後悔なんてしたくない!独身女性が今すぐできる“親孝行”5つ

5月14日は母の日。
お世話になった両親のためにも親孝行したいですよね。
女性にとっての親孝行は結婚して子どもを産むこと、と考える人もいるかもしれませんが、中には一生独身を決めた女性もいると思います。

そこで今回は、独身女性が今すぐできる親孝行についてまとめました。

(1)実家に帰る

『家族全員揃うと賑やかになりますね、家族でご飯を食べられる数少ない機会なので嬉しいです』(52歳/主婦)

実家を離れて暮らしている女性ならば、帰省するのが一番の親孝行です。
普段はなかなか会えない娘が帰ってくるとなれば、両親は大喜びすること間違いなしです。
結婚や将来のことなど、いろいろと小言を言ってくるかもしれませんが、娘の元気そうな姿を見られればそれだけで満足するはずです。

仕事が忙しくて長い間両親に会えていないのであれば、帰省を考えてみてはいかがでしょうか。

(2)幸せなことを伝える

『普段会えないので、ちゃんと生活できているかというのは心配です。電話でもメールでもなんでもいいので近況を教えてくれたら安心します』(58歳/教師)

直接会えないのであれば写真を送ったり電話したりして、幸せに暮らしていることを伝えましょう。
親はいつでも子どもの幸せを願っているものです。
彼氏がいるなら彼氏とのツーショット写真を送ったり、仕事が充実しているならそのことを話してみましょう。

幸せに暮らしていることを伝えるだけでも十分な親孝行になるはずです。

(3)テレビ電話をする

『顔が見えると安心しますね。一度使ってみると、テレビ電話っていいなと思います』(53歳/主婦)

テレビ電話をして顔を見せるだけでも親孝行になります。
声だけで話すよりも表情を見ながら話した方が、両親も喜んでくれるはずです。
今の時代、パソコンかスマホかタブレット端末があれば簡単にテレビ電話ができます。

両親がどれも持っていない場合や使いこなせない場合は、プレゼントして使い方を教えてあげてください。
それも一つの親孝行になるはずです。

(4)プレゼントを贈る

『子どもからもらうプレゼントなら、何でも嬉しいに決まってます』(61歳/自営業)

無難な親孝行ですが、プレゼントを贈られて喜ばない人はいません。
両親が好きな食べ物や趣味に関連したものなどを贈るときっと喜んでくれるはずです。
事前に最近食べておいしかったものや凝っていることをそれとなく聞いておきましょう。

また、手紙を書いて感謝の言葉を付け加えると、さらに喜ばれるはずです。

(5)一緒にお出かけ

『大人になった娘とお出かけするのは、また違った感覚です。子どもの成長をこういう形で見れるのは嬉しいし、楽しいですね』(49歳/主婦)

大人になって両親とどこにも行っていないのであれば、一緒に観光地などに出かけてみてはいかがでしょうか。
娘とのんびり過ごす時間は両親にとってかけがえのない思い出となるはずです。

遠出の旅行でも近場の日帰り旅行でもいいですが、両親の体力を考慮してゆとりのある計画を立ててあげてくださいね。


当然のことですが、親孝行は親がいないとできません。
今は元気に生活しているかもしれませんが、いつ体調を崩して入院するかわかりません。

両親がいなくなった後に後悔しないように、元気なうちに親孝行してあげてくださいね。

(文/恋愛jp編集部)

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">

注目の記事

このコラム読んでどう思う?

  • いいね (0)
  • うーん (0)
data-ad-region="2"> data-ad-region="2">

恋愛jpをフォローする