もしかして振り回されてる?“都合のいい女”認定されてないかを見極めるチェックポイント

【相談者:30代女性】
彼とは2年の付き合いになるのですが、付き合った頃より彼の愛情が冷え切っている気がします。
彼への気持ちは変わらないため、全力で彼に尽くしているのですが、もし都合のいい女だと思われていたとしたら……。

都合のいい女だと思われているかどうか見極められる方法ってありますか?

aあなたが満たされない期間が長い恋愛は危険信号です。

ご質問ありがとうございます。
人間観察好きの物書き、ときわひでたかです。

恋愛はお互いのことを想い、相手のために尽くす行為でもあります。
お互いの想いの量が一致していれば、それは理想的な恋愛といえるでしょう。

しかし、どちらか一方の想いが勝っている場合や、相手の気持ちが冷めている場合は、「尽くす」行為を都合のいいように捉えられる可能性があります。

それが露呈すると、「私、何やってんだろ……?」と、冷静に自分を見つめ直してしまう瞬間が訪れることもあるでしょう。
優しさも感謝されるからこそ花開くもの。
優しさに慣れてしまうと、人はそれを自分の都合のいいように利用してしまうケースがあることもお忘れなく。

ここでは、都合のいい女になってしまっているケースを4つのパターンに分けて考えてみました。
実際の男性のインタビューを交えてながらひも解いてみましょう。

(1)何があっても俺から離れないと確信しているパターン

『付き合って5年が経つのですが、彼女は俺から何があっても離れません。それは確信しています。もし俺のもとから離れてしまっても、それはそれで構わないとも考えています。彼女が俺といたいと望んでいるから、俺も一緒にいてあげています』(32歳/営業)

彼の存在に依存している女性の場合、自分のもとから彼がいなくなることに対し、恐怖を感じてしまうこともあるでしょう。
最初は寂しさだったり不安だったりと、明確な理由があったはずですが、気づけば理由もなく彼に依存してしまっている、そんな風に気づく瞬間もあるはずです。

その気持ちを彼に見透かされてしまった場合、都合のいい女になってしまうケースがあります。
どんなことをしても離れて行かない彼女に対し、身勝手な行動に出る男のパターンです。

たとえ浮気したとしても彼女は俺のそばにいる。
そんな自信を彼に植え付けてしまっては、理想の恋愛も辛い毎日に変わってしまうことでしょう。

彼からそんな自信が垣間見えたときには、彼女自身の気持ちをしっかりと伝えるようにしましょう。
胸のうちに秘めた彼への想いが軽んじられるのは悲しいことですから。

(2)最終的に彼女が折れてしまうパターン

『彼女とケンカすることがあっても、最終的に彼女のほうから折れてきますね。毎回、このケンカを最後に彼女とは別れようと決意するのですが、彼女のほうから折れてくるので、そのまま恋愛は継続しています』(29歳/美容師)

彼との交際を続けたいがあまり、何かあったときでも彼女のほうから折れてしまう。
彼に非がある場合でも、彼女のほうから折れる。あまりよくない傾向ですね。

何をしても許されると勘違いした男も、身勝手な行動を取ることが多く、倫理観を逸脱したことをしたとしても、「まぁ、許してくれるだろう」と、気にも留めなくなってしまうことも。

彼を責めていたはずなのに、彼に優しくされると満たされてしまう。
それも女性らしさのひとつですが、彼の悪事を許すほど寛大になる必要はないといえるでしょう。

(3)彼女の優しさが当たり前になっているパターン

『めちゃくちゃ俺に尽くしてくれる彼女。付き合った頃は、その優しさが嬉しかったのですが、今では当たり前に感じていますね。尽くしてくれないことがあると、不満に感じるくらいです。自分でも、彼女の優しさに甘えていることを理解していますし、彼女の優しさを都合よく考えていることも分かっています』(37歳/Webディレクター)

たとえば、コンビニエンスストアは優しさを提供しているわけではなく、あくまで便利さをサービスとして提供しています。
要するに、優しさと便利さは違うということです。

しかしこれが難しいところ。彼が喜ぶことだったらなんだってしてあげたい。
それは優しさからくる行為ですが、受け取る側が貴重だと感じてくれなければ、それは便利さに化けてしまいます。

口がうまい男は、軽い感謝の気持ちも、まるで深い愛情かのように表現できますので、騙されてしまうこともあるでしょう。
なかなか見極めにくいポイントですが、彼が優しさと捉えているか、都合のいい便利さと捉えているかは判断したいところ。

彼の反応や表情、言葉や仕草、それらすべてをしっかりと確かめながら、都合のいい女になっていないか、自分で判断するようにしましょう。
優しさを都合よく利用されていると感じたときは、しっかりとそれを彼に伝えられる勇気も重要です。

(4)何かあったときだけ優しくしてくれるパターン

『そろそろ別の恋人を探したいなぁとは思っています。でも、彼女がいなくなってしまうのは困るので、つなぎ止めている状態。彼女の気持ちが離れないように、彼女が不安になったタイミングだけ、しっかりと優しくしてあげています』(35歳/マーケティング)

彼女を都合よく扱う男の典型的なパターン。
彼女の気持ちが落ち込んでしまったときだけ、特別に優しくしようとする。
「都合のいい女になっているんじゃ?」と不安になった彼女の気持ちを、ものの見事にケアする演技力を持っている男です。

たとえば彼が他の女性と浮気したときでさえ、そんな男は言葉巧みに彼女の気持ちを癒そうとするはず。
また、彼女自身も彼からの優しさに救いを求め、それを感じた瞬間に彼を許してしまう。

そんなことが続けば、男はどんどん身勝手になっていきます。
彼の存在に依存し過ぎていると感じはじめたなら、それを冷静に判断してくれる仲のいい友人に相談するなど、自分以外の意見に耳を傾けるのも有効な手段だといえるでしょう。


優しさが都合よく扱われているというのは悲しい事実です。

それを知ったとき、あなたなら彼にどんな態度を取るでしょうか。
彼から都合のいい女だと思われていることを知っている、知った上で彼と付き合っているという女性も意外に多いもの。
完璧に彼に依存している状態といえるでしょう。

せっかく付き合った彼と別れることは辛いことです。
それを思えば、都合のいい女だとしても彼のそばにいたい。
そんな気持ちもわかりますが、最終的に彼から別れを告げられてしまっては、可憐な気持ちも報われません。

彼からも同等の愛情を受けられるよう、脱・都合のいい女を目指しましょう。

●ライター/ときわひでたか(人間観察専門家)

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">

注目の記事

このコラム読んでどう思う?

  • いいね (0)
  • うーん (3)

恋愛jpをフォローする