ラブラブなのに何故? 草食男子な彼氏が結婚したがらない理由

【相談者:20代女性】
私は来年で30歳になります。彼も同い年で、同級生がどんどん結婚していくんですが、彼はちっとも「結婚しよう」と私に言ってくれません。「いつかは君と結婚したい」とは言ってくれますし、ラブラブな方だと思います。おとなしい草食系の彼は、なぜ結婚したがらないのでしょうか?

a シマウマは年中、草をはむのが仕事ですが、それが何か?

こんにちは。ミクノトモです。

もうすぐ30歳で、同級生がどんどん結婚していくと、たしかに結婚を焦りますよね。人生は長いし、結婚生活は忍耐と退屈の連続なので、そう焦ることもないと思いますが……でも、焦りますよね。

草食系の彼が結婚したがらない理由

草食系の彼が結婚したがらない理由は簡単で「シマウマは来る日も来る日も、草をはむのが仕事だから」です。それに対して、肉食系の動物……たとえばライオンは、人間で言えば、精力も強く、色んなものをぶっぱなしたいから、しっかりと働き、彼女をよく愛し、子沢山ってことでしょう。

男がシマウマでいい理由

ご相談の文面から「私の彼氏にも肉食系っぽくなってほしいな」というあなたの願望が読み取れますが、ライオンってそんなに魅力的ですか?

ライオンって、シマウマが移動するほうに「ついていかないと」食いっぱぐれる生きものです。

つまりハントする相手との距離を絶えず気にしておかないと、大草原の誰もいない場所で「オレは肉食系だ!」って威張ったところで、お腹がすいたら飢え死にするでしょってこと。肉食系男子は、絶えず日和見的に、女性や仕事との距離感を気にしながら(小心に)生きているのが実態。

それに対し、草食系のシマウマ君は(あなたの彼ですね)マイペースでどっしりと構えて、好きな草が生える場所に鼻歌まじりに移動しているってことです。こう考えると、オンナのケツを追いかける肉食系男子って、さほど魅力的じゃないでしょ?

シマウマもいつかは結婚するってことです

そんな鼻歌まじりのシマウマもいつかは結婚します。シマウマが絶滅していないのを見て分かる通り、シマウマだってすることして子孫を残します。

その昔、「お尻だって洗って欲しい」というウオッシュレットのキャッチコピーがありましたが、「シマウマだってしたい!」のです。あなたが結婚に焦っているのに対し、彼は「マイペース」で「おとなしい」のかもしれませんが、ここはひとつ、彼のペースでのんびりやればどうですかね? 男っていつまでも子作りしないとか、そういうの無理な生き物なんです。シマウマがしたがっている時に、「いいよ」って言って、ノーヘルで子作りしちゃえばいいでしょう。

世の中では、「草食系男子は結婚したがらない」って言われていますが、肉食系男子に比べて、ちょっと鼻歌を余分に歌いたいだけで、ひとたび生殖本能が芽生えたら、結婚にまっしぐらってのは、肉食も草食もおなじです。猫、カルカン、まっしぐら……みたいな「本能」って、全員の男が持っています。

急ぐなら子作りしてください。急がないなら、彼と一緒にハミングしましょう。

●ライター/ミクノトモ(コミュニケーションデザイン専門家)

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">

注目の記事

このコラム読んでどう思う?

  • いいね (2)
  • うーん (0)
data-ad-region="2"> data-ad-region="2">

恋愛jpをフォローする