小説家になるために必要な4つの要素

【相談者:10代男性】
こんにちは。僕は17歳の高校2年生です。こないだ好きな子にが、とある小説家の大ファンだと言っていました。僕はもともと読書がすきなのですが、好きな子がそう言ってたのを聞いてから“小説家”という職業がどういうものか気になはじめ、小説家になりたいなとも思うようになりました。ミクノさんは小説も出しているそうですが、どうすれば小説家になれるのでしょうか? 教えてください。

失くしたものと同じ分だけ、欲しいものが手に入ります。

こんにちは。ミクノトモです。

毎度毎度、不倫の相談とか社内恋愛の相談のようなドロっとした相談が多い中で、非常にさわやかな質問ですね。

「なる」ものではなく「なってしまう」職業も世の中にはある。

高校生のときに小説家になろうと思うと、それは、「人とはちょっとちがう大変な道を歩む」ことを覚悟しないといけません。小説家になろうと思って、毎日たくさんの本を読み、そのおかげで、仕事をする時間が少なくなり、わずかな時間、コンビニでバイト……なんて人、この世にいっぱいいます。

130113mikuno01

小説家って“努力をしたからなれる”ものではありません。もちろん努力をしないとなれないのですが、努力以上に、「気がついたら小説家になってしまっていた」という“ふとしたきっかけ”をつかめるかどうかがポイントになります。

温かな血を流さないと小説家にはなれない

そもそも小説というものは「なくても生活できる」ものなので、特に決まった金額をもらえるわけでもなく、特にあなたの書いた小説が売れなくても誰も困らないわけです。

でも、「売れてほしいな」と誰かが願うと、あなたは小説家になれます。その誰かとは、亡くなった愛犬であったり、亡くなった友人やおばあちゃんであったりします。

つまり、どこかで誰かが温かな血を流し、その温かさをあなたが共有した時点で、あなたは、「ほかの人よりちょっとだけマシ」な小説を書くことができます。

小説家になるために必要な4つの要素

どうすれば小説家になれるのでしょうか? というご質問に答えるならば、

(1)よく本を読み
(2)たくさん恋をして
(3)たくさん失恋して
(4)汗を流して一生懸命仕事をすれば

この4つで小説家になれます。

なれますと言い切るのはおかしいですが、少なくとも小説家に「近づく」ことはできます。

上記の4つのことを心底糞真面目にやっていれば、そのうち、「書かないといけない」テーマに出会うと思います。そういうテーマに出会った瞬間、あなたは小説家になれます。言葉を机の上で転がしているうちは、あなたは何者にもなれません。

人生とは何か……とか、愛とは何か……なんて考えているくらいであれば、せっせと恋をして、バイトをしたほうが、いくぶんかマシです。

もっとも、「書かないといけない」テーマに出会えるかどうかも、運です。生涯、そういうテーマに出会うことなく、人生の幕を閉じてしまう人も大勢います。幸運を祈ります。

●ライター/ミクノトモ(コミュニケーションデザイン専門家)

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">

注目の記事

このコラム読んでどう思う?

  • いいね (1)
  • うーん (0)
data-ad-region="2"> data-ad-region="2">

恋愛jpをフォローする