映画『青空エール』に学ぶ、好きな人にエールをおくるための極意5つ

【相談者:10代女性】
部活を頑張ってる好きな人(彼)を励ましたいのですが、うまく応援する方法を教えてください。


みなさん映画は観てますか?
恋愛jpで映画のアドバイスを担当しております利根川です。

担当といっても映画を薦めるのが僕の仕事。
お悩みと同じような経験をしている映画や1シーンをお勧めし、少しでも答えのヒントになればと思いご紹介させていただきますね。
とっておきの1本です。

sddvd_TDV26128D_jacket

映画『青空エール』
発売日:2017年2月22日
発売元:東宝
(C) :2016 映画「青空エール」製作委員会 (C)河原和音/集英社

【好きな人(彼)にエールを送るための名言:1選】

「これが別れた理由かもしれない…彼の前ではやけにおしゃべりなバカ女」

【好きな人(彼)にエールを送るための名言:2選】

「ずっと自分の靴ばかり見てた、だけど君が信じてくれたから上を見ることができた。見上げた空は青かった…。」

【好きな人(彼)にエールを送るための名言:3選】

「吹けなかったんじゃない、吹かなかったんだ。怖くて…。」

【好きな人(彼)にエールを送るための名言:4選】

「完璧じゃなくても、その決断が正しくなくても、心揺れて迷ったとしても、それでも前に進むしかない、“あの空”に辿りつきたいのなら。」

【好きな人(彼)にエールを送るための名言:5選】

「誰かを励まし続けるのは、自分が頑張り続けるのと同じくらい大変なんだ。だからこそ、誰かのエールは人に力を与えることができるんじゃないのかな。」

さて、ご質問者さん…いかがでしたでしょうか?

頑張っている好きな人(彼)を応援したいのなら、同じくらい自分も何かで頑張らないと伝わりづらいのかもしれません。

同じ温度感を持たないと、「お前に何がわかる?」で終わっちゃうからね(笑)
そりゃそうだ、辛い時に「がんばれ!」って言ってくれるのは嬉しいけど、何もしてない、何も頑張ってない人に言われても…何でしょ(笑)

お互い一緒に頑張って、お互い成長しないとね。
皆さん良いですがお互い同じくらい成長していかないと、パートナーとは一緒にいれませんよ。

しかし、ベタベタな部活・青春ラブストーリー…素敵でしたね。
この部活にひたむきな、不器用ながら一生懸命なこの感じ、また、好き合ってるのに微妙なこの距離…いいよね~(笑)
まさに“青春”!

監督は、邦画界の恋愛青春映画と云えばこの人、三木孝浩監督!
『僕等がいた』『陽だまりの彼?』『アオハライド』などのド青春の監督さんですね。
主演は、『orange-オレンジ-』など話題作のヒロインを演じ、なんだろこの一生懸命さ…幅広い世代に愛されてますねー、土屋太鳳さん…可愛いっ!(笑)

そんな太鳳さん人生で初めてトランペットに挑戦してますね、僕も吹いたことあるんだけどね、本当に大変なんですよ…口痛くて(笑)
そして甲子園を目指す野球部員で、つばさと共に応援し合いながら夢に向かって進む山田大介役に今人気急上昇中の俳優・竹内涼真さん…爽やかっ!

うちの母がファンなんですけど(笑)
可愛らしい爽やかな青春映画に仕上がっております。
是非ご覧くださいな。

あとは映画観て、笑って、泣いて、きっとヒントがあると思いますよ。
ハッピーエンド目指して……。
現実は映画よりも映画っぽい。
利根川でした。

ストーリー

吹奏楽の名門・白翔高校に入学したトランペット初心者の小野つばさ。
全国大会を目指すレベルの高い練習についていけず、何?も挫折しそうになる。
そんなつばさを勇気づけてくれる、クラスメートで野球部員の山田大介。

お互い夢に向かって励まし合うふたりは、ある「約束」をかわす。
いつの間にかつばさには、大介へのほのかな想いが芽生えていた。

1?生の夏、地区予選の決勝まで勝ち進んだ野球部を吹奏楽部が応援。
ところが途中出場した大介のミスで敗退。
グラウンドで?ち尽くす大介のために、つばさは一人でトランペットを吹いてしまい、謹慎処分となる。

心配して訪ねて来た大介への想いを抑えきれずにつばさは大介に告白するが、フラれてしまう。
大介は、仲間の夢を潰してしまった自分が許せないでいた。
2人は“両片想い”のままそれぞれの夢を追いかけ、そして、最後の夏が来る。

つばさと大介の恋の?方は?そしてふたりの夢のたどりつく先は?

●ライター/利根川建一(映画専門家)

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">

注目の記事

このコラム読んでどう思う?

  • いいね (2)
  • うーん (0)

恋愛jpをフォローする