「やばい……キスしたい!」男性がキスしたくてたまらない瞬間4選

こんにちは、恋愛心理パティシエのともです。

女性は“夜の方よりもキスの方が好き”という人も多いのは?

キスの方がより愛を感じられる……逆にどんなに夜が激しくても、キスを全くしてくれない男性は“私のこと愛してくれていないのかも?”という不安が拭えないというのも女性というもの。

そこで好きな人にキスしてもらうべく、男性がキスしたくなる瞬間をリサーチしてみました。

男性に聞いた!キスしてたまらない4つの瞬間

(1)愛しい時

『仕事で辛い時に全然会えなくて、死にそうになっていたら「無理しないでね」とのLINEが送ってきた。彼女も我慢しているだろうし、もうすぐに仕事をほったらかしてキスしに会いにいきたいという衝動にかられまくった』(20代男性/SE)

男性が女性のこと“愛おしい!”思うとキスしたくなる衝動にかられるようです。
そのためにはいつも見た目のかわいさもそうですが“かわいげ”を残しておくのは大切なこと。

相手がデートに遅刻してしまった時でも「楽しみにしてたのに!ひどい!」と怒るのではなく「あー、遅かったから何かあったんじゃないか心配した」と、いつでも思いやりを持って接することが“かわいげ”につながるのです。

かわいげがない女性はプライドが高い傾向が強く“自分が不当に扱われたことに”ということに敏感に反応してしまいます。
それではキスしたい女にはなれないのです。

(2)距離感が近く、ひと気がない時

『女性っていい匂いがするから至近距離になるとキスしたくなる。その上「あ、こんなところにホクロがある」なんて顔まで近づけてきたら瞬殺。これで暗くて周りに人がいない時だったら「マジ、我慢できないからキスしていい?」って聞いちゃいそう』(30代男性/会社員)

キスしたいと思わせるためには“いい匂い”も重要なようですね。
また夜の公園でベンチに二人で座っていたり、終電後の時間帯の夜の道、また映画館等、“暗さ”ってキスしたくなるには必要な環境。

キスって顔を近づけるので案外恥ずかしいものですが、暗ければその恥ずかしさも払拭してくれます。
だからこそ暗闇×至近距離であれば、環境としてはベスト中のベスト。

ここでキスされなければ脈ナシまたは根性ナシというところでしょう。

(3)別れ際

『デートの後、しばらく会えないと思うとやっぱり最後はキスで終わりたい。そうするといい思い出として次のデートにつながる』(30代男性/美容師)

“別れ際にキスしたい”と思うのは女性は特にそうかもしれません。
でも自分からはなかなかいけないので、男性側からしてくれると記憶に鮮明に残るものになります。

別れ際にキスしたくなるのは“まだ一緒にいたい”“離れたくない”という心理から。
名残惜しい気持ちが最後の別れ際のキス、につながるというワケ。

終わりよければすべてよし、とも言いますし、別れ際にキスされることによってその日のデートでどんなに嫌なことがあっても忘れさせてしまう効果も。
また特に遠距離の場合、キスすることは会えない時間の愛を確認し合え、お互い安心感を感じられる大切な行為。

遠距離恋愛の場合は、別れ際のキスは周りに人がいて恥ずかしかったとしても不可欠なものだとは思います。

(4)飲んでいる時

『飲み会の帰りとか、酒のせいで無性にキスしたくなり彼女に電話して「キスしたい」と呼び出す時もある。相手は面倒くさいと言っているが、まんざらでもなさそう…(笑)』(20代男性/営業)

お酒は解放感を感じさせてくれます。
酔っぱらうとついつい好きな人に電話したくなったり、キスしたくなったりするのもお酒の力が自制心を取り除いてくれるからでしょう。

もちろん男性だって相手が誰でもいいワケではなくて、好きだからこそしたくなるキスだから邪険にしてはいけません。

「本気」か「遊び」か?男性から“お酒の勢い”でキスされたときの対処法と判断方法


キスすることによって二人の絆はより深まります。
どうしてもキスしちゃいたくなる女、になるために愛おしくなれるような女性をまずは目指してみましょう。

●ライター/とも(恋愛心理パティシエ)

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">

注目の記事

このコラム読んでどう思う?

  • いいね (149)
  • うーん (151)

恋愛jpをフォローする