容姿より気になる!?女性とのデート時にチェックするポイント3つ

先日、企画として「恋する男子会」を開催したプライベート大学恋愛学部のユウキです。

タイトル的に女々しい部分もありますが、意外と出てくる恋愛観の共通点。
デート時(特に初デート)に女性をみるポイントに重なりがありました。

忙しいなか、予定を合わせた彼とのデート。
着ていく洋服も決まり、メイクもばっちり!準備は万端……かと思いきや、男性がみているポイントは意外と細かいところだったりします。

「恋する男子会」で出てきた共通点、ここでこっそりお伝えします。

(1)「表情」

デートをするときは男性も一生懸命、プランを考えます。

そんな中で一緒に歩いているとき、話しているときにつまらなそうな表情をされると、男性側はデートに対するモチベーションがどんどん低下します。

反対にささやかなことでも笑ってくれると、とても安心感があり、一緒にいて居心地の良さを感じられます。

『相手の笑顔に救われたデート経験がある』(28歳/SE)

(2)「他人への態度」

甘えてくれたり、ボディタッチをしてくれたりすることは男性にとっては嬉しいものです。
ただ、“自分にだけ良い態度をとられることは嫌だ”という声を今回の男子会で聞くことができました。

他人(店員など)への態度が冷たい場面をみると、いずれ自分に対しても同じ態度をとってくるんじゃないかという恐れを感じるようです。

『店員への態度がひどいと、興醒めしてしまう』(28歳/マーケティング)

(3)「お会計の瞬間」

ご飯屋さんで楽しく会話もして、いよいよ会計を済ます時の行動を男性はかなり注視しています。
行動次第で楽しいデートが全て台無しになることも往々にしてあります。

実際に男子会で出た意見は、「奢ってもらってあたりまえ」「ごちそうさまも言わず、店外で待ってる」人は感性を疑うという内容です。

男性側も多めに払う気持ちの準備はできています。
それなので、幾分か払ってもらえるだけで嬉しいですし、多めに払ったことに対する「ありがとう」という言葉をもらえるだけで、次回はもっと良いデートをしたいと思えます。

『“おごってもらってあたりまえ”という感性の女性を恋愛対象としてみることはない』(30歳/カメラマン)


一言で言えば、男性は単純です。

しかしながら、みるポイントが細かったりします。
そのポイントさえ押さえてしまえば、あなたのことを“良いコだな”と思います。

デートはどこに行ったかよりも、誰と行って、どう感じたか?の部分が重要で、“良いコだな”、“楽しかったな”となれば、目的がデートからあなたと会うことになります。

初回にその空気感をつくっておくことが重要で、やり直しが利かない初デートの時こそ、今回のコラムを参考にして頂けたらと思います。

●ライター/ユウキ(プライベート大学恋愛学部教授)

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">

注目の記事

このコラム読んでどう思う?

  • いいね (15)
  • うーん (8)

恋愛jpをフォローする