“本命女子”は「終電で帰す」か「すぐにでも一夜をともに」か?オトコの本音は?

もっと話していたいけど、もうすぐ終電だから帰らないと……。
でも中々切り出せない。

男性と会っている時に、このモヤモヤを感じたことのある女性は大勢いるはずです!

しかし、そのモヤモヤの原因は男性にあるかもしれないのです!
あなたのことを本当に大事に思ってくれているなら、男性は終電の時間を気にしてくれても良いのでは?

そこで今回恋愛jpでは、20代~30代の独身男性を対象に『本当に好きな女の子には「終電でちゃんと帰らせる」or「すぐにでも一夜をともにしたい」どっち?』というアンケートを実施しました。

さっそく男性の本音を見ていきましょう!

「終電でちゃんと帰らせる」派の意見

『本当に好きな子は大事にしたいから、相手のことを最優先に考える』(32歳/会社員)

『きちんと終電で帰らせてあげる責任がある。最初をきっちりできないと、どんどんだらしなくなりそう』(27歳/経理)

『好きな子なら絶対に慎重になる。紳士的な男だと思われたい』(30歳/サービス業)

終電で帰す男性は次回につなげたいので、どんなに一緒にいたいと思っても我慢する人が大半。

また、「好きだからこそ、相手のことを考えてあげるのが愛である」という名言が出ました!

きちんと今後のことを考えた相手だからこそ、軽い男と見られたくない……男のプライドですね。

「すぐにでも一夜をともにしたい」派の意見

『距離を縮めるチャンス!そのチャンスを逃したくない』(25歳/営業)

『好きだからこそ本命だからこそ、目的がそこになる』(23歳/アパレル)

『お互いのことを深く知るきっかけになる。付き合うまで待つのは時間の無駄な気がする』(37歳/税理士)

「すぐにでも一夜をともにしたい」派からすると、相手のことが好きなら一夜を共にしたいと思うのは当たり前だ!という意見が。

また、女性から「その気がないの?」と自分の思いを勘違いされたくないから……という声もありました。

中々2人の距離が縮まらない人にとっては、お互いをより知るきっかけ作りと考えている人もいるようです。

本当に好きな女の子には「終電でちゃんと帰らせる」or「すぐにでも一夜をともにしたい」?果たして多数派は…?

終電でちゃんと帰らせる……115人(76.7%)
すぐにでも一夜をともにしたい……35人(23.3%)

結果はなんと「終電でちゃんと帰らせる」を選んだ男性が約8割という結果に!

好きな女性相手には、紳士なところを見せたいというのがオトコの本音なのかもしれません。
男性から終電を逃させようと誘導してきた場合は、しっかり注意しましょう。


※アンケート方法:インターネット調査
※有効回答者数:150人
※集計期間:2017年3月6日~2017年3月10日

(文/恋愛jp編集部)

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">

注目の記事

このコラム読んでどう思う?

  • いいね (4)
  • うーん (2)

恋愛jpをフォローする