略奪愛を繰り返す女性の心理とは?

【相談者:30代女性】
アパレル業界で働いています。同僚の女の子に、いわゆる「略奪愛」しかできない子がいるんです。彼女は、奥さんや彼女がいる男性はもちろん、他の同僚の子が好きになった相手まで、ターゲットにして略奪しようとします。また、一度略奪に成功してしまうと、飽きてしまうのか、すぐにまた次のターゲットを見つけては略奪の繰り返しで、職場の雰囲気もあまりよくなくなってしまいました。どうして彼女は略奪愛にばかり走るのでしょうか?

彼女が求めているのは「承認欲求」です。

はじめまして。恋愛からメンタルヘルス、サブカルチャーまで、数多のお悩みにお答えするマルチプル・カウンセラーのyanagiです。

今回から各種コラムを担当することとなりました。どうぞよろしくお願いいたします。

「承認欲求」がある女性は、何故「略奪愛」に走るのか?

略奪愛に至る心理的経緯は、男女で異なります。もちろんケースバイケースですので、男性側に多い要因が原因になって略奪愛に走ってしまう女性も存在しますし、その逆も存在します。

ご相談内容から推察するに、彼女のターゲットの男性陣の多くは同じ職場にいる男性のようですね。「職場の雰囲気もあまりよくなくなってしまった」というあたりから、伺い知ることができます。

おそらく、彼女のターゲットになる男性は、職場でも地位のある男性であったり、特殊なポストを任されているような人たちではないでしょうか。

つまり、彼女は、「職場内で影響を持つ男性に認められること」で、自分を満たしているのです。この、「認められること」への欲求のことを、「承認欲求」と呼びます。

では、「承認欲求」の強い女性が何故「略奪愛」に走ってしまうのか。そのメカニズムを解説します。

最初のうち、彼女は「人間として認められたい」という意識から、ターゲットに近づいていきます。相手が上司や特別なポストに就いている人であるならば、それは「仕事上の何かで認められたい」という欲求に置き換わります。

彼女がターゲットに仕事上で評価されると、そのことで彼女はターゲットと親密な関係になってきているように錯覚します。すると、今度は「女性として認めてほしい」という欲求に変わるのです。

こうなったとき、ターゲットに奥さんや彼女がいたとしても、彼女は気にも留めません。表面上は困ったように装うかも知れませんが、内心は「奥さん(彼氏)よりも私のことを認めてほしい」という強い欲求に変わっているので、むしろ火に油を注ぐ結果となります。

ターゲットを落としてしまえば、「この人は私を認めてくれた」となり、彼女の「承認欲求」は満たされます。なので、その相手への意識は急激に冷めていきます。そしてまた、自分を認めてくれる(=承認欲求を満たしてくれる)相手を探すのです。

略奪愛をやめさせることはできるのか?

残念ながら、難しいと思われます。この手の女性の多くは「恋愛依存症」の傾向があります。彼女たちの本質がそう簡単に変わることはありません。

ターゲットになりそうな男性陣にそれとなく注意を促す以外にはないと思います。

●ライター/yanagi(心理学専門家)

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">

注目の記事

このコラム読んでどう思う?

  • いいね (1)
  • うーん (0)
data-ad-region="2"> data-ad-region="2">

恋愛jpをフォローする