意外と楽しい…!? パターン別“地雷系高学歴男子”との上手な付き合い方

こんにちは。みずゆきりんです。

高学歴男子というのは、競争率が高いもの。いいな……と思った人には、みんな彼女がいます。
前回、マザコンは治る!というお話しをしましたね。
しかし今回は、もうどうしようもない「地雷系高学歴男子」とお付き合いする方法をご紹介!
「地雷系!?そんな人と付き合いたくない!」と思う人が大半でしょうが、性質を理解すれば、案外付き合えるものです。
また地雷系男子は、その名の通り「地雷」なので、競争率は高くありません。
まさに狙い目なのです。

地雷系高学歴男子

パターン1:趣味とのバランスがうまくいかないタイプ

国立大薬学部を卒業し、研究職に就いたAくん。
大学時代、何人か彼女は出来たけれど、いつも1か月未満で別れて続かない。
別れた理由は、自分の趣味の時間を優先したいのに会いたがる彼女の存在が鬱陶しく、すぐ飽きてしまうからだそう。
「女は面倒くさい」という固定観念が出来上がっているので、就職後も積極的に恋人を作ろうとはしない。

これは高学歴男子によくありがちなパターン。
高学歴男子は、趣味でも何でもその道を究めようとする人が多いので、オタク気質な人が多いのです。

こういった男子と付き合うためにはズバリ、「同じ趣味をもつ、そして真剣に取り組む」ことが大切。

「女は面倒くさい」といった固定観念が出来上がっている人に対して「良かったら今度お茶でも……」なんて誘ってもダメです。
「はぁ、まぁ機会があれば……」と流されてしまうのがオチです。
しかし、趣味の話題で話しかけることによって、興味をもって貰える確率がグン!と上がります。

ただ、注意点がひとつ。オタク気質の人が一番嫌うのが「ニワカ」
彼を誘い出す目的のためだけに、ちょこっと趣味に関する話題を学んだところで無駄です。
なぜなら、「コイツ、話しを合わせようとしているだけだな……」と、一瞬でバレるから。
だからこそお遊びではなく、本気で彼と同じ趣味にハマることが大切なのです。

例えば、ゲームが趣味の彼だったとしましょう。
彼が休日、1日に10時間ゲームをしているとします。
ゲームが趣味ではない彼女だと「私との時間も取って欲しい……」と拗ねたくなるところ。
しかし自分もゲームを趣味にすると、なんと1日10時間も一緒にふたりで遊べる(同じ空間にいれる)というわけです。

パターン2:ネット弁慶

東大を卒業し、メーカーに勤務しているBくん。
彼女いない歴=年齢。
職場も男性が多い職場なので出会いはなし。
休日は自宅でTwitter。

リアルではなかなか出会いがないので、人との関わりはネット上がメイン。
しかし、リアルではとても大人しい性格なのにもかかわらずネット上になると、急に饒舌。
上から目線で人にアドバイスをし、暴言を吐く。

当然ネット上で仲良くしてくれる人はなく、まさに地雷。

これは、就職が思ったように上手くいかなかった高学歴男子に多いパターン。
コミュニケーション能力が著しく低く、「勉強は出来るのにね……」と陰口を叩かれるタイプです。

こういった男子と付き合うためには、ズバリ「笑顔で話しかける」こと。

コミュニケーション能力が著しく低く、女性慣れしていない人が多いのが彼らの特徴。
そのため、笑顔で話しかけてもまずは警戒され、しばらくは冷たいと思います。

が、その程度でめげてはいけません。100回でも200回でも笑顔で話しかけるのです。
しかし、話しかける以上のことをしてはいけません。
そうすると一気にまた警戒されてしまい、一からやり直しになります。

また、いざお付き合いが出来たところで、ネット弁慶はなかなか治りません。
だから、ネット上の彼とはあまり関わらないこと。
リアルが充実してくれば、自然とネットで暴言は吐かなくなります。
それまでは我慢しましょう。


いかがでしょうか。
地雷系高学歴男子、意外に付き合えそうな感じがしませんか?

相手が変わらなければ、自分が変わる。
相手が極度に警戒しているようであれば、その壁を自分で壊す。

高学歴男子と付き合うためには、時にはこのような努力も、女性側には必要なことなのかもしれません。

●ライター/みずゆきりん(Twitter王国の住人)

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">

注目の記事

このコラム読んでどう思う?

  • いいね (25)
  • うーん (18)

恋愛jpをフォローする