表情が見えなくても“脈あり”度が伝わる!! 男性が好きな女性に送るLINE4パターン

こんにちは、恋愛心理パティシエのともです。

今やコミュニケーションのツールに欠かせないのがLINE。
お互い軽いノリで連絡先交換もできるため恋愛のシーンにおいても優れモノであります。

しかし問題は連絡先を交換した後!
LINEは“文字やスタンプのやり取り“だけであるので、相手の表情や声の抑揚を感じられず“自分のこと好きなのかどうか”は判断しづらいものなのです。

そこで今回は、男性が気がある女性にだけに送るLINEの特徴をリサーチしてみました。

(1)相手からLINEを送ってくれる

『好きな女にはLINEを自分から送る。用事がなくても何かにつけて送る。とにかくLINEが俺から来るのを相手にとって習慣と思わせるところから勝負は始まっている』(20代/研究職)

これは基本中の基本。
好意がある相手には自分からアクションを仕掛けますよね。
逆にいつも自分ばかりLINEを送っているのであれば、それは相手はあまり自分に気がないと思った方がよさそうです。

ただあまりにもLINEの量が多い場合は、こちら側の都合を無視しているということ。
気があるというより、暇つぶしに使われていることや都合のいい女にしたいという場合もあるので注意は必要。

(2)返信しやすい内容で返してくれる

『面倒な相手にはとにかく?をつけて返さない。淡々と相手の聞いてくることにほぼ単語のみで答えるだけにしている』(30代/公務員)

こちらからLINEを送ってもそれに対する返事だけで、会話のやり取りが続かない。
この場合は相手は“早く終わらせたい”と思っている場合があるので気があるかどうかは微妙なところ。

例えば「○○くんの好きな映画なに?」と聞いた場合「俺は○○。」と答えてオシマイだとすると気があるかないかで言えば、今のところは気がない、というところでしょう。
そこで「俺は○○。~ちゃんは何が好きなの?」と聞き返してくれれば好感触。

ただ、もしやり取りが続かない場合も自分から「その映画興味がある!どんなの?」と話を広げようとして「コイツとLINEしていると楽しい」と思わせれば次に繋げられます、諦めてはいけません。

(3)LINEを終わらせようとしない

『LINEを終わらせちゃうと明日の楽しみがなくなるから、わざと夜の彼女からの返信は未読のままとっといて明日の朝返信する。そうすると毎日理由なく連絡できる』(30代/商社)

一日の終わりに送ったLINEに返事が返ってこないと、女性側は傷つきがちですが、これは実は脈ありのサイン。
最後に“おやすみ”のニュアンスを含むスタンプを送り返してくる方がもう終わらせたいと気がない場合が多いのです。

途中で何も言わず終わらせる理由は明日もLINEを続けたいから。
中途半端なところで終わらせれば、明日もまた続きで会話することができますよね。

決して気がないワケではなく、むしろ大いに気があるということなのです。

(4)すぐに返信を返してくれる

『やっぱり好きな子からのLINEはすぐに返したい。忙しくても無理してでも早く返す。でもそれは裏を返せば実は俺も返信を早く返して欲しいから……。遅いと不安にさせられる』(20代/会社員)

これは相手を落とす前に限るのですが、捕まえたいと思う女性には男性は猛烈アプローチをしてくるもの。
LINEを送ったら即効返ってくるのはかなり気があると思ってもいいでしょう。

ただ、その後のやり取りは全く続かないのであれば何も考えず面倒くさいから即効返すという可能性もあるので、相手のテンションは見極めましょうね。


一概に“これは絶対に気がある”とは言えませんが、やはり相手のテンションが高いというのは気がある確固たる証拠。

ただ少数派かもしれませんが傷つくのがこわくてわざとLINEを自分からは送らなかったり、テンション低めで返してくる男性もいるので、そこは女性側がリードする姿勢で頑張ってあげましょう。

そして男性は最初は頑張りますが、付き合ってしまうと普通のテンションになってまうのでLINEは滞りがちに……。
でもそれも最初が異常だっただけであり、今の状態が普通なのです。

長く続けられる関係にするためにも、あまり気にせず「ああ仕事が忙しいんだろうな」と思うようにしましょう。

●ライター/とも(恋愛心理パティシエ)

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">

注目の記事

このコラム読んでどう思う?

  • いいね (3)
  • うーん (1)
data-ad-region="2"> data-ad-region="2">

恋愛jpをフォローする