あなたは大丈夫?男性が彼女にされたら冷める5つの手抜き

みなさん、こんにちは。
彼氏との関係は上手くいっていますか?

どれだけ長い時間を一緒に過ごした恋人同士でも分かり合えないことが多いことが本当のようです。
特に女性側からすると普段の何気ない言動でも彼氏からするとあまり快く思ってないこともあります。

そこで今回は男性が女性に手抜きされたら嫌なことについての記事をお届けいたします。

(1)愛情表現の手抜き

『好きだよ、とかそういう恋人同士のコミュニケーションがないと冷めていきます。もう僕なんてどうでもいいのかな』(29歳/教師)

最初に挙げられるのは愛情表現の手抜きです。
女性の方が彼氏からの愛情表現が少ないと悩むことが一般的ですが、女性の方もきちんと愛情表現をしていますか?
「好きだよ」とさり気なく言ってあげたり、わざと甘えてみたりするのも一種の愛情表現です。

ちょっと愛情表現のやり過ぎで恥ずかしいなと思うくらいが、意外とちょうどよく伝わっているものです。
愛情表現を忘れないようにしましょう。

(2)感情表現の手抜き

『何を話しても一辺倒な返事にイライラします』(28歳/営業)

続いて多いのが感情表現の手抜きです。
愛情表現同様、長い時間一緒にいるとコミュニケーションが単調になってしまいます。
この感情表現の手抜きで挙げられるのが、会話のリアクションです。

彼氏が自分に聞いて欲しい話をしているときにしっかりとリアクションをとって、「へえ」「そうなんだ」などと相槌を入れてあげていますか。
特にスマホをいじりながら適当に「うんうん」と聞いていると最悪です。
相手の話にも共感して、感情を豊かにしっかりと表現するようにしましょう。

(3)ファッションの手抜き

『付き合ってた頃より服装が適当だと、女として見れなくなるなぁ』(33歳/アパレル)

ファッションの手抜きもよくありません。
付き合う前や付き合いたての頃はデート前にしっかりとお洒落をしていたのに、段々と手を抜いていませんか。
これは男性からすると浮気をしてもよいと言われているのに等しいです。

自分の彼女の魅力がどんどん落ちているのに続けて愛するのは難しいです。
しっかりとファッションにも気を使って、日を増すごとに綺麗になっていきたいものです。

(4)料理の手抜き

『ちょっと前まであんなに手の込んだご飯を振る舞ってくれたのに、最近はレトルトですよレトルト。それは嫌だからぼくができるだけご飯作るようにしてる』(30歳/薬剤師)

やっぱり男性はどこかしら女性に対しておいしい料理を作ってくれるものという意識があります。
彼女の料理が好きだったのに、ここ最近はなんだか貧相な料理しか作ってくれないとなると彼氏の愛も冷めてしまいます。
料理を一緒に作るというのも良いですし、作ってあげた料理を一緒に食べて料理と彼氏の熱を取り戻しましょう。

(5)返信が手抜き

『LINEの返信がスタンプだけだと絡む気ないのかな……ってがっかり』(25歳/公務員)

LINEなどのSNSを使って彼氏とやり取りをすることが一般的ですよね。
この連絡のやり取りをおろそかにしていませんか。
短文で返信していると、彼氏からすると自分とのやり取りは面倒なのかなと勘ぐってしまいます。

またもっと良くないのが返信を遅く返すことです。
返信をしていないのにTwitterなどのSNSは更新されているのは印象は最悪です。
忙しくても一番優先に返信してあげましょう。


いかがでしたか。今回は男性が女性に手抜きされたら嫌なことについての記事をお届けいたしました。
つい何気なくやってしまいがちですが、これを改善することで彼氏との愛がグッと膨らみます。

今回紹介したことに気をつけて幸せな毎日を送ってくださいね。

(文/恋愛jp編集部)

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">

注目の記事

このコラム読んでどう思う?

  • いいね (1)
  • うーん (0)

恋愛jpをフォローする