ドキドキしすぎて鼻血モノ!? オトコを惑わす“夏ならではのお色気アピール”5つ

夏は恋の季節!……ということで、夏ならではの色気アピールをして、気になる男性を振り向かせましょう!
とはいっても、どんなアピールをしたらいいか、具体的にはなかなか分かりづらいですよね。

今回は、夏にするべき「男性をドキドキさせる色気アピール」をご紹介します。

(1)髪を結んでうなじを見せる

『最近は“抜き襟”とかが流行ってますけど、うなじが見える服を着てるときに髪を結ぶ姿とかを見せられると、ホントやばいですね(笑)いろいろ妄想しちゃう!』(28歳/整体師)

女性が髪を結ぶ仕草に、ドキドキしてしまうという男性は多いです。
特に夏は暑いので、「あ~、髪が首にかかって熱い」と、髪を結ぶ仕草を自然に行うことが出来ます。
最初から髪をポニーテールにするのではなく、あくまで食事中などに結ぶのがポイント。

髪を下しているときとのギャップを見せつけて、男性をドキドキさせちゃいましょう!

(2)脚を組み替えて太ももを強調する

『カウンター席で女性と一緒にのんでるとき、あしを組み替えた時に自分の足にあたってすごくドキドキした。冬場は黒いタイツとか履いてるし、とくに意識してないけど、夏場はストッキングで生足っぽさがあるので、ふいにやられると結構ドキッとしちゃう』(25歳/営業)

冬場はスカートの下にタイツなどを穿いていますが、夏場は生足やストッキングなことが多いですよね。
そんな夏場に脚を組み替えると、素のままの太ももが露わになって男性は思わず視線がくぎ付けになってしまいます。

ただ、あまりにやり過ぎると下品になるので、あくまでさりげなく行うのがコツです。

(3)着ていた上着を脱ぐ

『外回りから帰ってきた同僚が、カーディガンを脱いだらノースリーブだったとき、ぶっちゃけリアルに興奮しました(笑)』(29歳/営業)

女性が来ていた上着を脱いだときに、露出度が高い格好をしていたら、大概の男性はドキドキしてしまいます。
上着の下に着る服は、ノースリーブなどの素肌が多く見えるものがおススメ。

また、上着を脱ぐときはいきなり脱ぐのではなく、男性の目を引くようにゆっくり脱ぐとさらに効果的です。

(4)水着のズレを直す

『水着の食い込みをなおしてモジモジしてるのをみると興奮しちゃう。夏ならではの目の保養!』(27歳/販売)

夏に女性の水着姿を見て、ドキッとしてしまう男性は多いです。
また、食い込んだ水着を直す動作がたまらない!という男性も少なくない模様。

そもそも女性の水着姿が嫌いな男性は少ないと思うので、夏になったら気になる男性と一度は海やプールに誘ってみることをおススメします。

(5)服の胸元を広げてパタパタとあおぐ

『第二ボタンくらいのところをつまんでパタパタしてるとき。柔軟剤もふんわり香って、女の子っぽいしエロい』(31歳/総務)

「今日暑いね~」と、胸元をパタパタとあおぐ仕草。
見えそうで見えない胸元に、男性はついつい目が行ってしまうようです。

とはいえ、あまりにもわざとらしくパタパタするのは下品なのでNG!
見えそうで見えないというのがポイントですので注意してください。


どの仕草にも言えることですが、あくまでも自然にさりげなく行ってくださいね。

夏にするべき「男性をドキドキさせる色気アピール」をご紹介しました。
夏には肌の露出も増えますし、男性にアプローチするには絶好の季節!

この夏には勇気を出して、気になる異性にどんどんアタックしてみてくださいね。

●ライター/makirin(恋愛アドバイザー)

このコラム読んでどう思う?

  • いいね (0)
  • うーん (1)

注目の記事

恋愛jpをフォローする