然と結婚を意識するようになっていきます。
結婚を意識して付き合うことは普通のことですが、意識が強くなりすぎると焦りに変わってしまいます。

こうなると、目の前のことしか見えなくなってしまうため、男性から別れを告げられたり、男性選びに失敗したりしてしまうのです。
恋愛をうまく進展させるためには、自分のことばかり考えずに相手のこともしっかり考えることが大切です。

(3)好きになった人は彼女持ち or 既婚者

『いいな~と思える人はだいたい結婚してる。それが悔しいからもっといい人見つけようと思って、どんどん理想が高くなってきてる気がする』(30歳/医療事務)

久しぶりに好きな人ができたのに、その人が彼女持ちまたは既婚者だったということも珍しくありません。
30歳前後になると、周囲の人はだいだい結婚しているため、独身男性でいい人を見つけることに苦労するようです。
知らない間に浮気・不倫相手になってしまうこともあるので、アラサーになって出会った男性には相手がいるかどうか早めに確認しておいた方がいいかもしれません。

(4)恋愛しようと思っても出会いがない

『周りが結婚してしまったこともあり、友達から合コンなどの誘いがなくなった。1人で婚活イベントなどにいく勇気もなく、どこで出会えるのかもう分からない』(33歳/事務)

20代前半であれば合コンやイベントなどに気軽に行けるので、出会いに困ることはさほどありません。
しかし、アラサーになってくると徐々に出会いの場に誘われなくなるため、いざ恋愛しようとしても思うように男性と出会えないこともあるようです。
こうなった時は、受け身にならずに婚活パーティーやお見合いなどで積極的に出会いを見つけに行くほうがいいかもしれません。

(5)過去を引きずってしまう

『いまだに元カレが好きなので、元カレを超える存在に合わないと多分恋愛できないとおもう』(30歳/派遣)

アラサーになると20代前半の頃よりも人生経験も恋愛経験も豊富です。
しかし、その豊富な経験が邪魔をして恋愛がうまくできないこともあるようです。
例えば、男性とデートしても先が読めてしまってドキドキしなかったり、好きな人ができても「あの頃の彼のほうが……」と過去の彼と比べたりしてしまうのです。

過去の経験は大きな財産ですが、大切なのは今です。
素直な気持ちで目の前にいる男性を見てあげたほうが今を楽しめるはずです。


アラサーになると若い頃と同じように恋愛することは難しくなるようです。
しかし、恋愛を楽しむことは誰にでもできることです。
気負わず余裕を持って、過去の経験を生かしながら今の恋愛を楽しんでくださいね。

(文/恋愛jp編集部)

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">

注目の記事

このコラム読んでどう思う?

  • いいね (0)
  • うーん (0)

恋愛jpをフォローする