バランスを意識することが重要!SNSで“リア充アピール”しても嫌われない女子の心がけ5つ

【相談者:10代女性】
SNSのリア充アピールはウザいって言われるじゃないですか。
でも、私はリア充アピールしたいんです。
おしゃれなカフェや旅行に行ったら写真を載せたいし、それなりにモテているときは自慢だってしたいって思いますもん。

でも、それで女友達から陰口を言われるのはやっぱり嫌なんです。
わがままかもしれませんが、周りから不快に思われないSNSでのリア充アピールってありますか?

リア充アピールにプラスの要素を加えると“愛され投稿”に!

ご質問ありがとうございます。
コラムニストのLISAです。

SNSが普及すると同時に問題視され始めた「SNS疲れ」という現象。
おそらく、他人のSNSを見て何となく嫌な気持ちになった経験を持つ人も多いのではないでしょうか。

そんなSNS疲れを引き起こす原因のひとつが他人のリア充アピールだと言われています。
「私はこんなに贅沢な暮らしをしています」「毎日楽しいことばかりで幸せです」などの自慢投稿は見た人の気持ちを大きくかき乱すのです。

しかし中には頻繁なリア充アピールをしているにもかかわらず、周りの人から嫌われるどころかさらに愛されるという女性もいます。

一体、嫌われるリア充女子と好かれるリア充女子にはどのような違いがあるのでしょうか。

そこで今回は、女性の方々からSNSに関するお話を伺ってきました。
その話に基づき、SNSでリア充アピールをしていても嫌われない女性の特徴についてご紹介します。

(1)リア充投稿と非リア充投稿のバランスを意識する

『普段はリア充アピールばかりする友達がクリスマスの日にひとり家でケーキを食べている写真を投稿していて、思わず笑ってしまった。確かにリア充アピールばかりをされると見ていてウザいなと思うけど、たまに非リア充の一面を見せたり、笑える自虐投稿をしたりしてくれると、この子は見栄を張って自慢したいんじゃなくて、ただ単に素の自分をさらけだしているだけなんだなと思える』(24歳/受付)

SNSにハマる女性の中には本当の自分を隠し、偽りの自分を演じている人も多くいます。
彼女たちは周りから羨ましがられたいがあまり、リア充アピールとなる内容のみを投稿し、他人に知られたくない部分は決して見せようとしません。
しかしそれが周囲から反感を買う原因となっていたのです。

SNSで嫌われないリア充女子になるためには、ときに楽しい出来事以外の投稿もするようにしましょう。
充実生活を送っていると思っていた女性が意外な一面を持っていたり、苦手なことや失敗することがあったりというギャップは見ている人に親近感を抱かせます。
リア充投稿と非リア充投稿のバランスを意識することで、周りに素の自分を見せているという印象を与えることができるのです。

(2)リア充写真では決め顔を封印する

『ただの僻みなんですけど、男女大勢が集まった写真を載せたり、おしゃれな店で全員がキメ顔をした女子会写真を載せたりする女が嫌いです。ただ、私の親友もたまにそういうリア充写真を載せるんですけど、決まって彼女は変顔で写っているんです。周りの子が自分をかわいく見せようと必死でキメ顔をする中、ひとり変顔をする親友(笑)。その自由さが憎めないし、見ていてかわいいなって思っちゃいます』(33歳/営業)

写真に写る自分を少しでも良く見せたいと思う気持ちは、決して珍しいことではありません。
わざと自分の写りだけが良い写真を選んだり、楽しい女子会を演出するために全員がキメ顔の写真を撮ったり。
そのように写真写りに必死になる様子は、投稿を見た人にも必ず伝わります。
きっと、同性からも批判を買うことになるでしょう。

変顔までする必要はありませんが、何人かが集まり写真を撮るときは毎回同じキメ顔ではなく、様々な表情のレパートリーを用意しましょう。
目をぱっちり開いたキメ顔よりも、満面の笑みを見せた表情の方が見ている人からも好感を持たれます。
リア充写真を撮るときはキメ顔を封印して、自然体の自分で写る心がけを忘れずに。

(3)大人数の写真ではコメントに意外性を持たせる

『前に友達が大人数でのBBQ写真を載せていて、「どうせ“楽しかった”とか“いつメン最高”とかありきたりなコメントしているんだろうな」と思って見ていたんです。すると、コメント欄に「何とこれだけ人が集まっているのに恋人ナシは私だけです!疎外感半端ない!」って必死の叫びが書いてあって大爆笑しました。ユーモア溢れるコメントが書ける子っていいですよね』(28歳/事務)

リア充投稿の定番といえば、やはり大人数で行うイベント写真。
特にお花見やBBQを始めとしたイベント写真は、投稿の仕方ひとつで周りからの嫉妬の対象となります。
もし大人数でイベントを楽しむ写真を投稿するのであれば、コメントに意外性を持たせて、嫉妬ではなく笑いを生むようにしましょう。

たとえば「最高に楽しかった」「やっぱりこのメンバーが一番」など楽しさをアピールするコメントは避け、あえてウケを狙うコメントを残す。
「酔った勢いで告白して振られました!」「海で泳いでいたらつけまつげを紛失したので見つけた方はご連絡ください!」など、思わずクスッとなるコメントが一緒に載せていると、大人数のリア充写真もそれほど気にならなくなりますよ。

(4)写真はおしゃれよりも癒しを重視する

『旅行中に風景写真とかを頻繁に更新されると何となく「ウザいな~」って思っちゃうんですけど、そこに野良猫が写っているともうどうでもよくなります。むしろ、癒しの写真をありがとうと言いたくなる』(29歳/主婦)

旅行中の風景写真や、空の写真と共に載せられたポエム投稿も他人をイラッとさせるリア充投稿のひとつです。
楽しい旅行に出かけたりきれいな景色を見つけたりすれば、投稿したい衝動にかられることだってあるはず。
それならその写真にほんの少し癒しを加えてみてはどうでしょうか。

街並みを撮るときは近くにいる猫を一緒に撮ってみたり、旅行中に仲良くなった地元の人がいれば、許可をいただいたうえで2ショットの写真を載せてみたり。
見ているだけで癒しを感じる写真であれば、旅行や風景の写真もリア充アピールには見えません。
それどころか、「もっとたくさん写真を載せてほしい」と周りから期待される可能性だってあるのでは?

(5)投稿よりもコメントの返信に全力を注ぐ

『私がSNSで一番嫌いなのは、芸能人気取りで結婚報告をする子。そういう子って祝福コメントに対しても良い顔をしようと気取った返信するでしょ。でも、私が大好きな友達はSNSであっさりした結婚報告をして、周りから祝福コメントが贈られると一人ひとりに感謝の長文コメントを返していたんです。自己満で終わらせず、コメントをくれた相手を大切にするみたいな姿勢に好感が持てました』(30歳/美容師)

SNSでリア充アピールをする人は、無事に投稿を終えることで大きな満足感を得ます。
そのため、せっかく友人がコメントを残してくれても適当に返したり、最悪の場合、返信を忘れたりしている場合もあるのでは?
しかしこのコメント返信の内容によって、ただのリア充投稿が周りから祝福される投稿へと変わっていくのです。

もし自分のリア充投稿にコメントを残してくれる友人がいたら、一人ひとりに違うコメントを残し気持ちが伝わる言葉を選ぶようにしましょう。
予想以上に嬉しいコメントを返してもらえると、コメントを残した友人たちの気分も良くなるはずです。


SNSでリア充アピールをする際は、ただ自慢だけで終わらせず見た人が楽しい気持ちになれるポイントを加える。
それにより、ただのリア充アピールが瞬く間に愛されリア充アピールへと変わるのです。

また、筆者がこれまでに見てきたリア充アピールで愛される女性には、現実でも多くの人から愛されているという共通点がありました。
彼女たちは裏表がなく、誰にでも平等に接することができるため、SNSの投稿も僻みや妬みなく素直に受け入れてもらうことができるのです。

今後はSNSの投稿だけでなく、現実でも周りから愛される女性を目指してはどうでしょうか。
誰からも愛される女性になることができれば、リア充アピールで批判を浴びることもなくなるはず。

●ライター/LISA(女ゴコロ専門家)

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">

注目の記事

  • 彼女のアソコの毛、「理想のカタチ」選手権!2位は“逆三角形”、1位は…!?

    [PR] デリケートゾーンのムダ毛、ちゃんとお手入れできてますか? 自分ではなかなかお手入れできない場所だからこそ、後回…すべて読む

  • 「ヤリ捨て」経験のある男は○%!?マッチングアプリを使う男のホンネとは?

    [PR] 「彼氏ほしいけど、ヤリ捨てはやだ」 「真剣なお付き合いをしたい」 「出会いはないけど、合コンや街コンに行くのは…すべて読む

  • “1日たった66円”で白い歯に!歯がキレイな女性は美人に見える…!?

    [PR] 突然ですが、あなたは自分の笑顔に自信がありますか? 以前の私だったら、答えは絶対に「NO!!」 なぜなら、コー…すべて読む

  • 不倫、復縁、略奪愛…叶わぬ愛を成就させた方法とは?

    [PR] 大切な人ときちんと向き合うのは難しいもの。 「わかってほしい」と思うほどに「嫌われたくない…」「もう無理かもし…すべて読む

  • «的中率98%…!»どんな恋でも叶えます…。アナタを幸せへと導く禁断の方法♡

    [PR] 大好きだった元カレと、なんとかして“復縁”したい……。 誰にも相談できない“秘密の恋”を成就させたい……。 誰…すべて読む

このコラム読んでどう思う?

  • いいね (0)
  • うーん (1)

恋愛jpをフォローする