眼球舐めて!? 女性が「彼氏とのエッチでドン引きした」珍プレイ6つ

エッチは恋人同士のコミュニケーションで一番大切なもの。
お互いの欲望をむき出しにするのはエッチの醍醐味ですが、彼氏の欲望があまりにもエグすぎると引いてしまいますよね。
ルックスも性格も完璧な彼がベッドに入った瞬間、全くの別人になってしまうこともあるようです。

そこで今回は女性に聞いた「彼氏とのエッチでドン引いたこと」にまつわるエピソードをご紹介します。

(1)「眼球舐めて」とリクエストされる

『当時勤めていた会社の上司に告白され付き合うことになり、初めてのデートの帰りに彼の家でエッチしました。
その時の感想は良くも悪くもいたって普通。
ま、好きだから特に気にはなりませんでした。

問題は次に彼の家に行った時のことです。
お酒を飲んでいい感じになった時、彼が「目を舐めて」とリクエストしてくるではありませんか。
私は軽く沈黙した後、「目??」と聞くと「うん、眼球。口でパクッとしてほしい」と彼は答えました。

しばらく沈黙が続きましたが、そうすると落ち着くとのことで、彼のまぶたを軽くおさえ、ペロッとほんの少しペロッとしました。
すぐに「反対も舐めて」と言われたので反対もペロッと。

私には何が気持ちいいのか理解できませんでした。
やられてる方は気持ちいいのかもしれないけど、やる方は好きだから仕方なくで……。
毎回会うたびにせがまれ、少しでも嫌な顔を見せるとへそをまげるのに疲れ、3ヶ月位で別れてしまいました。』(29歳/事務)

(2)元カノの名前を絶叫しながら絶頂を迎える

『普段はとても楽しく笑顔が絶えない彼。
それでもいつも笑顔の彼氏に対して、本気で焦った瞬間があります。

それは彼が絶頂を迎える際、私の名前ではなく元カノの名前を叫びながら果てた時です。
彼氏も相当焦ってましたが、私の方が一気に引いてしまいました。

名前全然似てないのにな……。結局それがきっかけで別れました。』(33歳/パート)

(3)生理中なのに女性器を舐められる

『優しくて明るい人柄の彼。

そんな彼のドン引きしたプレイは、生理中なのに女性器を舐めてきたことです。
とっても引きました……。
いくら断っても彼は一歩も引きさがらず無理やりしてきました。

もちろん抵抗しましたが、ガッシリと身体を掴まれていて身動きがとれず……。
結局、そのままされるがままになるしかありませんでした』(32歳/食品)

(4)AVでしか見たことないようなマシンを使われる

『彼は高校時代の同級生で、とても話しやすい男子です。
同窓会で10年ぶりに再会し、お茶の飲み友達から深い仲になりました。

ある日、その彼が振動するマシンを買って来たのでビックリしました。
AVで見たことがあるものの怖かったので「それだけはやめて欲しい」と言ったのですが「ちょっとだけ」というので、嫌々試してみたところ、人間の手よりも微妙な動きで良かったです。

それ以降、時々使うと新鮮なのでハマってます』(29歳/エステティシャン)

(5)SMプレイで縛られる

『普段は優しく社交的な普通の彼氏でした。

そんな彼にある日、「してみたい事があるんだけど。嫌って言いそうだから、やっぱりやめとく!」と言われ、
気になったので「何?どうしたの??」と問い詰めると「SMプレイがしたい!」と言われました。

なんと彼は、セーラー服と手足を縛るためのロープを準備していたのです。
彼に嫌われたくないと必死だったのでリクエストに応じましたが、ただ痛かっただけでもうしたくありません。

結局、彼とはその後破局しました。』(34歳/主婦)

(6)「男性器を踏んでほしい」とリクエストされる

『普段仕事に対してとても真面目でデートでも優しいし気遣いもできる彼ですが、そんな彼と付き合い始めて何度目かのHの時に「男性器を踏んで欲しい」とおねだりされました。

それまではHの最中少しSっ気がある彼だったのですが、初めてそんなことを言われて驚きました。
よくよく聞いてみると、確かにSではあるのですがSなのに彼女に踏まれて言葉責めされることにとても快感を覚えるそうです。

最初からM気質だと分かっていればそんなに驚きはしなかったと思いますが、それまでと真逆のイメージだったので信じられませんでした。結局、ドン引いてしまいながらも恐る恐る応じてみるととても嬉しそうで……。

大したことがないと思われるかもしれませんが、それまでの真面目な彼を知っている私からすると衝撃の体験でした。』(34歳/印刷)


いかがでしたか?
アブノーマルなエピソードが揃いましたね。
欲望をさらけ出すのは悪いことではありませんが、行き過ぎには注意したいですね。

(文/恋愛jp編集部)

このコラム読んでどう思う?

  • いいね (24)
  • うーん (34)

注目の記事

恋愛jpをフォローする