恋愛結婚がしたい女性必見!「愛され美人」になるためのメソッド

【相談者:30代女性】
年齢の事を考えると「結婚」も意識していますが、できれば「恋愛してその延長で自然に結婚になればいいな」と思っています。でもこういう考えだと結婚できないでしょうか? そもそも恋愛と結婚はやっぱり別なのですか

恋愛で止まる恋愛と、恋愛の先に行く恋愛がある。

初めまして! 「愛され美人専門家」の柴崎マイと申します。

イラストと描き文字を使ったイメージのビジョン化に、経営者の父を通じて学んだ目標実現法を加えてメソッド化した独自プログラムを使って、恋愛や結婚したい女性向けに「愛され美人レッスン」を主宰しています。

さて、質問への回答ですが、「恋愛で止まる恋愛と、恋愛の先に行く恋愛がある。」というのが私の回答です。というのは、私自身、29才の終わりまで、かなり痛い失恋もしてきました。31才でやっと幸せな結婚をした後に気づいたのは「モテ→恋→恋愛→プロポーズ→結婚」の構造です。

「恋愛」で終わる「恋愛」と、「結婚」に続く「恋愛」があるとしたら、「恋愛から結婚」にゴールをのばした時、それ相応の取り組みが必要になります。私が29才まで恋愛が上手くいかなかったのは、深層心理的には「結婚したいタイプの女性」だったのに、いつも「恋愛どまりの相手」と、「恋愛どまりの自分マインド」で「恋愛」をしていたからなのです。

だから、もしあなたが「恋愛をして結婚したい」女性ならば、まず下記を知る事が大切です。

「相手」が「真の彼」かどうか見極める

恋愛から結婚へいく相手の事を、私のレッスンでは「真の彼」と呼んでいるのですが、詳しい定義については、またの機会にお話します(世間で言われている「運命の彼」が一番イメージに近いのでとりあえずそう解釈してみてください)。

相手が「恋愛どまり」の相手だったら、「結婚」には行き着きません。説明するまでもなく「既婚者」とは「恋愛どまり」ですよね? 「理想なんだけど運命的には合わない男性」というゾーンもあります。このゾーンの男性に惹かれて、感情をコントロールできず「恋愛どまり」になってしまっている人もいます。恋なら、既婚者にもできますし、「モテ」だけなら、職場の人やBFとか、さらに広げることができます。

恋愛をして結婚したいならば、その中にまぎれている「真の彼」を見つけ出して、モテ→恋と、スタートしなければなりません。

自分をプロポーズされる女性に改造していく

「モテる女性」「恋愛(だけ)したい女性」と、「プロポーズしたいと思う女性」ってやっぱり違うんです。「モテて、恋愛もいつもしているのに、結局上手くいかない」という女性もいれば、「複数にモテてはいなそうだけど、あっという間に結婚してしまった」という女性はいませんか?

そういう意味では、「恋愛と結婚は違う」と思います。各ゾーンごとに、選ぶべき男性も、自分の外見内面の磨き方や、アプローチ法も、違うからです。

そして、プロポーズされる女性とは「愛される美しい人」ではないかと、痛い思いを繰り返してきたゆえ、色々な女性を観察してきた私は考えました。顔かたちが美人、というのではなく、恋愛&結婚においての愛される美しい人、つまりは「愛され美人」です。

「愛され美人」に必要な3つの要素

・「男性脳」と「女性脳」の違いを知っていて、男性の気持ちを掴む事ができる

・自分の魅力と磨くべき部分も知っていて、謙虚だけどセルフイメージが高い

・「自分らしいへアメイク&ファッション」でいながら「男性受け」も押さえている

ですから、もしあなたが「恋愛して結婚したい」という目標を持ったならば、「真の彼と見つけて恋愛の先を目指す」まず決めることが大切なのではないでしょうか。人は、目指したゴール以上の所にはなかなか到達できないし、知らず知らず「この位でいいかな」と思うと、それ位の位置にしかいけないからです。

逆に言えば、あなたが「ゴール」を今一度ハッキリさせて、「真の彼」と恋愛し、プロポーズされる「愛される美しい人」になる事を決めれば、そのような人ときっと出会えるようになるし、自分も変えていけます。そしてきっと恋愛から結婚に行き着くはずですよ。

もし、質問者さんのように「恋愛の先」に興味がある人は、まずはぜひこのしくみを知ってみてください。

●ライター/柴崎マイ(愛され美人専門家)

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">

注目の記事

このコラム読んでどう思う?

  • いいね (2)
  • うーん (3)
data-ad-region="2"> data-ad-region="2">

恋愛jpをフォローする