結婚したがらないのは理由はコレ!? 男性が結婚する前に“気が重くなる“ことBEST5

彼女と付き合って長いのに、なかなか結婚しない男性が多くいます。
そんな男性たちはどうして結婚しようとは思わないのでしょうか。

今回、恋愛jpでは20代~30代の男性を対象に『結婚する上で一番気が重くなるのはどんなことですか?』というアンケートを実施。

さっそく男性の本音から見ていきましょう!

第3位:結婚にかかる費用(挙式代や指輪代など)

『まだ十分な稼ぎがないのに、結婚式にお金をかけるのは気が引けます。同じお金を使うなら新婚旅行や引っ越し等にお金を使いたいです』(26歳/広告)

『金銭感覚の違いが明確に出てくるポイントなため、高価の式を要求されたりすると気が重くなりそう』(29歳/コンサル)

『やっぱり結婚ってお金がかかるしすごく気になる。大事な人生のイベントなのは分かるけど終わったら思い出しか残らないことに大金をつぎ込むのはちょっと気が引けるし、このへんは価値観の違いもあるかな』(28歳/マーケティング)

結婚にかかる費用は男性を悩ませる頭痛の種といえそうです。
もし彼女が派手な結婚式を望む場合は、大好きな彼女のためと言えどもゲッソリしてしまう男性が出てくることでしょう。

第2位:彼女のご両親への挨拶

『他の項目は自分次第で何とかすることができますが、彼女の両親だけは自分の力で変えることができないので一番気が重くなります』(30歳/公務員)

『避けては通れない道であるが、彼女の家庭環境や両親の人柄によっては結婚後の付き合いも慎重にいかなければならないこともある。いい意味でも悪い意味でもあってみるまで分からないところが怖いです』(27歳/不動産)

『お互いの両親の顔合わせなど、お互いの家族付き合い、親戚付き合いが憂鬱です』(32歳/営業)

結婚は恋人だけでなく恋人の両親や親戚にも大きな影響を及ぼすもの。
ご両親との人柄や相性は今後の結婚生活にダイレクトで関わってくるものであり、自分の力でどうこうできるものでもないので憂鬱になるのも無理はないですね。

第1位:お小遣い制への移行

『自分の稼いだお金でも、自分が趣味に使えなくなるし足りなくなるのはとても辛いです』(31歳/会計士)

『自由がなくなってしまう。今まであったものがなくなるのはとても抵抗があります』(33歳/ディレクター)

手足や羽根をもがれた気分になります』(28歳/金融)

今まで自由に使えていたものが使えなくなるのは抵抗があるようです。
お金のやりくりは2人で決めて2人で話すことが大切。
お互いにとって有意義な決め方ができるといいですね。

結婚する上で一番気が重くなることランキング

ランキング結果は以下の通りです。

■「結婚する上で一番気が重くなること」といえばなに?
1位:お小遣い制への移行……28%(56人)
2位:彼女のご両親への挨拶……27.5%(55人)
3位:結婚にかかる費用(挙式代や指輪代など)……26%(52人)
4位:結婚への段取り……12%(24人)
5位:夜遊びができない……4.5%(9人)

接戦となりましたが、第1位は「お小遣い制への移行」でした!
独身の頃は自由に使えていたお金が無くなってしまうのは結婚する上で気が重くなるくらい嫌だそう。
また、彼女の両親や親戚への挨拶回りも考えるだけで憂鬱になるとのこと。
ただそれは彼女側も同じことなので、2人で支え合って乗り越えていきたいものですね。

※アンケート方法:インターネット調査
※有効回答者数:200人
※集計期間:2017年5月9日~2017年5月12日

(文/恋愛jp編集部)

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">

注目の記事

このコラム読んでどう思う?

  • いいね (0)
  • うーん (0)

恋愛jpをフォローする