ブスでもいいの!? みんなのアイドル「オタサーの姫」の魅力とは何なのか?

こんにちは。みずゆきりんです。

過去2回にわたってご紹介している、「オタサーの姫」。
ふわふわかわいい系の服を着て、男性に媚びを売る、そんな女子。

『こんな女の何がいいのかわからない。意味不明』(30歳/営業)
『ブサイクなのに調子に乗ってる、単なる勘違い女。』(32歳/商社)

など、コラムを書いたあと、一般の男性から、とても厳しいご意見が……。
1回めのコラムの最後に『※但し、一般男性からのウケはあまりよくありません』と記載していましたが、本当に、一般男性には「姫ワザ」が全く通用しないようです……。

また、女性からも、

『身の程知らず。鏡を見た方がいい』(26歳/事務)

なんて意見も。

そうですよね……。
実は私も、その昔、オタサーの姫もどきをやっていたことがあるのですが、正直、当時の自分を振り返ってみても、あんな女の何がいいのか、サッパリわかりません。

そこで!
オタサーの姫のことを好きになったことがある男性に、緊急アンケート!
「ブサイクでも本当にいいの!?」

オタサーの姫の魅力とは、いったい何なんでしょうか。

最も身近なアイドル

数多くの男性をはべらすことをステータスにしているため、オタク男子だけでなく、恋愛経験の少ない男性にも、とても優しく接してくれます。
なぜなら、恋愛経験の少ない男性はハードルが低く、落としやすい。
オタサーの姫の格好の餌食だからです。

損なこととは露知らず、自分に優しくしてくれる女性をすぐに好きになってしまう、恋愛経験の少ない男性。不憫ですね……。

『最も身近なアイドル。もし恋人にすることができたら、最高の自慢の彼女になる』(28歳/エンジニア)

オタサーの姫の生息地は、男女比が極端に偏っている場所。
理系研究職や、メーカーの技術職など、男性が多い職場での「紅一点」である彼女たちは、容姿関係なく、男性社員たちのアイドルです。
しかし、オタサーの姫は、数多くの男性をはべらすことをステータスとしているため、なかなか特定の恋人を作ろうとしません。
誰かのものになった瞬間、周りの男性たちが離れてしまうからです。

「みんなのアイドルを自分の彼女にしたい。」
そういう心理がはたらくのでしょう。
オタサーの姫を「自分の彼女」にすることは、そういった職場で働く男性たちの、最高のステータスなのかもしれません。

ただ、こんな興味深い意見も……。

そもそも選択肢がない場合も

『当時は本当に好きだったけど、今となっては何がよかったのかわからない……。』(30歳/福祉)

周りに女性がいない環境だと、そもそも選択肢がありません。
そういった状況では、目の前に現れた女性なら、容姿関係なく好きになってしまうのも、仕方ないのかも……。
何かのキッカケで他の女性と知り合えたとき、初めてそこで、目が覚めるのかもしれませんね。

やはり、オタサーの姫は「一般ウケしない」ということが証明されてしまいましたが(汗)
一部の男性には確実に人気があることも、これまた事実。

「もうあとがない……」「とにかく彼氏が欲しい……」
そんな人には、やっぱり「オタサーの姫」になることを、私はオススメしたいと思います。
モテます!本当に、嘘みたいにモテます!

※但し、一般男性からモテることは、諦めましょう。

●ライター/みずゆきりん(Twitter王国の住人)

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">

注目の記事

このコラム読んでどう思う?

  • いいね (10)
  • うーん (9)

恋愛jpをフォローする