必ずしも「幸せ」にはなれない?“ハイスペ男子”とのお付き合いの実態とは?

経営者や医者、会社役員などの「高学歴」「高収入」なハイスペ男子と付き合えたら勝ち組の仲間入り。
一発逆転の玉の輿を狙って婚活に励む女性も多いのではないでしょうか?
しかし実際のところハイスペ男子とお付き合いするのは楽しいのでしょうか?

今回はハイスペ男子とお付き合いの経験のある女性に「ハイスペ男子とのお付き合い」にまつわるエピソードを聞いてきたのでご紹介します。

(1)年収2500万!外資系ハイスペ男子

『昔お付き合いしていた人は日本で外資系コンサルティング会社に勤務し、年収は2500万ほど。
アメリカの大学を卒業した帰国子女で、10年間ロンドンに住んでいたこともある正真正銘のエリートです。

そんな彼とは六本木のクラブで出会いました。
私がフロアで浮いていたので目にとまり、興味本位で声をかけたそうです。
私は踊るのが目的でクラブに行ってたので、スウェットにキャミソールにスニーカーという格好でした。

彼は19歳上だったので私的には恋愛対象ではなく普通の友達として仲良くなりました。
2週間に1度食事に行ったりというのが2年くらい続き、だんだんお互いに居心地が良くなり自然と付き合う雰囲気に。
月に一度はクラブのVIPルームで友人たちを招いてパーティーしたり、国際的なハイスペ男子を集めてホームパーティーもしていました。

1年半付き合った後、彼は結婚を意識した言動をしてくるようになりました。
でも私は若かったこともあり結婚は考えられず、お互いの気持ちが離れていき自然消滅。
今から思い返したらもったいないことをしたな~って感じです』(32歳/主婦)

(2)エリート一家の医者の卵

『彼とはオンラインゲームで知り合いました。
オンラインゲーム仲間とオフ会で会うようになり、やがて彼と付き合うように。

彼は研修医、いわゆる医者の卵だったんですが、両親や姉も医者、さらには祖父母も医者という代々医者なエリート一家。

自分からすると、あまりにも頭が良すぎるな~と思います。
本人もそのことを自覚していてプライドが高いのか、何かあると理屈っぽく論破しようとしてくることが多かったです。

職業柄忙しいとも言われてて会えないことも多かったので、他の女性と遊んでいたんじゃないかと心配は山積み。

結局、彼と彼の両親に家柄が釣り合わないと遠回しに言われ、付き合い切れず別れました。

もちろん高収入だったので、毎週高級ホテルのバーに連れて行ってくれたり、記念日やイベントごとがなくても高価な洋服やアクセサリーをプレゼントしてくれるのは嬉しかったです』(31歳/アパレル)

(3)年収1500万!台湾人ハイスペ男子

『オーストラリアで日本食レストランのアルバイトをしているときに台湾人からナンパされました。
彼はお父さんが社長のお坊ちゃんで自身も年収1500万のエリートでした。

彼が私へグイグイと来てた感じで最初から俺のこと嫌いなの?と質問責めを喰らいました。
結局、相手からの猛アプローチで付き合うことになりました。

お金持ちなので、金払いはとても良かったですしおいしい思いもたくさんさせてもらいましたが彼の暴力が原因で別れることに。
なんでも手に入ってた彼にとって私が反抗することが何よりも侮辱に繋がっていたのかもしれません』(28歳/コンサル)


いかがでしたか?
ハイスペ男子といえど付き合う経緯や別れる理由は普通のカップルと変わらないことが分かります。

女性にとって玉の輿は憧れではありますが、ハイスペ男子と付き合ったからといって必ずしも幸せになれるとは限らないようですね。

(文/恋愛jp編集部)

このコラム読んでどう思う?

  • いいね (1)
  • うーん (0)

注目の記事

恋愛jpをフォローする