「女性に興味なし」絶食系男子の特徴とその心理とは?【実録インタビュー】

「絶食系男子」という言葉を聞いたことはありますか?
自分からデートにも誘わなければ告白もしないというのが“草食系男子”ですが、絶食となると「もはや女性には興味がない」男性のことを指します。

彼らはどうして“絶食系男子”となってしまったのでしょうか?
“絶食系男子”の実態にせまります。

絶食系男子の特徴とは?

(1)男同士のほうが楽しめる

絶食系男子は仲間内で遊ぶ時、女性がいなくても楽しめます。
普通の男性であれば、直接口には出さなくても「女性がいた方が盛り上がれるのに」「女性を呼んでほしい」と思うものです。

しかし、絶食系男子は男同士でも十分楽しめるため、女性のことを気にしたりすることはありません。
むしろ、女性がいないほうが余計なことを考えなくていいので、気楽でいいと思っているほどです。

(2)夢中になる趣味があるからこそ、1人の時間が楽しい

1人の時間も自分なりに楽しめるのが絶食系男子。
多くの絶食系男子は夢中になれる趣味を持っているため、1人きりになった時でも自分だけの世界に入り込むことができます。

だからといって、いつも1人で過ごしているというわけではありません。
絶食系男子は人と接するのが苦手ではないため、大勢でもそれなりに楽しく過ごせます。

しかし、1人の時間を楽しめるため、誰かと何かをすることが面倒になることもあるようです。

(3)「恋すればいいのに」と勧められるのが大嫌い

絶食系男子は人とのコミュニケーションを苦手にしているわけではないため、周りの人からいい印象を持たれることも少なくありません。
そのため、「恋すればいいのに」と女性を紹介したり合コンに誘ったりしてくる男性もいます。

しかし、絶食系男子は基本的に恋愛に興味がないため、恋愛を勧められても単なるお節介としか感じないようです。

(4)女性からのアプローチに気づかない(気付いたとしても反応に困る)

女性からアプローチされても気づかなかったり、気づいたとしても反応に困ったりするのも絶食系男子の特徴の一つです。
女性がボディタッチを増やしたり、話しかける頻度を増やしたりしてアプローチをしてもなかなか気づきません。

だからといってあからさまにアピールすると、どうすればいいかわかなくなって反応に困ってしまいます。
絶食系男子は恋愛経験がほぼないため、女性からアプローチされるということに慣れていないのです。

(5)恋愛をしていないので理想が高い(もしくは理想のタイプが不明)

絶食系男子は女性の理想が高すぎたり、理想のタイプがわからなかったりする場合もあります。
このようなタイプは最初から絶食系男子だったわけではありません。

理想が高かったり理想のタイプがわからなかったりすると、女性のことをなかなか好きになれないため、恋愛自体ができません。
その結果、次第に女性への興味を失って絶食系男子になってしまったのです。

(6)基本的に下心がない

絶食系男子は女性に対する興味・関心が薄いため、基本的に下心がありません。
たとえ初対面の女性でも照れたり恥ずかしがったりせず、他の男性と同じように接しようとします。

それがもとになって女性から好かれることもありますが、女性に対する興味・関心がないため、恋愛に発展することはほとんどありません。
そのため、女性にとって絶食系男子は振り向かせるのが最も難しいタイプといえるかもしれません。

絶食系男子が増えた理由は?

“絶食系男子”という言葉を聞くようになったのはここ数年の話。
こういった男性が増えたことに理由はあるのでしょうか?

(1)犯罪になるのが怖い

痴漢やストーカー、リベンジポルノなど、近年女性に対する犯罪は増加傾向にあります。
その一方で電車内での痴漢の冤罪など、何もしていない無実の男性が犯罪者にされてしまうケースも増えています。
男性がこうした冤罪を避けるために一番手っ取り早い方法は女性と関わらないようにすることです。
絶食系男子は増えたのは、犯罪者にされるかもしれないリスクを避けるためという理由もあるようです。

(2)女性の肉食化

女性が肉食化しているのも絶食系男子が増えた理由の一つです。
近年、女性の社会進出が進んだことによって女性の社会的な地位が高まり、肉食系女子も増えてきています。
男性は基本的に女性よりも優位に立ちたいと考えていますが、女性の肉食化が進んだことで、主導権を握るのが難しくなってきました。
その結果、優位に立てないなら恋愛しなくてもいいやと考える男性が増えているようです。

(3)お金がない

ショッピングや食事、旅行、記念日のプレゼントなど、女性と付き合うとなる何かとお金がかかるものです。
しかし、なかなか抜け出せない不景気の影響で、若者の給料は減少傾向にあります。

そのため、「女性に食事をごちそうできない」「誕生日プレゼントを買ってあげられない」という経済状況の男性が増えています。
結果的に恋愛自体から離れてしまう男性が増えてしまったようです。

(4)メディアの影響

テレビ番組や雑誌、ネットなどで「絶食系男子」という言葉を目にする機会が増えたと思います。
こうしたメディアの影響は大きいもので、時には社会の流れを作ってしまうこともあります。
絶食系男子も何度も「絶食系男子」という言葉を見聞きしているうちに、「恋愛しないのが普通」というように刷り込まれてしまったのかもしれません。

(5)VRなどの映像技術の進歩

VRなどの映像技術の進歩も絶食系男子が増えた理由の一つです。
よりリアルな映像を楽しめるようになってきたため、恋愛も二次元の世界で済まそうとする男性が増えてきています。

ゲームであれば実際の恋愛ほどお金がかからず、裏切られたりすることもありません。
現実の恋愛から目を背けて架空の世界に逃げ込もうとする男性も少なくないようです。

(6)趣味の多様化

インターネットやSNSの発達によって同じ趣味を持つ仲間を簡単に見つけられるようになりました。
また、インターネットを介して共通の趣味を持った人と気軽に情報交換できるため、以前に比べて自分の趣味を追求しやすくなっています。

その結果、「恋愛よりも趣味が大事」という考えを持つようになり、恋愛から遠ざかっている男性も少なくないようです。

実際に絶食系男子に直撃インタビュー!

恋愛jpでは「恋愛には興味がない」という現役大学生ナカノくん(仮名)にインタビューを実施。
「どうして恋愛に興味がないのか」「絶食系男子の理想の恋愛像」など気になる絶食系男子のリアルをインタビューしてみました。

絶食系男子になった“きっかけ”は?

▲インタビュー協力者:ナカノくん(仮名)(22歳)

ーーインタビューのご協力ありがとうございます。早速ですがはじめさせていただきたいと思います。
“絶食系男子”っていうと、もっと内向的なタイプな男性なのかと思っていたのですが、とってもお洒落ですね……!

ナカノくん(仮名)『ありがとうございます(笑)最近は就活も忙しくて私服を着る機会なんてなかなかないんですけどね』

ーーナカノくん(仮名)は就活中の大学生でしたね。お会いして早々で失礼ですが、ぶっちゃけモテるでしょ?

ナカノくん(仮名)『いやいや、そんなことないですよ(笑)』

ーー本当ですか?かわいい彼女がいそうです。本当に絶食系男子ですか?彼女いるでしょ?

ナカノくん(仮名)『いませんよ(笑)彼女いない歴2年くらいです。自分で「僕は絶食系男子だ」とは思わないですけど、周りからは絶食系とよくいわれます。確かに自分は恋愛には正直あまり興味がないので、そう言われればそうなのかも……』

ーーそうなんですね。それでは早速本題にはいってしまうんですが、ずばり“絶食系男子”になったきっかけは何だったんでしょう?

ナカノくん(仮名)『そうですね。自分が絶食系と言われだしたのがここ1~2年なんですが、ちょうどそのころからハマった趣味がきっかけかな~と。』

ーー差し支えなければその趣味をおしえていただけますか?

ナカノくん(仮名)『カメラです!元々バイトの一環ではじめたものだったんですが、触ってるうちに楽しくてハマってしまって。カメラをさわりだしてからは無理に恋愛を求めなくなりました。恋愛よりもカメラをさわってるほうが楽しいんですよね(笑)』

ーーなるほど。ということは、以前は「なんとかして恋したい」と思ってた時期もあったということですか?

ナカノくん(仮名)『もともと、「なにがなんでも恋したい」願望はぶっちゃけないです。「彼女ほしい」と思ったことがないと言ってしまえば嘘になりますが……。ただ、どっちかというと、恋愛のことを考えるよりも、これから先の自分の生き方とか価値観とかを考えることのほうが多いかな。それに恋愛って無理してするもんじゃないと思うんですよね』

ーー……凄い。若いのに達観してますね(笑)

ナカノくん(仮名)『そうですか?自分の周りはこんな感じの人多い気がしますよ。恋愛も楽しいんだろうけど、自分の一番好きなことを追いかけてるほうが楽しいって人たち。恋人がいないからお金も時間も全部自分の趣味につぎこめるし。ぶっちゃけ、恋をしないことって特別視することなのかなと思う瞬間があったりします(笑)』

ーー「恋をしないことを特別視するのはおかしい」たしかにそうかもしれませんね。

ナカノくん(仮名)『そんなに、たいそうな話でもないんですが、喉が渇かないと水を飲まないですよね?それと一緒で、好きにならないから恋をしない。暇つぶしで恋愛するよりよっぽど健康的なんじゃないかな~って自分では思ってます(笑)』

ーーなるほど。ありがとうございます。ちなみに、聞きづらいことですが、ぶっちゃけ“性欲”はたまらないんですか?

ナカノくん(仮名)『たまらないわけではないですよ。でも多分、他の人よりは無いほうなのかな?なにがなんでも……みたいなことは経験ないですね(笑)』

絶食系男子にとっての“理想の恋愛”

▲大好きなカメラを構えるナカノくん(仮名)

ーー恋愛にはあまり興味がないナカノくん(仮名)にはとっても恐縮な質問をさせてください!恋愛に興味がない“絶食系男子”にとって、“理想の彼女”ってどういう人ですか?

ナカノくん(仮名)『あんまり考えたことないですけど、そうですね……。(1分程考える)しいて言うならば、あまり尽くさなくても大丈夫な女性がいいです。あと、精神年齢が高い人がいいですね。』

ーーナカノくん(仮名)は精神年齢が高そうですね。ちなみに、どういうときに「この子、精神年齢高そうだな」もしくは「精神年齢が低いな」って思うんですか?

ナカノくん(仮名)『例えば、毎日絶対に電話をしないといけないとか、デートは絶対に1週間に1回とか、そう決められてしまうと、自分は「精神年齢が低いな~」と思っちゃいますね。自分がいないとダメなんだみたいな……。精神年齢が低いと「重い」と思ってしまいます。逆にそういう決まりもなければ束縛もあまりしない……みたいな女性だと精神的にも安定してそうで、大人だな~と思います。自分と同じように恋愛よりも夢中になれる趣味だったり仕事だったり、そういったものがある女性がいいですね』

ーーつまり「束縛」しまくる女性はちょっとしんどいということですね。ちなみに、ナカノくん(仮名)はカメラが趣味ということでしたが、やっぱり“カメラ女子”のほうが付き合いたいですか?

ナカノくん(仮名)『どちらかというと、趣味が合うほうが一緒にいて楽しいかもしれないとは思います。ただ、カメラをやってなくても自分がカメラ好きってことを理解してくれたらそれでいいです。「カメラと私どっちが大切なの?」とかは絶対に言われたくないですけど(笑)』

ーーありがとうございます。ちなみに女性の外見の好みはありますか?可愛い系よりはキレイ系とか……。

ナカノくん(仮名)『外見でのタイプは基本的にないです。ただ、「可愛い」は簡単につくれても、キレイって簡単に作れないと思うんです。きれいな人って、その人の持つ内面的な美しさがあってこそ、できるものじゃないですか?だからこそ印象にも残りやすいとおもいますし……。』

ーー「可愛いは簡単につくれる」と若い子に言われる日がくるとは……(笑)なるほど、きれいな女性は内面も美しい。ごもっともです。ありがとうございます。それでは逆に、ナカノくん(仮名)はどんな彼氏になりたいですか?

ナカノくん(仮名)『う~ん……。ありきたりですが、困ったときには頼りになる存在みたいな……。あと、彼女の目標を一緒に応援したいですかね。』

絶食系男子の攻略法は?

▲インタビューに答えてくれるナカノくん(仮名)

ーーちなみに、どういう女性だと「この子と恋愛してもいいかな?」って思えるんでしょうか?

ナカノくん(仮名)『う~ん……。自分のこういう性格を理解してくれる女性は、ストレスがなく付き合えるのでお付き合いしやすいかもしれません。でも恋愛しようって自分が本当に思えるかは謎ですね(笑)』

ーー彼女いない歴2年とのことでしたが、この2年間そういう女性にお会いしたことはありますか?

ナカノくん(仮名)『……あるとは思いますけど、恋愛には至ってません(笑)自分のなかで女性と出会って恋するっていう発想があんまないっていうか……。それでもやっぱり居心地がいいとかだと、意識するかもしれませんけど』

ーーそうなんですね。ちなみに、ナカノくん(仮名)にとって「彼女」と「女友達」の違いはどこになるんですか?

ナカノくん(仮名)『なんていうか、女友達だとその子の言動に自分は責任をもたないでいいとい思うんですけど、彼女だと世間の評価が自分と2人でセットになるというか。あまりうまく言葉にできないんですけど、どっちかがしっかりしてないと、相手の世間的評価もさがるのかな~というのは思いますね。』

ーーなるほど。

ナカノくん(仮名)『彼女ができたら自分も相手に恥をかかせないように、改めて言動にも注意しないといけないと思いますし、彼女もある程度意識してほしいというのはありますね』

ーーありがとうございます。誰に紹介しても恥ずかしくないような女性で、かつ自分を理解してくれたら……恋しちゃうかも?ということですね?

ナカノくん(仮名)『そ、そうですね。一概には言えないですけど(笑)』

結婚願望はあるの?

ーーちなみに結婚願望はあるんですか?

ナカノくん(仮名)ないですね。(即答)ずっと一緒にいても疲れないような女性にであえば別かもしれないけど、いまのとこはないです。ぶっちゃけその前に恋愛願望もないので(笑)』

ーーまぁそうですよね。となると、子供もとくに欲しいと思わないですか?

ナカノくん(仮名)『前は全く欲しいって思わなかったんですが、今はもし結婚したとしたら欲しいかな、なんて思ってます。僕、子供があまり得意じゃないんです。でも、知り合いや先輩の話とかを聞いてると、「子供が好きとか苦手とかそういうのとは別次元でかわいい」っておっしゃってて。実際、ちゃんと自分がしつけて教育していけば、かわいい我が子になるんだろうな~っていうのもありますね』

ーー理想の家族像はありますか?

ナカノくん(仮名)『落ち着きのある家庭がいいですね。子どもがのびのび成長してて、たまに旅行に行くみたいな。自分の親みたいな夫婦になれたらいいなとおもいます(笑)でも、もし仮に結婚したとしても、まだあんま想像はできないですし、まだまだ先の話だろうな~ってのはありますね。』

ーーそうですよね。では今後はどういう風になりたいですか?

ナカノくん(仮名)『とりあえずは就職。自分のやりたい仕事ちゃんとできるようになりたいです。あと、親孝行もちゃんとしたいですね。あとは、自分の趣味を好きなように続けて、極めていきたいとおもってます!』

ーーご協力ありがとうございました。がんばってください!

“絶食系男子”と言われると、もっと内向的な人が多いのかと思っていた方もいらっしゃったのではないでしょうか?
恋愛にガツガツしない若者は、もしかしたら自分の将来や趣味に対してガツガツしてるのかもしれませんね。

“絶食系男子”に対するホンネは?実際どう思う?

恋愛jpでは20代から30代の男性100名、女性100名に“絶食系男子”に関するアンケートを実施。
実際に「周りに絶食系男子がいるのか」「絶食系男子に対してどんなイメージがあるのか」を徹底調査しました!

Q1.あなたの周りに絶食系男子はいる?

男性100名へ行ったアンケート結果、「いる」と答えたのは68%。
半数以上の男性が「周りに“絶食系男子”がいる」と回答する結果となりました。

一方で女性100名にも同様のアンケートを行ったところ「いる」と答えたのは41%と少数派。

絶食系男子の「女性とコミュニケーションをとらないわけではない」という特徴からすると、少し矛盾してるようにも見えます。
今回のアンケートで「いない」と回答した女性のなかには
『自称“絶食系男子”はいるが、実際下心が見え隠れするとこはある』(25歳/フリーター)

『絶食系だとおもってた男性が、2人きりになったときに豹変したことがあったので、それ以来は信じられません』(27歳/営業アシスタント)

という声も。
いわゆる「絶食系男子の仮面をかぶった狼」という男性も紛れ込んでいるのかも……!?

Q2.絶食系男子に対してどう思う?どんなイメージがある?

(1)羨ましい

『確固たる自分を持っていて、趣味に生きている。サバサバしているイメージより、しっかり今と今後を見据えているのでいいと思う。たまに「いいな~」と憧れたりもする』(24歳男性/学生)

『自立してるから他の人に興味がないんだと思う。僧侶みたいに悟りひらいてそうで、もはや羨ましい』(28歳男性/自営業)

『他の人が入り込む余地がないような趣味がある絶食系男子はリアルに羨ましい』(29歳男性/営業)

『将来の漠然とした不安に悩まされないのなら羨ましい』(30歳女性/事務)

『本能レベルで「モテたい」とか「愛されたい」とか思ってしまうものだとおもってた。こういう考えから解き放たれてるのは大人だな~とおもう』(22歳女性/アルバイト)

(2)憧れはないけどいいと思う

『人それぞれなので何も思わない』(29歳男性/飲食)

『もったいない気もするけど、本人が幸せならそれでいいと思う』(31歳男性/事務)

『誰も入り込めない自分だけの世界を持ってるイメージ。それはそれで幸せなんじゃないかと感じる』(24歳男性/営業)

『恋愛に興味がなくても生きていけるので別に構わないと思う。自分は恋愛してたいけど(笑)』(34歳女性/医療事務)

(3)ちょっと理解できるかも?

『私の友達の絶食系男子の場合は女性と付き合うのは面倒で、男友達といる方が楽だと話していました。私も女性といると気を使いすぎて疲れてしまうことがあるので、絶食系男子の考えが少し理解できるような気がします』(28歳男性/営業)

『自分は絶食系でも草食系でもないけど、20代前半のころは「恋愛って何のためにするの?」と考えた時期があった。今、絶食系男子と呼ばれる子たちが増えてるようだが、ある意味だれしもが通る道のような気もする』(32歳男性/販売)

(4)実際のところは信用できない

『興味は薄くてもまったくないわけではないと思う』(25歳男性/フリーター)

『1人の時間にものすっごいエロいこととか考えてそう』(30歳男性/総務)

『信用してない。恋愛感情持ってない人間なんて存在しないと思う』(23歳女性/学生)

『まだ本当に好きな人に出会えてないだけ。他の普通の男と自分は違うと思ってるだけのお子ちゃま』(27歳女性/アイリスト)

(5)「恋愛に興味がない」っていいわけじゃ?

『興味は薄くてもまったくないわけではなさそう。諦めとかが早すぎるんじゃ?』(29歳男性/プログラマー)

『自称・絶食系男子の友達が去年結婚した。興味がないわけではないとおもう』(33歳男性/自営業)

『少しくらいは興味あるでしょ。もしないとしたら男じゃない。っていうか人間じゃない』(25歳女性/派遣社員)

『「自分にはどうせ無理」とか「恋愛にがつがつするなんてかっこ悪い」とかおもって、恋愛感情を抑制してるだけだとおもう』(22歳女性/学生)

(6)将来が心配

『友人として将来が心配。かたくなに恋愛を否定するのはどうかと思う』(28歳男性/営業)

『親が可哀想。息子に幸せな結婚してほしいだろうし、子供の顔もみたいだろうし……』(38歳男性/通信)

(7)お願い!興味持って!

『2年片思いした相手が「絶食系男子」です。もうそろそろ結婚したい年齢なのに、まったく見向きもしてくれない……』(27歳女性/事務)

『絶食系男子とか言ってたらこっちは結婚できません!食わず嫌いはダメでしょ?興味もってください!(笑)』(31歳女性/派遣社員)

絶食系男子に対して、いろんなイメージを持っている様子がよくわかりますね。
あなたは彼らに対してどんなイメージをもっていますか?

【インタビュー協力者】
・ナカノタケシくん(22歳)

(文/恋愛jp編集部)

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">

注目の記事

このコラム読んでどう思う?

  • いいね (17)
  • うーん (4)

恋愛jpをフォローする