事前に写メ交換がカギ!マッチングアプリで詐欺写メに騙されない5つの方法

男女の出会いの場として、最近マッチングアプリに密かな注目が集まっています。
アプリ内での出会いですから、第一印象として写メは重要です。
自分を効果的にアピールできる写メがアップできれば、多くの出会いのチャンスも期待できるもの。

でも自分を効果的にアピールしたいがあまり、実物とかけ離れた画像をアップする詐欺写メも横行しているのが現実です。
ではこの詐欺写メに騙されないためにはどうしたらよいのでしょうか?

今回は5つの方法をご紹介します。

(1)加工してある写メは信用しない

『加工モリモリ写メなんて、参考画像にもなりませんよ』(32歳/企画)

一つ目に加工してある写メは信用しないでください。
写メを加工できる様々なアプリがあるため、実物とは全く違った写メを簡単に撮ることができます。
こういった加工アプリを使用して撮影された画像は、実物とかけ離れたものであることが多く、信用性がありません。

(2)自撮り写メは信用しない

『一番写りのいい角度に加えて色白加工でしょ?そんなもの信じる方がどうかしてますよ』(31歳/公務員)

二つ目に自撮り写メも信用しないでください。
自撮りをすると自然な表情とかけ離れた不自然に作った表情になりがちです。
そのような不自然な自撮り写メの画像は、相手の本来持つ顔の印象や雰囲気とは全く違うことが多々あります。

(3)事前に写メ交換をお願いする

『写メはたくさんもらっておいた方がいいです。アングルによって全く顔や雰囲気が違うことが多々あります』(27歳/広告)

三つ目にマッチングアプリの交流で相手を気に入っても、プロフィール画像だけを信じるのではなく、事前に写メ交換をお願いしてください。
できればアプリ等で加工しておらず、誰かに撮影してもらった自然体な写メがよいのですが、それが無理でしたら事前に何枚かアングルや撮影場所を変えた写真を交換できると、相手の雰囲気をより掴みやすくなります。

(4)LINEのテレビ電話をお願いする

『テレビ電話は誤魔化しようがありませんからね。ただ難しいのはいかにテレビ電話をするまで仲良くなるかですね』(34歳/メーカー)

四つ目にマッチングアプリ内で仲良くなれたら、実際会う前にLINEのテレビ電話をお願いするのが、相手を事前に知る上で効果的な方法です。
現在多くの方が利用しているLINEにはテレビ電話機能があり、お互いの画像を映しながら会話をすることが可能です。
画質は高画質ではありませんが、それでも相手の雰囲気を掴むのに大変役立つ方法です。

声や話し方、話の内容からも、相手のことを知る良いツールとなるでしょう。

(5)あまり実物に期待しない

『ま、結局あんまり期待しないのが一番精神衛生的に楽ですね』(34歳/マーケティング)

五つ目にマッチングアプリを利用した出会いにおいて、あまり実物を期待しないのが鉄則です。
お互い俳優でも女優でもない一般人同士の気軽な出会いの場なのですから、ルックスだけに囚われるのはよくありません。
過度な期待を抱くことによって、せっかくのチャンスも水の泡になってしまうこともありますので、期待はほどほどに留めておきましょう。


いかがでしたか?
写メはイケメンでも実物を見てがっかり、会って後悔したなんてことにならないように写メはあまり信用しないようにしましょうね。

(文/恋愛jp編集部)

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">

注目の記事

このコラム読んでどう思う?

  • いいね (1)
  • うーん (0)

恋愛jpをフォローする