思い出は美化される!元カノの写真を見返すオトコ達の本音3つ

プライベート大学恋愛学部のユウキです。

恋愛の思い出を「女性は上書き保存」「男性は名前をつけて保存」するって、よく言いますよね。
女性は新しい恋が始まると、「元カレのことを覚えていても仕方がない」とさっぱり忘れます。
一方、男性は元カノの写真や思い出を残して、時々見返すという話を友人たちから聞くことができました。

今回は、男性が元カノとの思い出をどのように取り扱っているかについてお話しします。

(1)「なぜか美化される過去の思い出」

『歴代彼女のことをたまに思い出します。』(28歳/マーティング)

男友達と話していて、「恋愛に対して女性のどの部分を重視する?」と尋ねた際に、中学生の頃から変わらず「ビジュアル」と答える社会人は多いです。

男性の方が惚れっぽく、単純
それゆえに付き合ったこと、デートできたこと自体を嬉しく感じる人も多く、“あの子と付き合った”と誇らしげに言う人が多いです。

そして、別れたあとも思い出を振り返り、あの恋愛は良かったと寂しがりながらもどこか嬉しそうに語る姿を見掛けます。

(2)「消せない写真、残された思い出」

『2人で撮った写真や元カノの可愛い写真を消せません。』(24歳/営業)

周りの友人で婚約をして、いざ同棲!というときに、引っ越し中の段ボールから元カノの写真が出てきた友人がいました。
聞くだけでも恐ろしい話ですが、実際に写真や思い出を残している男性が多いようです。

過去を誇らしげに言う人が多く、パソコンや携帯電話の中に保存して、見返せるようにしている人もいます。

(3)「今に集中してもらうために」

『元カノの居心地の良さを思い出してしまうことがある。』(24歳/薬剤師)

男性はちょっとの可能性にも流されやすい生き物です。
元カノが連絡してきたり、良いなと思っている子から連絡がきたりすると、自分に好意があるのでは?と勘違いをしてしまいます。

しかし今カノに夢中になると、他が見れなくなるという視野の狭さも持ち合わせています。
ですので少し押したり、引いたりすることで、マンネリ化を防ぎましょう。


周りの男性陣で、「別れたら、次に行こう!」とスパッと切り替えられている人をあまり見掛けません。
何かしら思い出に浸ったり、嘆いたり、清算をすることに時間が掛かるようです。

また時間が経ってから、元カノに連絡を入れてしまうこともあります。
美化される思い出に対抗できるのは、今をとことん楽しむ姿勢かもしれません。

●ライター/ユウキ(プライベート大学恋愛学部教授)

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">

注目の記事

このコラム読んでどう思う?

  • いいね (1)
  • うーん (2)

恋愛jpをフォローする