「緊張しちゃった」に胸キュン!! 最初のデートで友達から“彼女”に昇格するコツ3選

こんにちは。
女優&ライターのmamiです。

好きな男性との初めてのデート!
とっても楽しかった~。

でも彼はどうだったのかな?
次も誘ってくれるだろうか……。
私は友達以上の存在になれたの?

楽しければ楽しかっただけ、不安になりますよね。
今回は『最初のデートで友達から彼女に変わる方法』を、お話します!
男性が次も誘いたくなるのは、どんな女の子なんでしょう?

(1)ドキドキは最高の愛情表現

冒頭で「楽しかった~」と書きましたが、緊張して楽しむどころじゃなかったって場合もありますね。
せっかく彼とデートまでこぎつけたのに、いつもの調子が出せなかった。
何を話せばいいのかさえ分からないくらい舞い上がっちゃって……なんて。

でもね、デートでの緊張は本人が思うほど悪印象を与えるものではないんです。 
しあわせな恋愛を応援する「恋愛マニア」リーダーの藤沢あゆみさんは、著書の中で、『(前略)ビジネスのプレゼンとかだったらそうはいきませんが、これから仲良くなろうという男女の間では、緊張だって恋のスパイス』と述べています。

恋のスパイスにするためには、「今日わたし、緊張してドキドキしちゃってるんだ……」そのまま、言葉にして伝えてしまえばいいです。
「あなたに会えて緊張している」というのは最高の愛情表現!

自分とのデートで緊張している女の子は男性からすればチャーミングに見えます。
彼女の緊張を解いてあげなきゃという気持ちになります。

藤沢さん曰く、緊張を解いてあげられて相手を笑顔に出来たら……男性は嬉しくなって、『(その)相手に思い入れるもの』なんだとか。
緊張とはドキドキが行動になったもの。
ドキドキって恋愛の言葉にもなるんです。

だから緊張していると伝えるときは、ドキドキという言葉も一緒に伝えるといいですよ。

(2)“彼の快適”を知ろうとする

女の子はドラマチックな展開に憧れていたりしますが、多くの男性の場合、デートで一番重要なポイントは、『一緒にいて疲れなかったか』なのだそう。

「そこなの?」って拍子抜けする所もありますけど、長いお付き合いを考えると、『いつもの自分でいられ、かつ快適』を求める気持ち分からなくもないでしょう?
ですから、「本命」の彼女をめざすなら、一番集中すべきなのは自分を知ってもらうこと以上に、彼の快適ってどんなだろうというのを感じることです。

女性は、男性がどんな素敵なお店に連れて行ってくれるか、お姫様扱いをしてくれるか、といった所で自分への気持ちを計りがちですが、(それは脇へ置いておいて)行きたいお店を聞かれたらこう言ってみましょう。
「あなたのお気に入りのお店に行ってみたい!」……ずっと相手に合わせなければいけないわけじゃなく、まずは彼の快適を最初に知って一緒に楽しめるようにする!
チェックするポイントはお店のランクとか食べるものではなくて、彼がそのお店のどんな所を気に入っているのか、お気に入りのお店でどんな風に振る舞うのかです。

「どうしてこのお店が好きなの?」と、聞いてみてもいいでしょう。
その答えから彼はどういうことを居心地がいいと思うのかが分かります。

自分が居心地いい場所にすすんで付き合ってくれた彼女です。
彼は、「次は○○の行きたいところに行こうよ」と誘ってくれるかもしれません。

“彼の快適”を知ることは“彼の好き”を知ろうとすること。
それもまた愛情表現、彼を惹きつける大きな要素になります。

(3)ダメのちウリで素敵に見せられる

藤沢さんは、『初デートは自分らしさで勝負!』と書いています。
だけど、自分らしさをいかに素敵に見せるかにはちょっとコツがあって……。

たとえば、あなたが喫煙者だとして、男性には嫌がられるケースが多そうですけど、どうしても吸いたいなら吸ったっていいんです。
ただし食事の最中に吸ったり、「吸ってもいい?」という断りなしに吸ったりすれば確実に引かれます。

まずは、「タバコ吸ってきてもいい?」と可愛く聞いてみましょう。
彼の反応で、彼がタバコを吸う女の子をどう思うかも分かります。

場合によっては彼もタバコを吸いたいと実は思っていて親近感が!なんてことだって無きにしもあらず。
ただしダメかも?と思うところを見せたあとは、「ここはいつもほめられる」という箇所を見せるのがコツ。

たとえば、灰皿を変えに来た店員さんに丁寧に「ありがとうございます」と言うとギャップになりますよね。
煙を吐く方向にすごく気を遣うとか……。
ダメかもしれないところは意外なウリをセットにして時間差でひとつずつ見せる、これが“ダメのちウリで素敵に見せる”コツなんです。


いかがでしょうか。

恋は第一印象が命! 少しでも素敵な自分を見せたいのは分かります。
でも忘れちゃいけないのは「素敵」も人それぞれだってこと。

一般的に男性ウケするような振る舞いが完璧に出来たとしても、無理をしていたのでは何にもなりません。
だって彼は他の誰でもなく「あなた」をデートに誘ったのですから。

初デートで友達から彼女に変わるには、自分らしさをなくさず、“ありのままを素敵に見せる”ことを心がけるといいでしょう!

【参考文献】
「あの人の本命になる恋愛の極意」藤沢あゆみ・著(インデックス・コミュニケーションズ)

●ライター/mami(女優&ライター)

スポンサーリンク

data-ad-region="1">

スポンサーリンク

data-ad-region="2">

注目の記事

このコラム読んでどう思う?

  • いいね (2)
  • うーん (0)

恋愛jpをフォローする