ムードをコントロールせよ!! 男性が「キスしたくてたまらない」空間をつくる秘訣

草食系男子が増えている今、男性の方からキスしてほしいと思っても、なかなか思い通りにいかないことが多いですよね。
奥手な男性からキスしてもらうには、女性の方がある程度ムードを盛り上げて、彼氏を導いてあげる必要があります。

そこで今回は、“男性をキスしたくてたまらなくなるように仕向ける小悪魔テクニック”をご紹介します!

(1)上目遣いで見つめる

『上目使いってなんとなく物ほしそうに感じるから。ずーっと見つめられると、キスしてほしいの?って感じる』(28歳/営業)

男性からキスをさせたいときは、言葉で伝えるよりも態度でキスしたいことをアピールした方が効果的です。
彼の目の前に行って、上目遣いでジッと目を見つめてみましょう。

「キスして欲しいな」というメッセージを、視線で表します。
目が合ってもすぐに逸らさず、3~5秒程度は見つめて彼に気持ちに気づいてもらいましょう。

(2)唇のケアをする

『ぷるぷるの唇って女性の特権だとおもうので』(34歳/飲食)

彼がキスをしたいと思っても、彼女の唇がガサガサでは気持ちが萎えてしまいます。
男性は視覚で興奮する生き物なので、キスしてもらいたいときは唇のケアが大切です。
リップクリームはこまめに塗るようにして、唇の潤いを保つようにしましょう。

グロスも効果的ですが、塗り過ぎると逆に引かれてしまうこともあるので、あくまでナチュラルな仕上げを意識してくださいね。

(3)会わない期間を長くする

『ずっとくっついてると一緒にいるありがたみが薄れてキスしようとならないけど、たまに会うとキスしたくなる』(35歳/IT)

彼氏と頻繁に会っていると、2人で会っている時間が当たり前になってしまい、ドキドキ感が失われがち。
そんなときは、わざと会えない時間を作ることで、カップルのマンネリ化を防ぎます。

会えない期間に彼の気持ちはどんどん高まっていき、久しぶりに会ったときにはきっと彼女にキスをしたくてたまらなくなっているハズです。
もちろん、目をじっと見つめるなど女性側からのアピールも欠かさないようにしましょう。

(4)ボディタッチをする

『女性からボディタッチされると、キスしてもいい雰囲気なのかと感じ取れるから』(29歳/営業)

デート中に彼女からボディタッチをされて喜ばない男性は少数派です。
彼氏にキスをしてほしいとき、その気持ちを態度で表すことが大切。

耳元でそっと話しかけたり、肩にもたれかかったりして、彼にキスがしたいことをアピールしましょう。
男性は恋愛に対して案外臆病なところがあるので、こちらから積極的にOKサインを出すように意識してみてください。

(5)2人きりの場所に誘う

『わざわざ2人きりの場所に移動したのにキスしないなんて意味がないと思うから。「人がいないとこに移動しよう」と言われると、女性も期待してるのかと感じる』(34歳/自営業)

男性からキスをさせるように仕向けるには、2人きりになれる場所に移動することも忘れずに。
よほど度胸のある男性でなければ、人目があるところでキスをすることに躊躇があるはずです。

彼氏の部屋やカラオケの個室など、2人きりの場所に移動すれば、彼の方から積極的にキスをしてくれる確率が高まります。


男性からキスをさせるように仕向けるテクニックをご紹介しました。
意外と男性は、自分からキスをすることに対して不安を感じています。

その気持ちを理解してあげ、こちらから「キスしてもいいよ」という気持ちを積極的に伝えてあげるといいでしょう。

●ライター/makirin(恋愛アドバイザー)

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">

注目の記事

このコラム読んでどう思う?

  • いいね (6)
  • うーん (6)

恋愛jpをフォローする