ダイエットもメイクも必要なし!? それでもモテる“オタサーの姫”になる3つの方法

こんにちは。みずゆきりんです。

「モテない…けど、死ぬまでに一度ぐらいは、どうしてもモテてみたい…!」
そんなあなたに贈る、今日のコラム。

題して、「あなたもオタサーの姫になろう!」

モテるための努力といえば、ダイエットや、メイクの研究など、いわゆる「女子力」を磨くことが中心。
ときには、プチ整形なども必要になってくる場合もあるかもしれません…。

しかし!オタサーの姫になれば、そんな努力は一切必要ないのです!
好きなものを好きなだけ食べ、適当にメイクをし、休日も家でゴロゴロしているだけでもモテる。

そんな夢のような生活ができるのが、「オタサーの姫」なのです。

社会人がオタサーの姫になる方法

「オタサーの姫」とは、「オタク系サークルの姫」の略称です。
ということはオタサーの姫になるには、オタク系サークルに入らないとダメなのでしょうか?

いいえ。そんなことはありません。
もちろん、オタク系サークルに入るのもひとつの方法ですが、要は「男女比率の偏った場所」に身をおけばいいのです。
「恋愛経験の少ない男子が集まる場所」であれば、より良いでしょう。

(1)転職しましょう

私のオススメは、体力に自信があるなら自衛官。
そうでないなら社員の8~9割が男性であるメーカーの、派遣の事務や秘書など。
特に派遣の事務職はハードルも低く、気軽に転職が可能なので(会社を選べないというのがネックですが…)個人的にはとてもオススメしたい転職先です。

実際、私の知人でとある大手メーカーの事務をしている方がいるのですが、週に一度は告白されるレベルでモテています。
身の回りのモノは全て取り巻きの男性が買ってくれるそうで、本当に羨ましい限り…。

なぜ正社員じゃなく派遣の事務なのか?
と言いますとメーカーでも総務や人事、営業などの女性は正社員で構成されていることが多く、更には男女比率もそれなりに均等。
また新入社員の可愛らしい若い女の子が配属されている可能性もあり、そのような部署に配属されては「姫」にはなれないからです。

男性メインで構成されている技術グループにいる、派遣の事務。
そこが狙い目。

建築系なども、男性比率の職業が多いですが、職人の世界は奥が深く、未経験者が転職するのは難しい世界。
また医師や税理士、弁理士などの資格職も男性比率が高い職業ですが、これまたハードルが高すぎるので難しい。

気軽に転職出来る職種…という点でも、派遣の事務はオススメです。

(2)オタク系サークルに入りましょう

「オタサーの姫」という言葉通り、オタク系サークルに所属するのもアリです。
社会人サークルには、オタク系サークルはあまりありません。
あってもガチ系で、ある意味ハードルが高いかも…。

しかし社会人OKな大学のインカレサークルは、たくさんあります。
ライトなオタクでも受け入れてもらえる、そんな気軽なサークルを探して入りましょう。

ただしサークルメンバーの中に既に姫がいる場合は、戦争になります。
その時は潔く戦う前に諦めて、別のサークルを探す方が賢明です。

(3)理系学部の学生になりましょう

入学した時点で、オタサーの姫になることが出来ます。
大学の再入学は転職よりもリスクが大きく、また入学試験や学費を払わなくてはいけないなど、ハードルはとても高いかもしれません。

しかし恋愛経験の少ない男性はリードしてくれる「年上女子」という存在に弱い人が多いため、他のどんな場所よりも「姫」になれる確率は上がります。
確実に「姫」になりたい人は、理系学部の学生になるのが一番の近道なのです。


いかがでしたでしょうか。
モテたいみなさん。

この際、一般男性に好かれようとするのをやめ、ちょっぴり楽して簡単にモテる「オタサーの姫」を目指してみませんか?

●ライター/みずゆきりん(Twitter王国の住人)

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">

注目の記事

このコラム読んでどう思う?

  • いいね (22)
  • うーん (13)

恋愛jpをフォローする