彼女でも“汚いもの”はムリ!潔癖症オトコの悲痛なホンネとは…?

【相談者:20代女性】
私の彼はすごく潔癖症です。
私が使っている食器を共有するのも嫌がるくらい。
こんな潔癖症の人と付き合っていると、後々息が詰まりそうで心配です。

こんな潔癖症なのって、うちの彼氏だけでしょうか?

a男も意外と潔癖症!でも、年齢とともに鈍感になるもの。

ご質問ありがとうございます。
人間観察好きの物書き、ときわひでたかです。

男なら、いちいち小さいことを気にせず、ドシッと構えていて欲しいもの。
女子がそんな風に望んだとしても、中には神経質で潔癖症な男もいます。
女子よりも過剰に意識している男がいるのも事実です。

ここでは、実際に、自分が潔癖症だと感じている男子たちにインタビューしてきました。
ご覧いただければ分かる通り、男も意外と細かいことを気にする潔癖症。
女子からすると、こんな器の小さな男は嫌だと感じるかも知れませんが、こういう男もたくさんいます。

好きな女子や彼女の前では、潔癖症を隠しているケースもあります。
自分の潔癖症を知られてしまうと、相手から嫌われそう。
そう感じれば、誰だって隠すもの。
「自分の彼氏は大丈夫!」と思っていても、意外と潔癖症を隠していたりするんです。

でも、安心してください。
年齢を重ねれば重ねるほど、人はどんどん鈍感になっていく。
若い頃だったら気になって仕方がないことも、年を取れば、まったく気にならなくなったりするものです。
鈍感になれば潔癖症だって、自然と薄れて行くことでしょう。

それでは、潔癖症男子たちの本音をご覧ください。

(1)他人が使っている物に潔癖症パターン

『他の社員が使っているパソコンのキーボードとかマウスとか、なんかベタベタしていて使いたくないです』(26歳/事務)

友だちが隣でスマホで電話している場面。電話の向こうの相手が「僕に変わって」と言って、こっちにスマホを渡してくることありますよね?顔には出しませんが、実は液晶についた皮脂のベタベタが、めちゃくちゃ嫌いです。』(30歳/薬剤師)

『他人の車を運転するのが嫌いです。運転中って、手に汗をかくこと多いじゃないですか。ということは車の持ち主の汗がベッタリ染み込んだハンドルですよ?絶対に握りたくないですね』(29歳/飲食店)

『一般的に、中古品と呼ばれているものは、一切受けつけませんね。古着だろうが古本だろうが、他人が使っていたものを使うなんて考えられません』(26歳/サービス)

(2)公共の物に潔癖症パターン

『電車の吊革とか、エレベーターのボタンとか、とにかく公共のものに触れた後は、すぐにトイレに入って手を洗います』(29歳/飲食)

『飲食店で出されるグラスが気になって仕方がありません。席に座って、まず出してもらう水。あのグラスでさえ気になります。よく見ると、女性の口紅の跡が残っていたりして、かなり不衛生ですよ。食洗機で大雑把に洗うだけじゃ、汚れは完全に落ちませんからね』(28歳/経理)

『電車内の悪臭が苦手です。男性の体臭とか、ニンニクを食べたあとの口臭とか、タバコのヤニのにおい。そんな悪臭が入り交じったあの空間の中では、鼻息を止め、常に口で息をするようにしています』(25歳/営業)

(3)トイレで潔癖症パターン

『家以外の場所では、トイレの「大」ができません。落ち着かないって理由もありますが、そもそも衛生的にNGです』(30歳/Webデザイナー)

『公衆トイレの便座は、徹底的にキレイに拭いてから座ります。誰が座ってるかも分からない場所に、平気で座るなんてできませんね』(29歳/経理)

『男子トイレって、小便器がズラッと並んでいて、背中側が扉になっていて、扉の向こうに大便器があるのが一般的ですよね。僕は誰かが大便をしている最中に、同じ空間の中にいながら、小便することができません』(25歳/クリエイター)

(4)食べ物・飲み物に潔癖症パターン

『たとえ彼女でも、食べ残したものを代わりに食べてあげることができません。他人が食べた残りものなんて、みんなよく食べられますね』(27歳/美容師)

『他人が飲んだペットボトルに口をつけて飲むのが無理です。友人だろうが彼女だろうが関係なく無理ですね』(25歳/SE)

『自分が食べているものを「これ、ウマイよ! ひと口食べてみる?」と、勧めてくる奴がいますが無理です。それを食べるくらいだったら、新品のやつ自分で頼むからって、断ることができれば理想的なんですけどねぇ』(28歳/営業)


こんな男たちとは付き合いたくない、そんな風に感じたかも知れませんね。
しかしこれが男の現実であり、男の本音なのです。

男らしくリードしてくれるタイプの男子が好きな女子も多いことでしょう。
たしかに、そういったタイプの男子は、潔癖症じゃないケースが多いのも事実。
だからと言って、潔癖症男子がダメかと言うと、そうではありません。

小さなことを気にする性格は、細かい気配りや、ちょっとした優しさを忘れない性格でもあるのです。
大胆な性格の男じゃ気づかないような細かな部分まで、しっかりと気配りしてくれたりするもの。

潔癖症にばかり目が行きがちですが、そんな細やかな配慮ができる長所にも目を向けてみれば、潔癖症男子の見方も変わってくるのではないでしょうか。

●ライター/ときわひでたか(人間観察専門家)

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">

注目の記事

このコラム読んでどう思う?

  • いいね (1)
  • うーん (0)

恋愛jpをフォローする