トクベツ扱いに弱い!? 男性が「両想い」を確信するタイミングBEST6

「これってもしかして両想い?」と思う瞬間ってありますよね。
いまいち決め手に欠けてその場では結局アプローチできないなんてこと、ありませんか?
男性が両想いと分かる瞬間を知っていれば、決定的なチャンスを逃さずに済むかもしれません。

今回、恋愛jpでは20代~30代の男性を対象に『女性と「両想いだ!」と感じた瞬間はどれですか?』というアンケートを実施。

さっそく男性の本音から見ていきましょう!

第3位:特別な呼び方をされたとき

『ポジティブな思考ですけど、特別な呼び方は仲がいいとかじゃないと中々呼べないので自分に好意があるなと思います』(35歳/塾講師)

『普通に話すだけの女性からファーストネームで呼ばれることは滅多にないので、ファーストネームで呼んでくれると両想いなのかな、と感じます』(29歳/作家)

『自分だけ特別扱いされてる感じがあると「もしかして両想い?」と春の訪れを予感します』(30歳/ゼネコン)

確かに自分だけ特別扱いされると、意識しちゃいますよね。
呼び方を変えるのは一番簡単にできる特別扱いかもしれません。
気になる男性がいたら自分しか呼ばない呼び方を考えると、恋が発展するかも?

第2位:長話を中断しようとせず、いつまでも話し込んでしまったとき

『離れたくないという気持ちがお互いにあると思うから』(25歳/インストラクター)

『長話を中断しないで次々と話しかけてくるというのは自分に興味があるということだから』(34歳/飲食)

『気づいたら時間が流れている、それは夢中になっているときで時間を忘れている証拠だから』(29歳/IT)

何かに夢中になっている時って時間が経つのを忘れてしまいますよね。
異性と話していて気づいたら時間が経っているのは、お互いが会話に夢中になっているから。
そこに男性は両想いの瞬間を見出します。

第1位:「好きな人いるの?」と聞かれたとき

『いままで経験上、この質問の時は絶対でした』(35歳/経理)

『興味もないのにそのようなことは聞かないだろうし、こちらに好意があるんだなと肌で感じることができるからです』(33歳/SE)

『僕がいつもそうやって探りを入れるから』(30歳/証券)

興味がなかったら「好きな人いるの?」なんて聞きませんよね。
この質問をされるだけで「もしかして……!」と意識し始める男性は多いです。

男性が「両想いだ!」と感じた瞬間ランキング

ランキング結果は以下の通りです。

■「「両想いだ!」と感じた瞬間」といえばなに?
1位:「好きな人いるの?」と聞かれたとき……38%(56人)
2位:長話を中断しようとせず、いつまでも話し込んでしまったとき……22%(44人)
3位:特別な呼び方をされたとき……16%(32人)
4位:よく目が合うとき……14%(28人)
5位:相手の友だちから「あの子のこと、どう思ってるの?」と探りを入れられたとき……12%(24人)
6位:メールのやりとりが盛り上がるとき……8%(16人)

1位は「好きな人いるの?」と聞かれたときという結果になりました!
両想いになるには自分の好意を理解してもらう必要があります。
告白が恥ずかしくてできないという女性は、直接伝えるのではなく言動でアピールしてみてはいかがでしょうか。

※アンケート方法:インターネット調査
※有効回答者数:150人
※集計期間:2017年5月15日~2017年5月18日

(文/恋愛jp編集部)

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">

注目の記事

このコラム読んでどう思う?

  • いいね (15)
  • うーん (23)

恋愛jpをフォローする