1年以内に婚活を成功させるための3ステップ

【相談者:30代男性】
婚活中の39歳男性です。今年は40歳を迎えることもあり、ぜひとも生涯の伴侶を見つけたいと思っています。私は結婚相談所に入会して5年になります。その間、結婚間近まで進展した相手もいました。その彼女と些細なことがきっかけでうまくいかなくなってから、他の人を探す気にもなれず3年ほどは実質上の休会状態になっています。その間に体調を崩したこともあり、急に弱気になったのでしょうか。そばに誰かがいて欲しいと以前の何倍も切実に思うようになりました。何度も「一人のほうが気楽だ」と相手探しから目をそむけてきた私ですが、今回は本気です。山本さんから、今年中に伴侶をみつけるためのアドバイスをお願いできますと幸いです。

a 婚活に大切な3つのステップをご紹介! 新年から最高のスタートを切りましょう。

こんにちは! 結婚相談所で夫をゲットした熱き仲人、結婚相談所きららマリッジ代表・山本結子です。

あけましておめでとうございます。婚活中の皆さまに最高のハッピーが訪れる年となりますように。

今回、前向きなご相談をいただけて、とても嬉しく思っています。婚活に一番大切なのは「決意」です。「今回は本気です」と書いてくださった相談者さんは、その意味で既にゴールしているも同然です。自信をもってお相手探しに邁進してください。

以下の3つのステップで、新年から最高のスタートを切りましょう!

ステップ1:手帳に「○月○日までに絶対に結婚する」と書きましょう

先日、私の相談所きららマリッジで、このアドバイスを素直に実践してくださった男性会員さんが成婚されました。私自身も婚活中に実際やっていた方法です。

「○月○日」には半年~1年後の日付を設定しましょう。婚活は本来長引かせるべきものではありませんので、1年以上先の日付にしてはいけません。新しい手帳を買って表紙の次のページに、毛筆あるいは筆ペンで、心を込めて書きあげましょう。特に「絶対に」のところは力を込めて!

婚活で「決意」の次に大切なのは「期限を決める」ことです。紙に書く事で自分の決意が明らかになりますし、毎日目に触れるけれど他人の目には触れないという点で「手帳」はとても都合が良いのです。本当は家中の目につくところに貼って欲しいくらいですが。一人暮らしの方ならそれも良いかもしれません。

ただし、彼女を家に招くときには忘れずに外してくださいね(笑)。

ステップ2:「○月○日までに絶対に結婚する」を周りの人に宣言しましょう

手帳に書くことに加え、周りの親しい人達にそのことを宣言するのをオススメします。

宣言することによって自らの退路を断ち、後に引けなくするのです。

また「だから、いい人がいたら紹介してね」と付け加えるのも忘れずに。周りの人は、誰かを紹介したいと思っていても、頼まれてもいないのに紹介してはおせっかいだと思われてしまうからと遠慮することが多いのです。

ステップ3:「過去の縁」「身近な縁」を見直すことから始めましょう

ぜひともオススメしたいのが、これです。

既に出会っている異性の中にお嫁さん候補はいませんか? ちょっとでも「いいな」と思っている方がいたら、この機会にぜひお食事に誘ってみましょう。

もしかして職場にも素敵な女性がいるのではありませんか? 社会人が一日の大半を過ごすのは職場ですから「いない」と決めつけてしまうのは大変もったいないことです。ご縁は案外近いところに転がっているかもしれません。

見直してみて、それでもやっぱり「いない」となりましたら、前に進むのみです。全力で新しいご縁探しを始めましょう。


最後に一言。

結婚相談所は、新しいご縁探しには最高の場所です。ただし出会おうと思えばいつまでも新しい方に出会えてしまいますので、期限を決めることがとても重要なのです。

来年のお正月は大好きな方と一緒に迎えられますように。心から応援しています!

●ライター/山本結子(お見合い専門家)

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">

注目の記事

このコラム読んでどう思う?

  • いいね (0)
  • うーん (0)
data-ad-region="2"> data-ad-region="2">

恋愛jpをフォローする