まともに恋愛するのが怖い… “セックスにおぼれてしまった女性”の身の上話

本来、セックスは子どもを作ったりパートナーとの愛情を深めたりするために行うものです。
しかし、さまざまな理由でセックスにおぼれてしまう女性もいます。

セックスに依存してしまうと、日常生活に影響が出てしまい人生まで棒に振ることになりかねません。
また、重度のものになると治療するのに100万以上の費用が掛かるとも言われています。

多くの人は自分には関係ないことと思っているかもしれませんが、セックス依存症はストレスの多い現代社会では誰でもなりうる病気の1つ。
そこで今回は、セックスにおぼれてしまったことがある女性にインタビューを実施。
どうしてそうなったのか、またその末路についてまとめました。

セックスにおぼれてしまった理由

(1)不安や寂しさがある

『漠然とした不安があって、それを埋めるためには一番手っ取り早かったから』(25歳/フリーター)

仕事の不安や結婚への不安、恋人がかまってくれないことへの寂しさなど、さまざまなストレスを抱えている女性はセックスにおぼれやすいと言われています。
セックスをしている時間は夢中になれるため、不安や寂しさを忘れることができます。
これを何度か繰り返しているうちに、嫌なことはセックスで忘れるというパターンができてしまうのです。

(2)現状に満足しない

『将来の不安と焦り。子供のときに考えてた27歳と、今自分が置かれてる状況がちがいすぎて何をどうしたらいいのかわからず自暴自棄になった』(27歳/介護)

現状に満足することなく上を目指そうとする女性もセックスにおぼれやすいと言われています。
こういった女性は、彼氏がいてもまだ自分は幸せになれるはずという気持ちを常に持っています。
「もっと、もっと」という気持ちが焦りに変わり、男性をとっかえひっかえしているうちにセックスにハマってしまうのです。

(3)親からの愛情が足りていない

『体の関係をもつと優しくしてもらえる。そんな経験があまりなかったのでそれが“愛情”なんだと感じていた』(24歳/販売)

幼い頃に親から厳しくしつけられたり虐待されたりして、十分に愛情を受けてこなかった女性は大人なってからセックスで愛情を満たそうとする傾向があるようです。
セックスをしている時、男性は優しく愛してくれます。
すると、セックスをすれば自分の求めていた愛情が得られると勘違いしてしまい、徐々にセックスにおぼれてしまうのです。

(4)劣等感がある

『27のとき、結婚を約束してた男性を他の女に寝取られた。めちゃくちゃ悔しくてみじめな思いをして、それから1年程度の間、既婚者や彼女持ちの男性と手あたり次第関係をもった。今から考えると誰も幸せになれないことだけど、どうしようもない感情を自分のなかで処理できなかった』(29歳/事務)

彼女持ちの男性や既婚男性とばかりセックスする女性は自分に劣等感を持っていることがほとんどです。
普段は自信がなくても、セックスをしている間は彼女や奥さんがいる男性に選ばれたという優越感で満たされます。

この時の優越感が忘れられないため、パートナー持ちの男性と何度もセックスしてしまうのです。

(5)趣味がない

『単純にそれ以外楽しいとおもえるものがなかったから』(21歳/接客)

これといった趣味がない女性は、一度気持ちいいセックスをしてしまうとそのままセックスにハマってしまう可能性があります。
つまり、セックスが唯一の趣味という状態になってしまうのです。
こうなるとセックスをするために男性と会うようになるため、誰でも相手をしてしまうヤリマンになってしまいがちです。

セックスにおぼれやすい女性の末路

(1)都合のいい女になってしまう

『最初はちょっと高いホテルを予約したりしてくれたけど、どんどんランクが下がる。相手の欲求のためだけに存在してるような状態が続き、相手をかえてもその繰り返し。自分の価値がないということをイヤというほど思い知らされた』(33歳/事務)

セックスにおぼれてしまうと、恋人を毎日求めたり、複数の男性と体の関係を持とうとしたりします。
最初は男性の方も喜んでその要求に応えようとしてくれますが、だんだん面倒な女として扱われるようになっていきます。
そのうち、セックスを懇願するようになり、最終的にはいつでもセックスできる都合のいい女に成り下がってしまうのです。

(2)本気の恋愛ができない

『ちゃんとした恋愛ができなくなる。どう接したらいいかもわからないし、直接愛情をむけられると怖くなる』(22歳/フリーター)

複数の男性と遊んでばかりいると、本当に好きな男性ができた時に苦労します。
セックスにおぼれたという劣等感や過去を知られてしまう恐怖感が付きまとってしまうため、目の前の恋愛に本気で向き合うことができないのです。
セックスにおぼれてしまうと過去の汚点として一生引きずってしまう可能性もあります。


セックスは決して悪いものではありませんが、のめりこんでしまうとまともな恋愛ができなくなってしまう可能性があります。
たとえ精神的な余裕がなくても、セックスで解決しようとするのではなく、他の手段で解決するよう心がけることが大切です。

そのために趣味や特技をみつけてみるのもいいですね。

(文/恋愛jp編集部)

このコラム読んでどう思う?

  • いいね (3)
  • うーん (3)

注目の記事

  • たった100円で永久脱毛!「12月に脱毛すると、得をする」んです!

    [PR] できることならば「ムダ毛の処理は入念にしたい…」というのがレディの本音。 とはいえ、毎日のムダ毛の処理って本当…すべて読む

  • 「クサイ自覚を持て!」エッチ中のアソコのにおい問題に終止符を…!

    [PR] 大好きなパートナーとのエッチ。 楽しみたいからこそ、身体のケアは入念に行いたいですよね。 男性がエッチのときに…すべて読む

  • “1日たった66円”で白い歯に!歯がキレイな女性は美人に見える…!?

    [PR] 突然ですが、あなたは自分の笑顔に自信がありますか? 以前の私だったら、答えは絶対に「NO!!」 なぜなら、コー…すべて読む

  • 不倫、復縁、略奪愛…叶わぬ愛を成就させた方法とは?

    [PR] 大切な人ときちんと向き合うのは難しいもの。 「わかってほしい」と思うほどに「嫌われたくない…」「もう無理かもし…すべて読む

  • たった1ヶ月で男性から「追われる」女性になる方法

    [PR] 叶わぬ恋・届かぬ思いに悩み続けた結果、Aさん(仮名)が最後に辿り着いた方法をご紹介します。

恋愛jpをフォローする