「専業主婦になりたい」と語る女性が結婚できない5つの理由とは?

若い世代を中心に結婚後専業主婦を希望する女性は一定数存在します。
結婚に何を求めるかは人それぞれですが、残念ながら結婚後も働き続けたいと考える女性に比べて専業主婦希望の女性は男性から”地雷扱い”されて結婚できないことが多いです。

なぜ専業主婦希望の女性は結婚できないのでしょうか?
男性のホンネを探ってみましょう。

(1)他力本願

『結婚してから話し合いの結果、専業主婦をお願いすることになるというパターンなら全然いいんですけど、相手探しの時点から「私、専業主婦希望なんです!」と言われると「ボーカルやります!」と言ってバンドメンバー探してる人と同じような印象を受けますね』(34歳/IT)

結婚後の生活を夫の収入に頼る専業主婦は、男性側から見ると他力本願に見えるもの。
女性の就職が珍しかった時代なら専業主婦も良かったのでしょうが、女性が働くのが当たり前になった現代社会において自分で働かず夫の収入のみに頼る専業主婦は依存し尽くしている存在です。

夫婦とはお互いが支えあって人生を歩んでいくもの、と考える傾向は男性側にも浸透しており経済的に男性に全力で寄りかかろうとする専業主婦希望の女性になかなかパートナーが見つからないものある意味当然と言えるでしょう。

(2)自分を客観視できていない

『専業主婦希望の子を恋愛対象かどうか判断するときに、この子に「おかえり」と言われたいかどうかで判断するようにしています。驚くことに専業主婦希望の子で「おかえり」を言われたくなる子っていまだに出会ったことないんですよね』(26歳/営業)

結婚後専業主婦になるためには、男性からみて働かずに家を守ってほしい、この女性を経済的に支え養ってあげたいと思わせるだけの魅力的な女性でなくてはいけません。
夫婦共働きを前提に考えると、女性が専業主婦になるということは家計収入が年間数百万円減るということと同義です。

男性からすれば専業主婦になる資格のある女性とは家計収入が大幅に減少してでも家にいてほしいと思えるだけの魅力を持つ女性にほかなりません。
しかし、専業主婦希望の女性のほとんどはそれだけの価値ある女性とはいえないのが現実です。

自分にそれだけの価値が有るのかどうか客観視できてない女性なのですから、よいパートナーを見つけられるわけがありません。

(3)自分で家事できる男性が増えた

『1人暮らしも長いし、家のことは僕でもできる。だったら自分のためだけにお金を使いたい』(29歳/IT)

「夫は外で働き、妻は家庭を守るべき」というものが昔ながらの家庭のあり方ですが、現代では自分で家事できる男性が増えており、家庭に専業主婦がいるメリットはほとんどありません。

男性の家事能力が高ければ高いほど専業主婦の必要性は小さくなります。
逆に言うと女性に専業主婦を希望する男性というのは現代的な考えを持たない時代遅れであり、女性から見ると決して魅力的であるとはいえないのです。
これでは専業主婦希望の女性は結婚できるはずがありません。

(4)男性の経済力が低下している

『正直、「専業主婦でいいよ」と言える経済力はない。正規じゃなくても、働いてくれたら、ちょっとした旅行とかも行けると思う。自分の給料だけで2人分まかなうのはちょっときつい』(26歳/事務)

専業主婦を養うためには男性に家計を支えるだけの収入が求められますが、現実的な問題として若い世代の平均年収では夫一人の収入だけで家計を支えるのは困難なのが現実です。

特に教育費の負担は重く、子どもを大学まで進学させようと考えるならば妻を専業主婦に専念させる余裕などありません。
妻を専業主婦にできるのは一握りの高額所得者のみに許された特権であり、平均的な年収の男性ではとても専業主婦を養う余裕はありません。
必然的に男性としても共働きで家計を支えてくれる女性を求めますから、専業主婦希望というだけで敬遠されてしまいます。

(5)重荷に感じる

『ちゃんと自立している女性が好きなので。この人を幸せにするというよりこの人と一緒に幸せになりたいという考え方で結婚したい』(35歳/営業)

専業主婦希望の女性と結婚するということは、女性の人生を男性が丸ごと支える必要があります。
仮に仕事をクビになりでもしたら収入がゼロになってしまうのですから、男性の責任は重大です。

家族を養うためにという思いが仕事への原動力になるのならよいのですが、多くの場合は2人分の人生を背負わなくてはいけない状態をプレッシャーに感じてしまうのが男性の本音です。
一生かけて養っていきたい、と思わせるだけの魅力に欠けている専業主婦希望の女性は男性からすると単なる重荷でしかありません。

わざわざ好き好んで重荷を背負いたいと考える男性などいるはずもなく、結婚はどんどん遠のいてしまいます。


専業主婦志望が悪いわけではありませんが、女性の考えと男性の考えにすれ違いがあることをしっかり理解しておかないといつまでも結婚相手は見つかりません。
結婚とはそれぞれの思いが結びついて初めて成立するものです。

一方的な希望を押し付けるのではなく、相手から見て魅力的な存在慣れるよう努力しましょう。

(文/恋愛jp編集部)

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">

注目の記事

  • たった100円で永久脱毛!「12月に脱毛すると、得をする」んです!

    [PR] できることならば「ムダ毛の処理は入念にしたい…」というのがレディの本音。 とはいえ、毎日のムダ毛の処理って本当…すべて読む

  • 「ヤリ捨て」経験のある男は○%!?マッチングアプリを使う男のホンネとは?

    [PR] 「彼氏ほしいけど、ヤリ捨てはやだ」 「真剣なお付き合いをしたい」 「出会いはないけど、合コンや街コンに行くのは…すべて読む

  • “1日たった66円”で白い歯に!歯がキレイな女性は美人に見える…!?

    [PR] 突然ですが、あなたは自分の笑顔に自信がありますか? 以前の私だったら、答えは絶対に「NO!!」 なぜなら、コー…すべて読む

  • 不倫、復縁、略奪愛…叶わぬ愛を成就させた方法とは?

    [PR] 大切な人ときちんと向き合うのは難しいもの。 「わかってほしい」と思うほどに「嫌われたくない…」「もう無理かもし…すべて読む

  • 「ぽっちゃりブームに甘えるな!!」男子からの“怒りの声”が殺到…。ヤバ腹を引っ込ませるには…?

    [PR] 大好きな彼との初夜。 服を脱いですべてを晒すとき…! そんな日のためにしっかりダイエットしなきゃ…とは思うもの…すべて読む

このコラム読んでどう思う?

  • いいね (1)
  • うーん (0)

恋愛jpをフォローする