めんどくさすぎ!! 男性が思わずブロックしたくなる女性からのLINE5つ

女性が男性から送られてくるLINEに対して面倒な気持ちになる事があるように、男性だって女性からのラインに時々「ブロックしたい」と思う事があるのです。
それは一体どんなLINEの内容なのか、代表的な特徴を5つご紹介します。

あなたも無意識に送ってしまっていないかセルフチェックしてみてください。

(1)返信の催促

『既読つけたあとに返信するのを忘れていたら「既読スルーとか感じわるい~」みたいなメッセージがきた。そんなにマメに返信できるほど暇じゃないとイラッとしてしまった』(29歳/歯科衛生士)

LINEは送られてきたメッセージを読むと「既読」がつきますが、メッセージを読んだからといって皆が皆、すぐに返信できる訳ではありません。
LINEのトーク画面を開いたままにしていると読んでいなくとも自動的に既読がつきますし、LINEを送られても既読をつけられない程、忙しい時は誰にでもあるのです。

それなのに男性の都合を考えず、「既読ついてるけど返信くれないのはどうして?既読無視?」、「未読スルーしないで!」なんて返信の催促はやめましょう。
これをされると男性に限らず、どんなに優しい人であっても「この女性、返信催促ばかりで面倒だな」と思ってしまいます。

返信したくなる内容を送っていない

返信の催促をする女性は、大体の場合が「男性が返信したいと思える内容のLINEを送っていない」という事が原因の場合が多いのです。
これ以上面倒な女だと思われないように、送信前に今一度、男性が思わず返信したくなる内容であるかとチェックしましょう。

(2)明らかな温度差

『やたらとハイテンションで絵文字や顔文字、スタンプだらけのLINEに引いた』(33歳/営業)

例えば男性側は仕事やプライベートで辛い出来事があって落ち込んでいるので、トーンダウンしているLINEだとしましょう。
しかし女性側は男性の気持ちを考えず、やたらとハイテンションに自分の話したい内容ばかりを送っているとします。

この反対に男性はテンションが高いのに女性は何故かテンションが低く素っ気ない、という場合もあるでしょう。
お互いにテンションが違う、明らかに温度差がありすぎる場合は男性もその差に気分を悪くしてブロックしたくなってしまいます。

ローテンションは勘違いされやすい

女性側にそのような気持ちがなくとも、やたらとローテンションなLINEを送られると、男性は「怒らせたかな?」と勘違いしてしまいます。
あまりにハイテンションすぎるのも男性が疲れますが、ローテンションなLINEは不機嫌な女性だと思われやすいので気を付けましょう。

(3)5行以上の長文

『文字が多いとそれだけで読む気が失せる……。既読つけたことを死ぬほど後悔しちゃうので、そのままブロッグしてやろうかと考えますね(笑)』(28歳/IT)

LINEは長文を送れますが、しかし毎回5行以上もある長いメッセージを送られてしまうと、男性は返信が面倒になってしまうのです。
その「面倒」という気持ちが積もり積もって「もうブロックしてしまおうかな」と思わせる事になるのでしょう。

特に気が短い所がある男性や、毎回短文で送ってくる事が多い男性には長文メッセージは響きません。

愚痴や誰かの悪口は最も危険

長文で送ると最もブロックしたいと思わせてしまうのは、「愚痴や誰かの悪口」というネガティブな内容です。

いきなり誰かから長文で「○○ムカつく」や「○○嫌い」なんて書かれたLINEが送られてくると、自分の事ではなくともいい気持にはならないでしょう。
長文で相手が「貰って嬉しい」と思えるのは、楽しい話題や受け取り手へのお礼の言葉など、ポジティブな内容なのです。

(4)アプリやゲームへの招待を送りすぎてる

『普段アプリとかの招待LINEばかりが届く人はブロックしたくなる』(26歳/飲食)

アプリやゲームへの招待メッセージはそのメッセージを受け取った人だけではなく、送った人へも特典があるシステムです。
あまり接点がない相手からアプリやゲームへの正体が送られてくると、あなたはどう思いますか?大抵の人が「利用されてる?」なんて、気分を悪くしてしまいます。

招待メッセージはひと昔前に流行ったチェーンメール(不幸の手紙)と同じ扱いで、受け取ると面倒な気持ちになるものだという事を心の隅に留めておきましょう。

親しき中にも礼儀あり

長年の付き合いがある女性の友達、もしくは大好きな女性からのLINEであっても、アプリやゲームの招待メッセージは男性が良い気持ちになりません。
親しき中にも礼儀ありという言葉がありますが、もしも招待メッセージをどうしても送りたいなら、送り先の男性に「興味ある?」とアプリやゲームをおすすめしましょう。
そして相手の男性が興味を示したならば、招待メッセージを送ってもいいか了承を得て送るのです。

(5)1つのメッセージに複数の内容

『何に対してどう返信したらいいかよくわからないLINEはとりあえずスルー。何回もされたらブロック考える』(25歳/フリーター)

例えば「今日こんなカフェに行ってきたよ!そういえば明日はどうする?今度海外旅行へ行きたいな!」といったLINEが来たとします。

1つのLINEメッセージの中にバラバラの話題が3つあり、これでは返信する方としても大変です。
LINEで同時にいくつもの短文メッセージを送る女性も嫌われますが、「1つのメッセージに複数の話題を詰め込む女性」というのも面倒くさがられます。
どの話題が重要なのか、そして一体何を話したいのか解らないので、男性はもう面倒だからブロックしたいと感じてしまうのでしょう。

1メッセージにつき1話題

男性にブロックされてしまわないように、LINE1メッセージにつき話題は1つに絞りましょう。
そして沢山話したい事があるからといって3つも4つも同時にメッセージを送るのもやめておきましょう。


男性が「この子、ブロックしようかな」と思ってしまう女性のLINEをご紹介しましたが、あなたが送ってしまった事があるLINEはありましたか?
これからは男性が思わず嫌だなと感じてしまうLINEを送らないように気を付けて、大好きな彼と楽しくLINEを交換してください。

(文/恋愛jp編集部)

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">

注目の記事

このコラム読んでどう思う?

  • いいね (31)
  • うーん (31)

恋愛jpをフォローする