あなたは大丈夫?男性が”お下品認定”する女性の行動5つ

男性が思わず「お下品な女性だ」と思ってしまう仕草や癖、あなたはしていませんか?
せっかく見た目に気を遣っていても、無意識の行動で全てが台無しになってしまいます。

気づかない内にお下品な女性になっていないか、5つの構想からチェックしましょう。

(1)やたらと鼻をすする

『ズルズルという音が気持ち悪い』(25歳/飲食)

鼻炎なのか風邪気味なのか、人前でやたらと鼻水をすする女性がいます。
鼻をかまずにいつまでもズルズルと鼻水をすする音を立てるのはいけません。
それでは男性は「汚いな」と不潔な印象を持ち、その女性をお下品だと感じるのです。

(2)公共の場でのゲスい下ネタ

『電車や会社などところかまわず下ネタも言う女は品性に欠けてる』(29歳/IT)

笑いを取ろうとしてゲスい下ネタを連発する女性がいますが、これもお下品に見えます。
特に気を付けるべきは電車や会社、居酒屋などの公共の場で平気で下ネタを言う女性です。
女性が言う下ネタはリアル過ぎてエグい、と大抵の男性はドン引きしてしまいます。

美人・可愛い女性が言っても駄目

どんなに容姿が整っていようと、下ネタを言った途端にお下品なイメージがつきます。
男性から「こんな事言う人だったんだ」と幻滅されないように言いたくても我慢です。
下ネタには反応せずに、男性から話しを振られても照れながら笑って誤魔化しましょう。

(3)食事マナーが悪い

口の中に食べ物が入っているのにそのままお喋りをしたり、物音を立てて噛む女性です。
他にも肘をついて食べるなど食事マナーが悪いとお下品な女性だと思われてしまいます。

スープを飲む時に音を立ててすする、猫背や犬食いなども傍からは下品に見えます。
男性から一緒に食事をしたくないと思われないように、最低限のマナーは守りましょう。

(4)足を広げて座る

『見苦しいです』(26歳/サービス)

スカートを穿いているのに気にせず足を広げて座る事は、はしたない行為です。
男性もそんな女性に「見たくないものを見せられている」と嫌悪感を示してしまいます。
パンツスタイルの際も膝が開いてしまわないように気を付けてください。

しゃがむ時も注意

床にしゃがんでカバンの中身を探している女性、街中でも稀に見かける事があります。
こうした行為も男性は「所作がお下品過ぎる」と、女性に不快感を持ってしまうのです。

(5)人の収入や貯金を気にする

『お金の話ってデリケートなことなのにお構いなしに年収や貯金を聞いてくる人は最低だと思う』(31歳/商社)

誰々さんは年収いくら貰っているなど、口を開けばお金の話ししかしない女性です。
いつも周りの人の年収や貯金額を気にしては、恥も無く噂話に興じます。
お金に汚い女性は男性から一番「お下品で関わりたくない」と嫌煙されやすいでしょう。

冗談でも言わない事

親しい人同士でも、彼氏に対してもお金の話しは無暗に言わないようにしましょう。
「そんなにお金があるなら奢ってよ」なんて冗談で言うのもいけません。
「人のお金ばかり気にして何なんだろう」と不信感しか持たれなくなります。


お下品な女性は周りの様子が見えていないので、平気でお下品な行動に出てしまいます。
無意識にお下品な女性にならないように、普段から所作や言葉遣いには注意しましょう。

(文/恋愛jp編集部)

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">

注目の記事

このコラム読んでどう思う?

  • いいね (1)
  • うーん (0)

恋愛jpをフォローする