「脚を組み替える」がOKサインってマジ?仕草で“女のホンネ”は分かるのか?

こんにちは、恋愛心理パティシエのともです。

“もしも女性の心が読めたなら”と一度は男性も願ったことがあるハズ。
最近の草食系男子の増殖の理由として“傷つくのが嫌”という男性が増えてきた、というのもあるのではないでしょうか。

“当たって砕けたくない”そんな恋愛に対して臆病男子さんでも“女性の仕草”で、もしかしたら女性の本音が読めてしまうかも?
今回は、卑怯と思われようが1mmも傷つきたくない男性のために女性の仕草からわかる本音についてお教えします。

脚を組み替えるのはオッケーのサイン?

“脚を組み替えるのは夜もオッケーよ、というサイン”という都市伝説のようなものは聞いたことがありますが、それは実際本当なのか?
大体の男性が「そんな簡単なワケない」と思っているのではないでしょうか?

ただこれはただの伝説ではなく科学的根拠もちゃんとあるよう。
アメリカのMoor.M.M.博士らが2000時間以上観察した結果で証明されているとのこと。

脚を組み替えることで女性は股間・太もも・脚など性を連想させる女性のボディパーツを男性にさりげなく見せることが可能に。
そしてそれを男性の気を引くためにやっている女性も多いといという結果がでているのです(自分から声をかけたくないから)。

だとすると女性が脚を組み替えれば“今日はオッケー”と思って誘っても大丈夫!という簡単なこと……ではないので注意(汗)。

脚の組み換えは無意識でやっている場合もあり、その場合は相手から身を守るためのブロッキングという心理が働いている仕草。
その上「退屈だ」「イライラしている」という意味もあるようで、同じ動作でも全く逆の意味を持つ“脚の組み換え”。

判断が難しく、あえて言うならポイントは“自分から離れるように脚を組み替えていたらNG”と言ったところでしょうか。
ただやはりこれも高度な見極めが必要とするよう。

女性は初対面でなんて声をかけられたい?

最近は相席居酒屋も増えてきましたし、出会いを求めれば初対面の女性にいきなり話しかけるシーンは多いもの。
手ごたえが悪いとつい男性は焦りからか、何とか記憶に残したいと笑いに走り「ねえ、今から富士山登らない?」とか「遊んでくれる相手がいない。ウサギは寂しいと死ぬって話知ってる?」等々、完全にスベるかクサいセリフに走ってしまいがち。

確かにこの方法は少数の女性に対しては友好的ではあるのですがCunninghamという研究者によっても支持されたのは「調子はどう?」との、率直でもなく意味もない社交辞令的な言葉が初対面で声をかける時には効果的でした。
「あなたとお話したい」「飲みたい」という率直すぎる言葉は2番目であり、ワーストが奇をてらう誘い文句とのこと。

初対面の相手と話すこと自体が女性にとっては緊張することでもあり、だからこそ第一声は安心できるベタなものが支持されるというワケ。
ただKleinkeらの研究では“社交辞令も効果的”とも証明されているので「綺麗ですね」と伝えることもベタですが有効ではあるようです。

社交辞令じゃなくて素直な気持ちで女性としては言われたいものですけどね。

仕草で本当に女性の心がわかるの?

“ボディジランゲージ”との言葉があるように、無意識の仕草で相手が考えていることがわかるのも事実ではあります。
しかし!ルードヴィッヒ・ポルツマン都市行動学研究所の研究者たちの研究報告において“女性はあからさまな拒否サインを発しない”という事実がわかったということ。

つまり、拒否のサインと言われている、腕を組む・体をそらす・猫背になるのような仕草は男性は無意識のうちにしているものですが、女性の場合はそうでもないとのこと。

それは女性心理に置いては、人との親密な関係を軸とし、礼儀正しさを大切にするようにしつけられているから。
だからどんなに嫌な相手でも、相手を嫌がっている素振りを見せないように極力努力するということですね。

その上男性は女性の嫌がっている雰囲気を読み取る能力が女性のそれより下手な傾向があります。
女性側から見ると明らかに脈ナシな素振りの女なのに、男側は脈アリと勘違いして一生懸命になっているなんてよく見る光景。
男性のボディランゲージから心理を読み取るのはそうそう難しくないようですが、女性の場合は難しいのです。


結論としては「仕草のみで女性の考えていることは残念ながらわかりづらい」ということ。
1mmも傷つかず恋愛するのは無理のようですね(泣)

ただ初対面では正攻法がベストのようなので、とりあえず最初に声をかける時は“万人ウケ”を目指せば確率は少し上がるのかもしれません。

【参考文献】
『ドリルで学ぶ恋愛心理学』伊藤明・著(扶桑社SPA!文庫)

●ライター/とも(恋愛心理パティシエ)

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">

注目の記事

このコラム読んでどう思う?

  • いいね (0)
  • うーん (0)

恋愛jpをフォローする