別れたがる夫! 離婚を回避するための方法4つ

【相談者:30代女性】
「お前といても心が安らがないから離婚してくれ」と、夫が突然家を出て行ってしまいました。確かに、家事も手抜きして夫をないがしろにしていました。でも夫を愛しているのです。離婚を回避し、復縁するにはどうしたら良いでしょうか?

復縁成就のキーワードは「忍耐と謝罪」「しおらしい姿勢」

初めまして! 復縁成就専門家のHirokoです。

妻が夫に愛想を尽かして離婚を切り出した場合は、元サヤに戻るのは非常に難しいことです。しかし逆の場合は、方法さえ間違えなければ元サヤに戻る確率がかなり高くなります。

これまでも、私の鑑定によるアドバイスによって、ご相談者を数多く復縁に導いてきました。

以下が、元サヤに戻る4つの法則です。是非、実戦してみてください。

ただし、書類上で婚姻関係を結んだカップルに効く方法なので、あしからず。

(1)夫を追いかけずに、待ちの姿勢に徹する

これはあくまで、物理的な距離を置くということです。夫の前に姿を見せてしまうと、相手はあなたから一層逃げたい気持ちになってしまいます。

(2)物理的な距離を置いた上で、謝罪のメールや手紙を送る

なるべく早く、メールか手紙を送ってください。

「私がワガママで、ひどいことしてしまった」
「あなたの優しさに甘えて、調子に乗ってしまった私が悪い」
「努力するので、もう1度だけチャンスがほしい」

……など、相手の非を責める言葉は一切書かず、平身低頭の姿勢を貫いてください。

相手に無視されても構いません。その後も頻繁ではなく、数ヶ月に一度のペースで、手紙で謝罪をした方が良いのですが、直接ではなく夫の家族や共通の知人に渡してもらうようにしましょう。

(3)どんな時も、ただひたすら謙虚な姿勢で

調停に持ち込まれた場合でも、態度を改め、相手のために尽くしたいという真摯な姿勢を押し出します。夫に悪口を暴露されても「私が悪いので、言われて当然です」と、下手に出ましょう。これは、夫の家族や親族の前でも同じです。悔しくても激高したり、反論するのは絶対にご法度ですよ。

基本的に家庭裁判所の調停委員は、夫婦を復縁させる方向に持っていこうとしますから、あなたがひたすら謝って謙虚な姿勢に徹していると、最初は妻に対して批判的だった夫の家族や調停委員が味方になってくれ、復縁の方向に向かいやすくなります。

(4)ひたむきに一生懸命、生きる

別居中は、夫の力を借りずにひたむきに仕事をし、しっかりと生活をしていることをさり気なくアピールしてください。夫と妻の共通の知人や友人、または夫側の家族などが、ひたむきに頑張るあなたのことを夫に伝えてくれる可能性が大だからです。

男は、女の健気な姿に弱いですから、段々と心を動かされていくでしょう。


以上の4つの法則に則って、少なくとも半年間(1年以上かかる場合もあり)は、謙虚でしおらしい姿をアピールし続けると、たいていの夫は「何で離婚しないんだよ」と妻にコミュニケーションを求めてくるようになります。

こうなれば、復縁に向けて良い波が訪れたと確信しても良いでしょう。

時には、夫から言いがかりをつけられることもあるかもしれませんが、それには決して乗らずひたすら謝り続け、低姿勢を保ち続けて下さいね。

男性は女性に比べると、根負けしやすいので、とにかく忍耐と謝罪、しおらしい態度を長期間に渡って取り続けていると、かなりの確率で復縁が叶います。

私の過去のご相談者様の中にも、復縁してからマイホームを建て、子供も生まれて幸せに暮らしていらっしゃる方がたくさんいらっしゃいます。頑張って下さい!

●ライター/Hiroko(復縁成就専門家)

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">

注目の記事

このコラム読んでどう思う?

  • いいね (5)
  • うーん (0)
data-ad-region="2"> data-ad-region="2">

恋愛jpをフォローする