アピール下手でも大丈夫!なかなか進展しない恋を動かす秘訣5つ

進展しない恋を進める方法とはいかなるものでしょうか。
なかなか恋愛に発展していかない場合が多いことと思いますが、それでは人生つまらないと思います。

そこで、以下に具体的な方法を5つ記載しました。

(1)好きですアピールをする

『積極的にアピールされるのに弱いです、急に気になりだします』(28歳/飲食)

恋愛が下手な女性は、相手に好きである旨のアピールが不十分であるために、単なる片思いのままで終わるパターンが多いです。
片思いである間は、相手に対して積極的にアピールしていくことが重要です。

(2)恋愛以外のことに気をむけてみる

『匂いって印象に残りますよね。この人の匂いはこういう匂いなんだって覚えます』(27歳/不動産)

性格が消極的であるために、相手に気持ちを伝えることが不得手な女性は、恋愛以外の事項に着目してみましょう。これは何でもいいので、共通の趣味であったり、本やCDなどを貸してあげるのも良いことですね。

また匂いは印象に残りやすいので、香水を相手の好みに合わせてみてはいかがでしょうか。
本などの貸し借りの際にも、香水をつけてみましょう。

(3)顔を合わせる回数を増やしてみる

『何回も顔を合わせてると、自然と親近感がわきます』(29歳/コンサル)

まずは、顔を合わせるようにしてみましょう。
これは案外大切なことです。

LINEやメールも欠かせないものですが、これだけに頼るよりも実際に顔を合わせる方が恋愛の進展には効果的です。
心理学でも「単純接触の法則」というものがあり、人は会えば会うほどその人に親近感を抱きます。

相手に与えるインパクトの大小では直接会うことに敵うものはありません。
恋愛の進展には何度も会うことが重要となってきます。

(4)声をかけてみよう

『女の子に声をかけてもらえると嬉しいです、ワクワクしちゃう』(25歳/教師)

声をかける際には、不自然にならない程度にしましょう。
わざとらしかったり、あざとかったりすれば、周囲の人間から邪魔をされるような事態にも発展するかもしれません。

あいさつでもなんでもいいので、話をする機会をできるだけ多く設けて、話をしてみましょう。
顔を合わす行為自体にもそれなりの効果はあるものの、声をかけて会話するほどの効果はないです。

女性に対して免疫がないウブな男性であれば、これのみで恋に落ちてしまうこともあり得ます。
よって、声をかける行為には、意外に絶大な効果があるのです。

(5)恋愛感情を連想する単語を会話に含める

『もしかして俺のこと好きなのかな?ということを言われると、気になって仕方なくなります』(27歳/保険)

進展がかんばしくない恋には、直截な行動をとってみることが思いがけない効果を発揮することがあります。

一緒にいる際に、男性をほめる機会はないではないでしょう。
このときに、男性のこの部分が好きである旨を伝えてみてはどうでしょう。

ポイントとしては、好きというセリフを入れることです。
これによって、男性の心情を探ることが可能となります。


いかがでしたか?
恋愛に対して奥手な片思いの人は、上記の方法を試してみたら進展があると思いますよ。
とにかく行動あるのみです!

(文/恋愛jp編集部)

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">

注目の記事

このコラム読んでどう思う?

  • いいね (3)
  • うーん (1)

恋愛jpをフォローする