あなたの周りには生息してる?「○○系ビッチ」5選

ビッチとは、一時の快楽や金銭のために、男性と簡単に身体の関係を持ってしまう女性のことを言います。
そして、ビッチと呼ばれる女性にも様々なタイプが存在しています。
今回は、そんな“○○系ビッチ”の種類をいくつかご紹介いたします。

(1)清楚系ビッチ

『大人しそうに見えて実は……って子は意外といるな~と思う。以前、会社のほとんどの男と関係をもってた女性がいたが、見た目はめちゃくちゃ清楚でそんなことしそうにない子だった』(26歳/営業)

清楚系ビッチとは、“隠れビッチ”の代表のような存在。
その名の通り、見た目は清楚に見えるのに、実際は貞操観念が低い女性のことを呼びます。

髪は黒髪(もしくは明るすぎない茶髪)で、服装もスカートやワンピースなど女性らしいものを好みます。
しかし、その大人しそうな見た目とは違い、合コン等に積極的に出向き男性を漁ります。
スキンシップなどのアプローチが得意で、そのテクニックにコロッと落ちてしまう男性も少なくありません。

見た目に騙されるな!“清楚系ビッチ”の外見&内面の特徴12選

(2)受動的ビッチ

『「誘われると断れないから……」と言いながら、5股くらいしてる女友達。悪い子じゃないんだけど、ぶっ飛んでるなと思います(笑)話をちょっと聞くことがあったが、多分その5人にも遊ばれてるんだと思う』(25歳/フリーター)

受動的ビッチは、その名の通り自分から動くことはありません。
ですが、男性から言い寄られた場合は、好みじゃなくてもキッパリと断ることをせず何となく付き合ってしまいます。

能動的なビッチのように、自分から積極的に男性を漁ることはしませんが、相手からアプローチされると断れない八方美人タイプと言えます。

(3)メンヘラ系ビッチ

『メンヘラのビッチ率はかなり高いと思ってる。精神的にも肉体的にもつながってないとイヤ的なことをSNSにツイートしてる知りあいがいますね』(30歳/建設)

メンヘラ系ビッチは、清楚系ビッチに一見似ています。
しかし、清楚系ビッチとは違い自分に自信が無く、依存する対象を常に探しているのがメンヘラ系ビッチです。
メンタルが不安定なので精神的に自立できず、男性に頼ることでその不安を解消しようとしています。

男性から別れを告げようとすると、「何で私じゃダメなの!?」と泣きわめいて最悪自傷行為に発展することも……。
しかし、本当にその人を心から愛しているわけでは無いので、次の相手が出来ると今までの取り乱し方が嘘のようにまた次の相手に依存します。

(4)サバサバ系ビッチ

『好きになりかけた子がこれでした。体の関係からはじまったものの、自分は純粋に好きになりかけてました。デートに誘ったら「そういう関係の人は求めてない」と言われてしまった経験があります(笑)』(28歳/飲食)

サバサバ系ビッチは、受動的ビッチやメンヘラ系ビッチとは違い、恋愛に対して男性的でドライな考え方をしているのが特徴です。
このタイプの女性は、1人の男性に縛られず、自由な恋愛を楽しみたいと思っています。

ですので、色々な男性と一夜限りの営みを繰り返すのです。

(5)マネー系ビッチ

『パパ活とかやってる女子はだいたいコレ。オジサンの顔が諭吉に見えてくるらしいですよ、恐ろしい……』(38歳/経営コンサルタント)

自身の貞操よりも、お金を優先してセックスをするのがマネー系ビッチ。
例えば奢ってもらえるからと、金銭のために男性に簡単に身体を許してしまうような女性のことを言います。

「おじさんと食事で2万円」手取り13万の貧困女子が選んだ“パパ活”という生き方


ビッチと呼ばれる女性にも、様々なタイプの人がいます。
貴方の周りにも、こんな○○系ビッチはいませんか?

●ライター/makirin(恋愛アドバイザー)

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">

注目の記事

このコラム読んでどう思う?

  • いいね (14)
  • うーん (7)

恋愛jpをフォローする