教習所や免許合宿で出会い恋をした相手ともう一度コンタクトを取る方法

【相談者:10代男性】
高校2年の男です。バイクの免許を取りに行っていたのですが、教習所で一緒だった女の子に声を掛けられました。通う時間帯が一緒だったようで、何度かお互いに顔を会わせては話し込んだりをしている内に仲が良くなってきたのですが、僕の方が先に卒業することになりました。次の講習受けたら卒業検定なんだと話した時の、「じゃあ、もう会えないね」という言葉が今でも頭に残っています。

何であの時にまた会おうよと言わなかったのか? 連絡先を聞かなかったのか? 好きなのかどうなのかは分かりません。だけど、もう一度会いたいんです。どうすれば、会えるのでしょうか?

一期一会の精神を大切に! 後悔しない為にも行動は迅速たるべき!

こんにちは! 火消し探偵の山木です。

「あの時、何でこうしなかったんだろう……」というのは、誰にも有る経験です。そして、この悔恨は、「何でこんなことしたんだろう」という気持ちより強く残ります。

人間というのは、自分が起こしてしまった行動に関しては、それこそ犯罪行為であっても反省という気持ちであったり、贖罪という行動をしたりして清算することが出来るもの。

しかし、しなかった事に対する悔やむ気持ちは、不可逆性のものに対してのことになるため、気持ちの打ち消し方がありません。こういう気持ちはずっと心の傷になって引きずりかねないので、出来る限り行動は迅速たるべきだと私は思います。

よく言うでしょう? 告白してフラれるかどうかを悩むんだったら、告白という行動をした方が良いと。それと同じ類のことなんですよね。

ただ、普通の学校の同級生より教習所という場所で出会った関係は、少しだけハードルが上がります。学校だったら共通の友人がいたり、卒業名簿などがあったりするものですが、教習所はそうもいきません。お互いの名前を知らないケースがほとんどです。

彼女は、まだ教習所に通っているのでしょうか? いるのだったら話は簡単で、彼女が教習を受けるであろう時間帯にずっと教習所で待っていればいい。しかし、私に相談しに来ているということは、既に彼女も卒業しているくらい時が経っていると仮定することにします。

一つ目の方法

彼女との出会いは、彼女の方から話しかけてきたとありました。質問者様の魅力も有ったとは思いますが、社交的な女性だと感じます。そういった女性が、他の同性に声をかけていないとは考えずらいこと。彼女と一緒に話していた他の女の子はいなかったでしょうか?

よく思い出してみてください。1人か2人いなかったかどうか……。いたなら、その子たちはまだ通っているかもしれません。教習所に確認しに行って、まだいるなら彼女の連絡先を知っているかストレートに聞いてみるべきです。

こういう時の行動は、ストレートに聞いた方が協力を得られやすい。経緯を話して、「彼女と連絡を取り合いたいんだけど、1通でいいからメールして貰えないかな?」と切り出してみましょう。

二つ目の方法

これは、一緒にいた同性の友人がいなかった&いても卒業してしまっているらしいという時のやり方です。当然、こちらの方が不確実性が上がります。

昨今、個人情報保護の関係で、個人情報を扱うような場所は簡単に情報を教えてくれなくなりました。質問者様が教習所の受け付けの女性に、「○○さんの連絡先を教えてください」と言っても、まず間違いなく断られてしまうことでしょう。

しかし、彼女に繋がる場所は教習所しかありません。どうすればいいのか?

ここで我々探偵が行方調査の時に使うやり方を1つ公開しましょう

スクールやジムなど、相手が確実に通っていると確信出来る場合のみに使える方法です。

まず、女性用のハンカチやストールなど、男性に貸してもおかしくないような小物を用意します。当然、自分で購入するという意味です。その小物を一度洗濯などして使用感を出した上で、教習所の受付に持って行って、こう述べましょう。

「ここに通っていた○○さんから講習の時に借りたものなのですが、僕が風邪引いたりとかしている間に卒業しちゃったりして、返せずじまいで……。彼女の連絡先を知らないので、代わりに連絡して貰っていいですか? 僕の名前と連絡先を伝えて貰えれば分かるはずなんで」

人間とは不思議なもので、「○○さんの連絡先を教えてください」と聞くと、個人情報が……とか、貴方は誰ですか? となるものですが、物を借りたけど返す方法がないから代わりにやっておいてと渡されてしまうと、「はい、分かりました」と受け取らざるを得ません。まさか、職員が自分のとこの生徒から渡された物に対して、「警察に届けてくれ」とは言わないでしょう?

この時、担当者が個人情報を軽く考えている人だと、「○○さんって、この人ですか?」と、生徒名簿を見せて確認してきます。そうしたら、ラッキーとばかりに電話番号と住所を暗記してしまいましょう。

え? 難しい? 練習すれば瞬間暗記は出来るようになることなので、やってみてください。コツは、カメラのシャッターを切るようなイメージで、映像を頭の中に取り込むようにすることです。

名簿を見せてくれない人だった場合でも、受け取った担当者は彼女に連絡をします。そこで、担当者から彼女に質問者様から品物を受け取ったんだけど……という流れの中で、質問者様の連絡先を教えるはずです(貴方の連絡先を担当者に伝えておきましょう)。

後は彼女から連絡が来るか来ないかは、質問者様が彼女からどう思われていたか次第です。

悪く思われていなければ、「ハンカチなんて貸したっけな?」と思いつつも、電話はかかってくるものです。「誰かと間違えているんじゃない? 私のじゃないよ」と。彼女だって、知っている人から謂れのない物を受け取るわけにはいかないですから。

つまり、ここで彼女から質問者様に連絡が来なければ、既に心証は教習所で顔を会わせていた時よりも悪くなっていると捉えた方がいいので、会った所で上手く行かない可能性が高い。

あの日、あの時に連絡を聞いていれば、すんなり連絡が付く相手だったのに、機会を逃がしてしまったばっかりに面倒な手段を取るようになった上に不確実性も増してしまいました。

今回、上手く行く行かないに関わらず、機会を逃すと取り戻すのに労力がかかるということが勉強出来たらなら、質問者様の人生の収穫なのではないでしょうか。

●ライター/山木陽介(探偵専門家)

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">

注目の記事

このコラム読んでどう思う?

  • いいね (1)
  • うーん (1)
data-ad-region="2"> data-ad-region="2">

恋愛jpをフォローする