意外と苦労する?女性よりも“家事ができる男性”との上手な付き合い方

「家事は女性だけがやるべき!」という考えが薄れてきている現代、家事が得意な男性はとても魅力的ですよね。
でも、家事が得意な男性との付き合い方を間違えると、意外と苦労することもあります。

そこで今回は、女性よりも家事が得意な男性の攻略方法をお教えします!

(1)「アナタより家事に自信が無いの……」と素直に言う

『彼を誉めつつ、自分がうまくできる自信がないということを話した。私ができないことを否定もせず、「得意なほうがやればいいんじゃない?」と言ってくれた』(26歳/美容師)

女性よりも家事が得意な男性を攻略する場合、下手に家事で張り合ってしまうと上手くいかないことがあります。
自分よりも彼の方が家事が得意そうだと思ったら、素直に「アナタより家事に自信が無いの……」と切り出してみましょう。
その場合、男性は「じゃあ僕がやってあげるよ!」と、彼女が家事があまり得意でないことを好意的に受け止めてくれる可能性が高くなります。

ただし、「私、家事が嫌いだからアナタがやって!」という投げやりな態度を見せるのはNG
あくまで、“頑張ったけど上手く出来なかった”という姿勢を彼に見せるようにしましょう。

(2)彼の家事をとにかく褒める

『掃除をしてくれたときは「すごい!めちゃくちゃピカピカ!」と褒め、洗濯をしてくれたら「こんなフワフワなタオルはじめて!」と褒める。家事が得意な男性って、なかなか家事で褒められたことがないみたいでとても喜んでくれるし、私もうれしい』(28歳/営業)

男性は、基本的に女性に褒められるのが好きな生き物。
彼に家事をただやってもらうだけではなく、「○○くんの料理って本当に美味しいね!」「洗ってくれた洗濯物ふんわりして気持ちいい」と、彼の家事を褒めることも忘れずに。

彼は喜んでくれるでしょうし、家事を積極的にやるようになってくれるかもしれませんよ。

(3)彼の家事へのこだわりを否定しない

『ちょっとしたこだわりを否定しない。自分も家事をしてるときに、あれこれ口出しされたくないので、彼がやってくれるときも同じように黙って感謝する』(28歳/介護)

家事が得意な男性の中には、自分なりの家事へのこだわりを持っている人も少なくありません。
例えば、料理の作り方や、掃除の仕方等……。
そこで彼のやり方に口出ししてしまうと、高確率でケンカになってしまいます。

家事が得意な男性と付き合いたいときは、彼の家事へのこだわりを否定しないように気を付けましょう。
なるべく、彼のやりたいようにやってもらうようにすると、お互い衝突することは少なくなるはずです。

(4)彼女側もキチンと家事を手伝う

『家事が得意だからといって任せすぎず、自分も何かしらやる!例えば洗い物だったら、洗い物をするのは主人だけど、食器を持って行ったり、洗った食器を片づけたりするのは私。小さい子がやるお手伝いみたいな感覚だけど、洗い物には拘りがあるようで譲ってくれないので、その補助的なことを私がやります』(30歳/医療事務)

いくら彼が家事が得意だからといって、自分は全く家事を手伝わないのはNG。
彼だって、多少は彼女に家事をやってほしいと思っているハズです。

甘えすぎず、彼女も積極的に家事を行うようにしてくださいね。


女性よりも家事が得意な男性の攻略方法をご紹介しました。

家事が得意な男性は女性にとって理想のようですが、付き合い方を間違えると関係がこじれてしまいそうです。
しかし、やはり家事が得意な男性は魅力的!
運よく家事が得意な男性と出会うことが出来たら、是非ともいいお付き合いをしていきたいものですね。

●ライター/makirin(恋愛アドバイザー)

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">

注目の記事

このコラム読んでどう思う?

  • いいね (1)
  • うーん (1)

恋愛jpをフォローする