2位「ウケる~」1位は!? オトコが嫌う女性の“NG言葉遣い”ランキングBEST5

言葉遣いは男女ともに大切なもの。
男性にとって女性の言葉遣いは、印象を大きく左右します。
意中の彼の前で変な言葉を遣ってしまったら、それだけで彼の恋愛対象から外されてしまうかもしれません。

今回、恋愛jpでは20代~30代の男性を対象に『女性の言葉遣いで一番嫌いなものは何ですか?』というアンケートを実施。

さっそく男性の本音から見ていきましょう!

第3位:「でも」「だって」

『全て否定されるとめんどくさくなってしまいます』(32歳/映像)

『じわじわイライラしてくるタイプ。一緒にいてつまらなそう』(34歳/事務)

『自分は悪いと認めない。こっちが折れないと話が終わらない。話してて疲れる』(28歳/印刷)

「でも」「だって」と言う人と会話をするのはめんどくさいですよね。
会話を否定から入ることが癖になると、自然と相手との溝ができてしまいます。
異性だけでなく誰と話すときも気を付けたいところです。

第2位:何でもかんでも「ウケるー!」

語彙力が少ない女性は一緒にいても不快なだけであり、こちらの人間性まで疑われる可能性があるから』(31歳/営業)

『自分以外の人の話に対してならともかく、自分の話に対してそういう反応されると小バカにされてるみたいで嫌な感じがするから』(32歳/IT)

『自分に対して言われたときは、相当馬鹿にされた気になる。そういうことを言う女性は、語彙力がなく知的レベルが低く感じるから』(29歳/塾講師)

いますよね、あらゆるシチュエーションで「ウケる」を使う女性。
20歳前後の女性ならまだしも、アラサー女子が「ウケる」と口走るのは論外。
男性に「頭が悪そう」という印象を与えてしまいます。

この言葉を発するだけで、言われた方はなんとなく見下された気分になって不快に思うので使わないようにしましょう。

第1位:「どうせ私なんて~」

『ネガティブ思考な人は付き合ってて面倒くさいので嫌ですね』(34歳/医療)

『「どうせ私なんて」は嫌いだしすごく面倒くさいですね。ネガティヴな発言は聞いててウンザリするし、楽しくもなんともないです。そして聞いてる側は当然、そんなことないよ!と言わなければならないのも面倒くさくてバカらしいです。』(31歳/営業)

『自分を卑下しているように見えて、実際には自分を褒めて欲しいという面倒くさい言葉だから』(27歳/証券)

ネガティブな発言を好む男性は1人もいません。
自分に自信がない人と会話をすると「そんなことないよ」とフォローに回らなければならず会話が苦痛という回答が多く集まりました。
ネガティブな感情を感じた時は、むしろポジティブな言葉を言うようにしましょう。

女性の言葉遣いで一番嫌いなものランキング

ランキング結果は以下の通りです。

■「女性の言葉遣いで一番嫌いなもの」といえばなに?
1位:「どうせ私なんて~」……34.5%(69人)
2位:何でもかんでも「ウケるー!」……25.5%(51人)
3位:「でも」「だって」……17%(34人)
4位:語尾が「~じゃね?」……14%(28人)
5位:「おいしい」ではなく「うまい」……9%(18人)

1位は「どうせ私なんて~」という結果になりました!
ネガティブな言葉を放っていたら自分だけではなく他の人にもネガティブは伝染します。
悪いことはすぐ忘れて、いいことが起こったら全力で喜ぶ習慣を身につけてはいかがでしょうか?

※アンケート方法:インターネット調査
※有効回答者数:200人
※集計期間:2017年5月18日~2017年5月23日

(文/恋愛jp編集部)

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">

注目の記事

このコラム読んでどう思う?

  • いいね (2)
  • うーん (2)

恋愛jpをフォローする